スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ソルジャー ~緩っ!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「ソルジャー」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はポール・アンダーソン監督の1998年の作品だ。
今や完全に「バイオハザード」「俺の嫁を見ろ!」をやってる監督ってイメージだが、以前はこういう普通の作品も作ってたんだな。


ガイコツ
この映画は大コケしたらしいですけどね(笑)
筆者はこの作品、「炎のディスクコマンドー」というインターネット番組で紹介されていたので興味を持って観てみたようです。


ロボコップ
あと何と言っても主演がカート・ラッセルというところに大きく惹かれたよな。
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。





近未来社会。人は誕生と同時に将来を決められた。戦士に選ばれた者は人間の心を剥奪され史上最強の殺戮精鋭部隊の一員となるべく教育を受けた。成人まで生き延びられるのはわずか。ベテラン・ソルジャー、トッド3465(カート・ラッセル)はそのひとり。が、新世代のソルジャーが出現し旧ソルジャーは追い落とされ廃棄された。地球のゴミを廃棄する星で目覚めたトッドは、理想郷を求め地球を飛び出した移民の一団に助けられ、人間らしさを取り戻す。移民の居住区を襲う新ソルジャーたちにトッドはひとり立ち向かう。
allcinemaより引用
soldier_209235.jpg
コールミートッド!(かすれ気味の声で言うのがコツ)
ガイコツ
俺トッド!感情を持たない戦闘部隊、ソルジャーとしていくつもの戦場で大活躍してきた!しかし新ソルジャーなる奴らが出てきて旧型の俺たちはもうお払い箱らしい・・・。ゴミ同然の状態で放り出された先の星で俺は移民の人々に拾ってもらうがそこでまた波乱があって・・・的な話です。
ストーリーはまあいいとして全体的に非常に緩い印象の作品ですね。

ロボコップ
1998年の作品とは思えないよな、80年代アクションかと思うくらいの緩さ
別に緩いのが悪いというわけではないのだけどコケた理由はなんとなく観ててわかった気がする(笑)


ガイコツ
ストーリーの中で観てて思わずツッコミたくなるような矛盾があるとかそういうことはそんなないのですが、全体的に登場人物が行動を起こす理由が明確にされてないことが多くてボヤ~っとしてるので物語の展開すべてがぼんやりしてるんですよね。
観終わった後「結局何だったんだろうこの話は・・・」となります(笑)

6EKamsRHRwynOKEoNimbBXiXdsy.jpg
今回は短髪のカート・ラッセル!
ロボコップ
登場人物についてだが、やっぱりカート・ラッセルに尽きますな!
寡黙で孤独なソルジャー役はなかなか合ってた思うぜ。
カート・ラッセルはこうでないとと思わされるキャラクターというか。


ガイコツ
寡黙すぎてホントに全然しゃべらないのはちょっと残念ではありましたけどね(笑)
とはいえしゃべらなくても表情や目ヂカラでしっかり語りかけてくるのはさすがですね~。
雰囲気は渋いんですが眼差しには子犬のようなウルウル感があるのがたまりません。


ロボコップ
あの瞳のウルウル感が孤独感と哀愁をより際立たせてていいんだよな。
あと大きな土管みたいなヤツの中で体育座りして焚き火してるカート・ラッセルはこの作品屈指の見どころだから是非注目してもらいたいぜ(笑)

279246_large.jpg
女子供は守るカート・ラッセル!
ガイコツ
次にアクションについてですが、こちらも80年代アクションのようなモッサリ感が何とも言えませんね(笑)
90年代末の作品であるということを無視してしまえばドンパチ自体は結構派手ですしなかなか楽しめるのではないかと思います。


ロボコップ
テストでは命中率99%だった新ソルジャーたちの弾をなぜか避けながらロケットランチャーをぶちかますカート・ラッセルはやっぱりカッチョいいぜ!
翌年に「マトリックス」公開とか考えちゃダメだぞ!


279250_large.jpg
チェーンデスマッチをするカート・ラッセル!
ガイコツ
最後にラストについてですが・・・観てからそんなに日にちが経ってないはずなのですがもう忘れ気味です。
たしかカート・ラッセルが子供を抱き上げてエンドとかそんなカンジだった気がします。
そんなに印象に残らないエンディングだということは保証しますよ!(笑)


ロボコップ
ま、まあエンディングじゃなくて過程が大事な作品だから・・・(震え声)
そう!孤独に体育座りしてるカート・ラッセルとかロケット・ランチャー撃ってるカート・ラッセルとか・・・過程が大事!


pgqn8qiyh0kYj8z41hsdsbaK1T0.jpg
とにかくカート・ラッセル!
ガイコツ
そろそろまとめに入りますが、
10年くらい遅れてやってきたカート・ラッセルの痛快SFアクションですね。
物語が緩いですがこちらも生温かい目で観てあげればそこそこ楽しめると思います。


ロボコップ
まあカート・ラッセル好きな方は観てみてはいかがだろうか。
体育座りのカート・ラッセルは是非観てほしい(笑)
では今回はこのくらいかな、じゃあの。


ガイコツ
カート・ラッセルが別に好きではない方は・・・スルーしていただいて一向に構わない作品だと思います(笑)
ではまたー。





↓緩~い気持ちでポチッとしていただけるとありがたい↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スポンサーサイト
記憶喪失映画
これは劇場へ見に行った記憶があるんですが、肝心の内容が全く思い出せません…。唯一覚えているのが、その時に見た「ブレイド」の予告編がメチャクチャ面白そうに思えたというそれだけで(笑)。というか、監督がポール・アンダーソンだったんですねぇ…じゃあしょーがないか(笑)。

同時期に見に行った「ヴァンパイア/最後の聖戦」は、まだカーペンターのことなんて全く知らなかったのに、最近ビデオで再見するまで、ばっちり内容覚えてましたよ。「エスケープ・フロム・L.A.」も同時期にレンタルで見たと思いますが(もちろんカーペンター作品という意識なく)、ガキながらに「カート・ラッセルの魅力だったら完全にこっちだ!!」と思いました。

体育座りで焚き火のシーンも残念ながら覚えていないんですが、そこだけはちょっと見たくなってきました(笑)。
[ 2013/04/19 09:37 ] [ 編集 ]
地味過ぎたか
こんばんはー。
確かに喋りませんでしたねえ、ラッセルさん。が、おっしゃる通り
目で語ってましたな。
体育座り焚き火あたりという最重要シーンは忘却してるんですが、
掲載写真のチェーンぶら下がり新旧ソルジャー対決とか、その結果
片目を失った新型を、距離感がつかめずもう使い物にならない、と
ゴミ扱いする教官(?)なんかは薄っすら覚えてます。
全体的に暗~い映画でしたねえ。ま、私は割と好きですが。
[ 2013/04/19 22:20 ] [ 編集 ]
Re: 記憶喪失映画
コメントありがとうございます!

内容が全く思い出せないのはこの作品の場合普通だと思います(笑)
あー、ちょうど「ブレイド」もこの作品と同時期だったんですねー(とてもそうは見えませんが・・・)。

カーペンター監督の作品とはアクの強さが全然違いますから比べてしまうとなかなか厳しいでしょうねー。
「エスケープ・フロムL.A.」は遊び心たっぷりで私も大好きです!たしかにカート・ラッセルの魅力でも完全にこっちだと思います。
カート・ラッセルとジョン・カーペンターの組み合わせはホント鉄板ですね。

体育座りのシーン・・・ホント些細なシーンですけどね(笑)
そのシーンだけの動画があがってたら便利なんですけどねー。
[ 2013/04/20 00:37 ] [ 編集 ]
Re: 地味過ぎたか
コメントありがとうございます!

カート・ラッセルは目で語りますよねぇ。しゃべらなくてもオーラがあります。
体育座り焚き火はホント些細なところなので・・・(笑)ただ哀愁漂うたたずまいはピカイチでした。
チェーンぶら下がりの対決ところは新型の片目を潰して一矢報いたとはいえカート・ラッセルがロートル扱いされてケチョンケチョンにされてたのはちょっと悲しかったですねー。
たしかにパッと見おバカ映画にも見えるのですがそこまで明るくはないですね。
カート・ラッセルが頑張ってるので嫌いじゃないです、この作品(笑)
[ 2013/04/20 01:01 ] [ 編集 ]
今晩は~。
この映画の存在はこちらのブログで初めて知りました(笑)
しかし「ニューヨーク1997」は最近、ツタヤでレンタルしましたよ~。
特撮にはかなり時代を感じましたが(カートラッセルが大統領救出に行く時の
飛行機なんか遠目に見るとプラモデルか!と突っ込みいれかけました。)
主役、脇役のキャラクターがいいですね~。
スネークは今もカリスマ人気なのがわかるカッコよさです。「アニキ!」って感じですな。
個人的には悪役ボスの部下、薬物中毒っぽいオカマみたいな動作の怪しげな人物がツボにハマりました。

カーぺンター作品って過去の洋画劇場でけっこう放映してたんですよ。
覚えてるだけでも「物体X」「スターマン」「ゴーストハンターズ」「ゼイリブ」「パラダイム」
「ザ・フォッグ」「透明人間」「バンパイア最後の聖戦」「エスケープフロムLA」などなど。
「クリスティーン」は小学生の時、家族で参加したバス旅行の帰りにバスの中のTVで放映されてて
家族団らんで鑑賞した記憶があります。

(いやぁ、スワローズ。とんでもない事になりましたね。

 絶好調の雄平→今季絶望 バーネット→完治不明。
 復帰間近だった川端も手術→前半絶望。 

 いつぞやのシーズンで10連敗ぐらいして高田監督が辞任するはめになりましたが
 その時を上回る非常事態? 川本をトレードに出したのが悔やまれます。
 昨日なんか延長12回までいって、最後にどっか~ん!ショックで寝付けませんでした。
 しかし1軍・2軍ごった煮スタメンでよく頑張ってるとは思います。
 ルーキーの若い選手たちにはいい経験になってるでしょう。
 打線も悲惨な状態ですが、復活してくれることを信じて応援していきますよ~。)
 
[ 2013/04/20 22:37 ] [ 編集 ]
Re: 今晩は~。
コメントありがとうございます!

「ニューヨーク1997」観られたんですか!
安っぽいところはたしかに多いですが独特の味がありますねよ~。
そしていいですよね~、スネーク。ただ強いだけじゃなく意外にドジ踏むところも含めて好きです。
あぁ、思い出してたらまた観たくなってきました(笑)
観たいときに観られるようにソフト買ってしまおうかなぁ・・・。

洋画劇場でもそんなにたくさん放送されてたんですね~!
「物体X」「ゼイリブ」「バンパイア」「エスケープスロムL.A.」あたりは大好物です~!
でも今じゃレンタル店でも置いてないことが結構あるので寂しい限りです・・・。

スワローズ、まさか四月の段階でここまでチームが崩壊するとは・・・orz
正直最近はニュース見るのも辛い状況です。
とはいえスワローズはシーズンの中でも大きな波があるチームなのでまた大いに盛り返す時期が来ることを期待して待つしかないですね。
高田監督辞任の時だって後半盛り返してちゃんと借金返済できてましたしね・・・!
[ 2013/04/21 23:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。