スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

エコエコアザラク WIZARD OF DARKNESS ~菅野・クレイジー・美穂~

ガイコツ
どうもです。
今回は「エコエコアザラク WIZARD OF DARKNESS」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画は佐藤嗣麻子監督の1995年の作品だ。
古賀新一のホラー漫画が原作の作品みたいだな。


ガイコツ
筆者は今までこの作品は知らなかったのですが、菅野美穂好きな知り合いに彼女が出演しているオススメ作品は何かと聞いたところ「お前はゲテモノが好きみたいだからエコエコアザラクとかいいと思うよ」と勧められたので観てみたようです。


ロボコップ
積極的に表明してないのにゲテモノ好きというレッテルを貼られている筆者・・・オーラか何かが漏れているというのだろうか・・・。
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。




猟奇的な殺人事件が続発する中、聖華学園に一人の少女・黒井ミサが転校してくる。やがてミサの周囲に何者かの想念が渦巻きはじめる。それは彼女の存在を疎ましく思う、もう一人の魔女の仕業であった。
Yahoo!映画より引用
エコエコアザラク
チオビタは飲めるがまだ角ハイボールは飲めない頃の菅野美穂
ガイコツ
黒魔術によって学校に閉じ込められてしまった13人の生徒が一人また一人と殺されていく!黒幕は一体誰なのか?怪しげな転校生黒井ミサと関係があるのか?学校の付近で起きた5件の殺人と関係が!?といった話です。
ゲテモノ好きというレッテルには遺憾の意を表明したい筆者でしたが、作品に関してはなかなか楽しめたようです。

ロボコップ
ストーリーは漫画の1エピソードを切り出してところどろこ端折ったってカンジで正直そこまで凝ってるってワケではなかったけどテンポよく話が進んでたし、エロとかグロとかゲテモノ好きが喜ぶ要素も結構あったからな。
筆者は遺憾の意を表明してるけど知り合いのオススメはなかなか正しかった気がする(笑)

eko-eko-azarak-wizard-of-darkness-1995-8.jpg
知り合いに勧めてもらったらコレである。
ガイコツ
ゲテモノ好きな要素についてですがエロもグロもそれなりにちゃんとしているのがいいですね。
エロに関してはとりあえずすっぽんぽんはあります!
“菅野美穂の”ではないですけどね!(笑)


ロボコップ
グロに関しては初っ端から鉄骨が頭潰してたり、中盤には首チョンパがあったりと思ったよりも充実してたな(笑)
予算とか技術の関係か潰れたりチョンパの瞬間は直接的には映してないけどそのあとの惨状はしっかりと映してたし。

ガイコツ
あとグロに関係してですが生徒の死に方でマヌケなのがいくつかあったのが面白かったですね。
黒魔術で靴ひもが勝手に絡んで階段から転げ落ちて死ぬとか!
いかにも黒魔術的なダイナミックな死に方もいいんですがこういうセコいアナログな死に方嫌いじゃないです(笑)

eea_wizard_of_darkness2.jpg
初っ端からコレである。
ロボコップ
次に知り合いオススメの菅野美穂についてだがまずこの作品、菅野美穂主演じゃないのな(笑)
てっきり主演かと思ってたぜ・・・。
でも出演者の中では特に良くてオススメする気持ちも分かった気がする。

ガイコツ
ドラマあまり観ないので正直今まで「チオ・ビタ(はぁと」「うちのハイボールは角だから」ぐらいしか知らなかったのですが、この作品ではパワフルな演技をしていてビックリしましたねー。
見せ場がカワイイところじゃないっていうのがなんかスゴイです(笑)

ロボコップ
恐怖におののく悲鳴とかならまだしも狂気の高笑いは当時まだアイドルだったと思うんだけどアイドルらしからぬ迫力があったからな(笑)
最後の方は正直主役を食ってた気がする。


ekoekoazaraku2.jpg
菅野美穂までコレである。
ガイコツ
菅野美穂以外の登場人物についてもキャラが立ってる人が何人かいて良かったですね。さすがに13人もいると名前覚える前に死ぬ人も多かったことは多かったですが(笑)
中でも黒魔術好きの不良というよく分からない要素の組み合わせのキャラの水野君は面白かったです(笑)

ロボコップ
行動する度に死亡フラグを立ててるようなキャラだったな(笑)
ホントは主人公の黒井ミサを最後まで信用しないで和を乱すヤなやつなんだけど途中からなんか好きになってきたもん(笑)


eea_wizard_of_darkness7.jpg
名前覚える前にコレである。
ガイコツ
そろそろまとめに入りますが、
ストーリーはそこまででもないですがテンポよく展開してダレませんし、ほどよいエログロ、狂気の菅野美穂など見所もあってサクッと楽しめる作品ですね。

ロボコップ
サクッと観られてほどよくグロイ邦画はないかしらという方、若かりし菅野美穂を見たいという方は観てみてはいかがだろうか。
では今回はこのくらいかな、じゃあの。


ガイコツ
サクッと観られますけどグロ注意ですよ!
・・・まあこの記事見ればわかりますね(笑)
ではまたー。





↓疲れた体に、愛情一ポチ。↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スポンサーサイト
[ 2013/04/01 23:51 ] サ行 佐藤嗣麻子 | TB(0) | CM(3)
大好き これ、ビデオも持っています。
この映画、レンタルビデオの時代から、何度も借りていて、最近レンタル落ちのビデオをやっと手に入れた私です。
主役のミサや、ヒーロー役の男の子が全然目立っていないところがいいですよねー。

そうそう、水野くんがムダにイケメンだったり、どうみたって、菅野ちゃんのほうが魅力的に見えるのがすごい。

肝心の主役が、最後の方まで役立たずで(笑)

あの時代にしては、グロシーン、けっこうがんばっています。

菅野美穂さんって、意外とホラーによく出ている女優さんなんですよ。
「富江」とか、「催眠」とか。
切れている役がものすごくうまいんです。
ホラーじゃないけど、北野武監督の「DOLLS」では精神障害の女性を演じていたり・・。
ドラマでも、「里見八犬伝」の玉梓役で悪女を堂々と演じてたなぁ。

ところで、alailamaさんは、ビデオで見たんですか? DVDは出てないし。

そうそう、先日かりたホラー四本の中で、やっぱりalailamaさんがこちらのサイトで紹介していた「ハロウィン」すごく面白かったです。
アジャ監督の「ヒルズハブアイズ」もなかなかすごい・・・。 フリークスを殺人者にしているので、ちょっと引きますが。 
「血のバレンタイン」のリメイク、「ブラッドバレンタイン」私はつまらなかった。
オリジナルの方が、好きだなぁ。 
[ 2013/04/02 07:59 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2013/04/02 12:29 ] [ 編集 ]
Re: 大好き これ、ビデオも持っています。
コメントありがとうございます!
tainao7さんもこの作品がお好きなんですねー!

主人公のミサと男の子の影はたしかに薄かったですね(笑)
男の子の方は最期の死に様までちょっと地味でしたね。
ミサは冒頭でスゴ腕の魔女みたいな触れ込みだったハズなんですがほとんどその片鱗は見せず・・・。
結局ミサ以外全員死んでますしねー。

水野君と菅野美穂はこの作品のMVPですね。
水野君は「お前ら・・・死ぬぞ!」って言うセリフをすごい顔して言うところが好きです(笑)

グロシーンはなかなか見ごたえありましたねー。
安っぽいCGとかで処理されてるのよりずっといいです。

「富江」も知り合いに勧められました!今度観てみます!
菅野美穂がホラーにも結構出てるとは知りませんでした。
かわいらしい人というイメージだったのでキレてる役がうまいのはすごい意外ですが素晴らしいですね。

この作品はDVDも一応発売されてたみたいなんですが廃版でプレミアついてて高くて買えなかったので、北米版を取り寄せて観ました。リージョン違うんでパソコンでしか観られないのが難点ですが・・・。

「ハロウィン」(ロブ・ゾンビの方ですよね?)面白いですよね~!
ジョン・カーペンターのとはまた違った良さがあります。
「ヒルズ・ハブ・アイズ」はアジャ監督の過激さが詰まってますよね、人には勧められませんが(笑)

ありゃ、「ブラッディバレンタイン」はアカンかんじですか?
良さそうだったら3Dで観ようかとも思ってたのですが・・・。
[ 2013/04/03 00:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。