スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

汚れなき祈り ~悪霊退散!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「汚れなき祈り」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はクリスチャン・ムンギウ監督の2012年の作品だ。
カンヌ国際映画祭で賞もいくつか獲ってる作品みたいだな。


ガイコツ
とは言っても筆者は監督のことも賞のことも全く知らなくてあらすじが何となく面白そうだったからという理由で観に行ったみたいですけどね。
あとタイトルが「汚れなき悪戯」「乙女の祈り」とか色々混ぜたようなカンジで面白そうじゃん!とか言ってました(笑)

ロボコップ
ザ・感覚で生きる人間な筆者である・・・。
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。




現代のルーマニア。ドイツに出稼ぎに出ていたアリーナが修道院にいる友人ヴォイキツァを訪ねてやってくる。ふたりは孤児院で幼少時代を過ごした仲だった。アリーナはヴォイキツァを連れてドイツに行きたがったが、心の平穏を神への信仰に見いだしているヴォイキツァは同意しない。修道院にしばらくいることになったアリーナだが、突然発作を起こし病院へ。はっきりとした原因はわからず修道院に戻るアリーナだが、次第に精神を患っていく。
goo映画より引用
dupa-dealuri-370575l.jpg
悪霊退散!悪霊退散!・・・ってあれ?
ガイコツ
田舎の修道院で世俗とは離れた集団生活を送る修道女ヴォイキツァ、そんな彼女のもとに孤児院時代の友人でドイツに出稼ぎに行っていたアリーナがやってくる。帰るあてのないアリーナはヴォイキツァのはからいで修道院で生活することになるが・・・といった話です。
宗教がらみの話ですね~。

ロボコップ
修道院というある種その中で完結している世界に異分子として入りこんでしまったアリーナが起こす波紋とそれによって起こってしまった悲劇を描いた作品だな。
全体通して非常に静かで画面はきれいな作品ではあるんだが裏はかなり残酷でドロドロだぜ。

ガイコツ
画面は田舎の修道院の素朴な日常とか雪に覆われた丘の景色だったりとかホントにきれいなんですけどね~(笑)
画面だけでも作品の世界観にガッと引き込まれるところがあります。

sub1_large_20130329011114.jpg
テレビもねぇ!ラジオもねぇ!電気もろくに通ってねぇ!
ロボコップ
次に物語の展開についてだが一つ一つの出来事をすごくじーっくりと描いているという印象だったな。
でも決して無駄に長いってワケではなくてそのじーっくり描かれていく中でじわじわと修道院の世界に観ている側も引き込まれていくカンジがするんだよな。

ガイコツ
じーっくりのおかげで前半筆者がちょっと寝かけたのはここだけの秘密ですけどね(笑)
またそのじーっくりとした展開でじわじわと修道院の世界に引き込んだ後、最後の3分の1くらいで物語が一気にゴロゴロと転がりだすのも面白いですよね。


ロボコップ
最後の展開で急に現実に引き戻されるんだよな。
今まで描かれてきた修道院の世界は世間から見たらそれ自体が異分子でした!っていう現実を突きつけられる。
一気に今までの世界観をひっくり返されてびっくりもするんだけど、世間に戻ってきた安心感もあるってカンジだな。

sub5_large_20130329011307.jpg
知られざる修道院の世界を覗いてみましょう・・・
ガイコツ
次に登場人物についてですが、修道院に異分子として入ってきてかき回すアリーナがリアルに問題児です(笑)
この人が到底普通の人とは言えないからそれを迎える修道院側の歪みみたいなものが途中まで目立たないんですよね。

ロボコップ
あとになって振り返ってみると修道院のいわゆる“よそ者”の扱い方にも実は結構不穏なところもあったんじゃないかと気づくんだけど、観てるときはアリーナがあまりにも問題児だったからちょっと修道院側寄りの目線で考えてしまうんだよな。
そこが結構巧妙。

sub4_large_20130329011439.jpg
神父「いやマジ頼むから暴れんといてーや・・・」 アリーナ「ギロッ!!」
ガイコツ
この話の何が一番怖いって誰も悪気がなく無自覚のうちに悲劇を起こしてしまうってことですよね。
みんな悪気がないどころか良かれと思ってやってる部分さえあるっていう。


ロボコップ
最後に修道院の外の人に「あー、これはマズいですよ」って言われても悪いことをしたとまだ気付かないところにはちょっとゾッとしたな。
ちょっと違うかもしれないけど外の世界とつながることって大事だなと思ったぜ。


orig.jpg
ヴォイキツァ「無自覚って怖いわね」 アリーナ「あんたもな」
ガイコツ
そろそろまとめにはいりますが、
美しい画面でじっくり描かれる修道院の世界とその中で起きる出来事の残酷さが対照的な話ですね。
結構キツイ作品ですが面白い作品なので興味のある方は観てみてはいかがでしょうか。

ロボコップ
エグイとはいってもグロはないからそこらへんは安心して観てくれ!(笑)
では今回はこのくらいかな、じゃあの。


ガイコツ
グロないよ!って言わないとグロある前提みたいな言い草ですね(笑)
ではまたー。





↓ウトウトしている筆者を叩き起こせるかどうかははあなたの1クリックにかかっている!↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。