スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ギャングバスターズ ~バカを大事に!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「ギャングバスターズ」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はバリー・バトルズ監督の2012年の作品だ。
筆者はこの作品、予告編が面白そうだったのでレイトショー限定の公開だったけど観に行ってみたようだ。


ガイコツ
予告編見る限り非常にバカっぽそうな映画だったんで夕食はマックでカロリー高そうなハバネロクォーターパウンダーをがっついて筆者もバカっぽい気分を十分高めてから観に行ったようですよ。


ロボコップ
高めるも何もそのままの状態でも筆者は十分バカだと思うけどな。
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。





凶暴な3兄弟として知られるブリック、リンカーン、マックイーンは、長男のブリックが心を奪われたセクシー美女セレステの頼みで、セレステの元夫でギャングのカルロスから、奪われたセレステの息子を取り返すことになる。相手を打ちのめして子どもを奪うだけの簡単な仕事に思われたが、地元保安官や兄弟を追う連邦捜査官などを巻き込み、事態は思わぬ方向へと転がっていく。
映画.comより引用
T0017742p.jpg
ホラ、なんかバカっぽそうじゃん!
ガイコツ
俺たち金で殺しを請け負うワル三兄弟!あやしい女にギャングからとある男の子を強奪することを依頼された。強奪するまでは簡単にいったが男の子を盗られたギャングが何人もの刺客を放ってきたからさあ大変!的な話です。
基本的に男たちの絆とバカを描いた作品なんですが全体的になんか惜しいカンジのする作品ですね。

ロボコップ
それぞれの要素を見るとどれも厨二病の心をくすぐられるものばかりなんだけど全部掛け合わせるとアレッ・・・意外と普通・・・みたいなカンジになってしまうんだよな。
詰め込みすぎって言うのもあるんだけど意外に男の絆パートとバカパートの食い合わせが悪い。

ガイコツ
バカパートで大笑い態勢に入ったとこなのに直後にエモーショナルな男の絆とか身の上話パートが割り込んできて勢いを殺されるっていうことが結構多いんですよね。
個人的にはいっそのことどっちかガッツリ削って一点突破にしたほうが良かったような気がします。


03_large.jpg
今回の依頼者の怪しい女性
ロボコップ
次に登場人物についてだが、なかなか魅力的なキャラが揃っているぜ。
主人公のワル三兄弟も司令塔の長男、無口で怪力の次男、ちょっとバカでお調子者の三男とベタながらしっかりキャラ付けも出来てるしいいカンジ。

ガイコツ
・・・なんですが残念なところもあってせっかく三兄弟なのに刺客との戦いの中で三人が連携して敵を倒してるところが少ないんですよね。
お互いのピンチをお互いが助け合う!みたいな展開が多い方が男の絆的にも燃えると思うんですが・・・。

09_large.jpg
キャラはすごく魅力的!・・・なんだが
ロボコップ
次に敵キャラについてだが、ギャングのボスはなんかしょぼっちいカンジなんだけど送られてくる刺客たちが厨二病心をくすぐりまくりでホント魅力的!
まあそれだけに残念なところもあるんだけど・・・。

ガイコツ
セクシー美女暗殺者軍団、海賊船みたいに改造されたトラックで追ってくるならずもの軍団、隠密行動も得意なマチェーテ軍団とマジでバカじゃないの(いい意味で)と言いたくなる素晴らしい布陣ですよね(笑)
登場シーンはホント心躍りましたもん。

ロボコップ
それを出オチがごとくあっさりと処理されたときの悲しさよ・・・!
どいつもこいつも登場シーンが頂点になってしまっているんだよな。
おいしいバカ要素はもっと大事に扱わなアカン!

05_large.jpg
フゥーッ!セクシー!
18_large.jpg
上の見張り台から双眼鏡で索敵するところとか素敵!
ガイコツ
こういうバカに時間を割けない原因としてよく分からない警官パートの存在強奪するものがある事情を抱えた男の子っていうのが大きい気がしますね~。
警官パートについては主人公と大して絡まないし存在意味があまり分からないのでまるっとカットしてもいいんじゃないかと思うレベルです。

ロボコップ
男の子については抱えている事情とか男の子自身の存在によって描けたこともいくつかあるんだけど全体で見ると勢いを殺している上に結構時間食ってる気がするんだよな。
バカ映画なカンジにするならいっそ強奪するものなんてマクガフィンでも良かったんじゃないかなと思ったりもする・・・。


13_large.jpg
このパーティーが向かう先は男たちの絆なのかおバカなのか・・・
ガイコツ
そろそろまとめに入りますが、
すごい文句ばっかり言ってるカンジになってしまいましたが、好きなところもたくさんあるからこそああ惜しいなぁという気持ちになってしまう作品でしたね~。


ロボコップ
念のために言っておくと筆者はこの作品別に嫌いじゃないからな・・・一応!(笑)
では今回はこのくらいかな、じゃあの。


ガイコツ
この文句タラタラな記事で逆に興味を持たれた方・・・観に行ってみてはいかがでしょうか。
この流れでオススメするのもなにかおかしい気もしますが(笑)
ではまたー。





↓文句たれに付き合ってくれてありがたいのである!もうひと押し付き合ってくれるとさらにありがたいのである↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スポンサーサイト
[ 2013/06/23 21:11 ] ハ行 バリー・バトルズ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。