フローズン ~ヒエッヒエ!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「フローズン」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はアダム・グリーン監督の2010年の作品だ。
筆者はこの作品、梅雨に入ったというのやたらに晴れ渡ってて暑い天候に辟易して涼しさを求め思わず手に取ってしまったようだ。


ガイコツ
題名からしてなんか涼しそう・・・というか寒そうですからね。
しかしいくら最近暑いからと言っても観る映画にすら涼しさを求めてしまうとか筆者ももう精神的にかなり末期な状態な気がしますね(笑)


ロボコップ
これから本格的に到来する夏に筆者は果たして耐えられるのであろうか・・・。
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。





キー場にやってきたダン、ジョー、パーカーの3人は、日暮れ前に最後の滑りを楽しもうとリフトに乗り込むが、山頂への途中でリフトが停止してしまう。大声で助けを呼ぶが届かず、地上15メートルの空中に置き去りにされてしまう。ゲレンデが営業を再開するのは1週間後。3人は食料不足とマイナス20度の極寒に耐え切れず、何とか脱出を試みるが……。
映画.comより引用
frozen-01.jpg
暑い筆者VS寒い映画
ガイコツ
ダンとパーカとジョーの三人でスキー場にきたよ!リフトに置き去りにされたよ!という話です。
誰もが一度は考えることをエクストリームなカンジにして映画にしたよ!という空気ムンムンな作品ですね(笑)
すごくシンプルな話です。

ロボコップ
これだけで本当に90分も持つのかと観てるこっちもなんか違う意味でハラハラする作品だよな(笑)
でも実際観てみると舞台はずっとリフト周辺から動かないんだけど意外にダレているところもそんななくちゃんと緊張感を持って話が展開していってて驚いたぜ。

ガイコツ
まあ色々とツッコミどころも多い話でもあるんですが、よくこのワンシチュエーションでここまで持たせたなぁと感心してしまいますよね。
天晴れです!(謎の上から目線)


frozen_main_large.jpg
「動かんようなってもうた・・・」「どないすんねん・・・」
ロボコップ
次に登場人物についてだけど、1組のカップルと彼氏の方の男友達っていうちょっと微妙な関係性がいいよな。
気心知れた男同士でスキースノボを楽しむはずだったのにまともに滑れない初心者の彼女も来てしまって少し不満な男友達の様子だとかちょっとギクシャクしたところがあったりして。

ガイコツ
その関係だけでも結構面白いのですが、さらにその三人の微妙な関係を取り持っていた彼氏が最初に死ぬっていうのがまた面白いですよね。
ギクシャクしてた二人だけ残されちゃうっていう。

ロボコップ
その後案の定彼氏が死んだことでケンカしたり結局彼氏の思い出話で仲直りしたり・・・などと展開していくんだが舞台はずーっとリフトの上で動かないんだけどこういった会話や関係の変化で物語を転がしていくところは上手いなぁと思ったぜ。


frozen_subb_large.jpg
抱き合うカップル、呆然とする男友達、現実は非情である
ガイコツ
次にただリフトで置いてけぼりにされただけではインパクトが弱いのでいくつか用意されているエクストリーム要素ですがエクストリームな中にもツッコミどころがあってちょっと安心しますね(笑)
スゲー寒い、リフトがやたら高いのはまあだいいとして狼がうろうろしてるって言うのは・・・(笑)

ロボコップ
しかも夜はまだしも昼間もずっとうろついてるからな。
エクストリームなのはいいけどそれ以前にスキー場としてどうなのよっていうのは思うよな(笑)


frozen_suba_large.jpg
二の腕乳酸地獄だぁっ!(SASUKEの古館伊知郎風)
ガイコツ
最後に皆さんお楽しみ(?)のグロ表現についてですが、骨が折れる、狼に襲われるところなどで少しあるものの割と抑えめな表現が多いですね。
ただしそれがイコールマイルドな表現かと言うとそういうこともないんですけどね(笑)

ロボコップ
あんまりあからさまに見せないんだけど痛みがよく伝わってくるんだよな。
骨折のシーンとか筆者もなんか悶えてたからな(笑)
あけっぴろげなグロよりも精神的にくるかもしれん。

frozen.jpg
これで抑え目とかいっちゃうんだから私も成長したなぁ(遠い目)
ガイコツ
そろそろまとめにはいりますが、
ツッコミどころもままありますが、程よい緊張感とヤバさを味わえるなかなか面白いワンシチュエーションものではないでしょうか。


ロボコップ
あんまり期待して観るものではないと思うけど意外に楽しめるので興味のある方は観てみてはいかがだろうか。
では今回はこのくらいかな、じゃあの。


ガイコツ
最近暑くてかなわん・・・という人は暑さを忘れるのにも最適ですよ!(笑)
ではまたー。





↓冷え切った筆者の心を温めるあなたの1クリックを待っている↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スポンサーサイト
[ 2013/06/05 22:55 ] ア行 アダム・グリーン | TB(0) | CM(6)
見ようか、どうしようか・・・悩み続けて2年
もうね・・・大好きなんですよ、こういうワンシチュエーション映画。
ずっと見ようかどうしようか悩み続け、スカパーで放送されたのを録画して、結局見ないで消してしまったりして。

とうとう二年たってしまいました。

でも、今日、alailamaさんのこの感想を読んで、ついに見ることに決めましたー!

イエーイ・・。  

暑い暑い季節は、雪山映画に限る。 
あと、コップさんには、ノルウェーの「コールドプレイ」をおすすめします。
13日の金曜日を雪山バージョンにしたような映画ですよ。 さくっと見れます。
ひえひえになること、間違いなし。
[ 2013/06/06 14:36 ] [ 編集 ]
Re: 見ようか、どうしようか・・・悩み続けて2年
コメントありがとうございます!

ワンシチュエーションものお好きなんですね~。
ずっと見ようか悩んでそのまま時が過ぎていくの分かります!
私もテレビで録画したのそのままというのもありますしソフト買ってビニールだけ剥がしてそのままというのもあったり・・・(汗)

この記事で見ることに決めていただけるとは嬉しいです!

「コールドプレイ」ですか・・・なんかロックバンドみたい(笑)
調べてみるとノルウェー産ホラーとは珍しいですね。
是非観てヒエヒエになってみます!
[ 2013/06/06 22:11 ] [ 編集 ]
納涼映画
これ、結構面白かったですよね。
寒さや痛さなどがダイレクトに伝わってきました。
まあ、冒頭リフト代ケチったりして、なんかセコイなあ…
とかいう辺りは不要だったかと思いましたが。
しかし、ホンマ狼放牧状態のスキー場ってスゴイですよねえ。

tainao7さんコメントの「コールド・プレイ」も寒いです。
いや、内容がじゃなくて、シチュエーションが。
続編もナカナカでしたよ。
[ 2013/06/06 22:54 ] [ 編集 ]
かなぶんです。
 alai Lama様

 レンタル屋で見かけた時は、「そんな限定されたシチュエーションだけで、90分ももつのかな?」と思ったんですが、メチャクチャ面白そうじゃないですか!Σ(´∀`;)今度借りて観てみます!
 ちなみに、アダム・グリーン監督作だと、個人的には「HATCHET/ハチェット」シリーズが非常に面白かったですね!殺人鬼の殺し方がイチイチ捻りが効いてて、「そんなバカな!」と思う事確実であります。未見でしたら是非!オススメで~す(こんな映画をススメると、人格を疑われそうだけど…i-229)。

 また遊びに来ます!(*^-^*)ノ~~マタネー
[ 2013/06/06 23:23 ] [ 編集 ]
Re: 納涼映画
コメントありがとうございます!

正直観る前はあんまり期待してなかったんですが思ってたより面白くてビックリしました。
骨折もそうですし凍傷で肌がガサガサするカンジもイヤ~なカンジがして良かったですよね。
たしかに冒頭のところはダラダラしとらんで早くリフト乗らんかい!と思いました(笑)
狼に関してはこの映画の出来事が起こる前にも何人も食われてると思いますね~。

「コールド・プレイ」も寒くて良さそうな作品みたいですね。
週末も暑くなるようなので観てひんやりしたいと思います。
[ 2013/06/07 22:00 ] [ 編集 ]
Re: かなぶんです。
コメントありがとうございます!

私も観る前は正直あんまり期待してなかったのですが意外に楽しめたので得した気分です(笑)
ひんやりした気分になれるので是非観てみてください!
あ、この監督「ハチェット」の監督なんですね。
殺し方が面白いホラーはいいですよねぇ・・・。
面白そうだなと思いつつまだ観てなかったので今度観てみます!
[ 2013/06/07 22:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL