スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

オズ はじまりの戦い ~安心と信頼の~

ガイコツ
どうもです。
今回は「オズ はじまりの戦い」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はサム・ライミ監督の2013年の作品だ。
筆者はこの作品、サム・ライミがディズニー映画とな!?ということで普段あまり手を出さないディズニー映画だが喜び勇んで観に行ってきたようだ。


ガイコツ
レイトショーの時間帯だったのでさすがに子供はいませんでしたがさすがディズニーというべきか家族や友達、カップルで観に来ている人が多かったですね~。
筆者は安定の大人一枚でしたが・・・(笑)


ロボコップ
休日の昼間とかだったら結構浮いてたかもしれないから危ないところだったぜ(笑)
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。





米カンザスのサーカス一座の若きマジシャン、オズは、いつか「偉大な男」になることを夢見ていた。しかしある日、竜巻に飛ばされて自分と同じ名前の魔法の国オズに迷い込んでしまう。その名前のために、伝説の偉大な魔法使いと勘違いされたオズは、東の魔女エヴァノラから国を支配する邪悪な魔女を倒してほしいと頼まれる。救世主として崇められてしまったオズは、財宝と名声を得ることを引き換えに魔女退治の冒険に出る。
映画.comより引用
OZ_the_Great_and_Powerful_Poster3.jpg
サム・ライミが監督ならおずおずしてらんないね!(白目)
ガイコツ
別になんてことはない売れないマジシャンだったが竜巻で流れ着いた魔法の国オズで伝説の魔法使いと勘違いされてしまったオズ。欲に目がくらみ救世主のフリをしたまま魔女退治の旅に出発するが・・・。的な話です。
最初はダメな主人公が人との出会いや出来事がきっかけで成長し、大事なものを守るために一世一代の戦いに臨む!といったカンジの非常にオーソドックスな物語ですね。

ロボコップ
監督サム・ライミで主人公が異世界に飛ばされてあーだこうだって話を聞くとどうしても「キャプテン・スーパーマーケット」を思い出してしまうけど、さすがに今回は大人から子供まで誰でも楽しめる安心と信頼のディズニー作品だったな(笑)


ガイコツ
とはいえそんなディズニーの話の中でも畳み掛けるようなドタバタ感や笑いを織り交ぜているところからはちゃんとサム・ライミらしさが十分感じられた気がしますけどね。
特に序盤気球が竜巻に巻き込まれたところのハイテンションさは結構好きです。


オズ
オズ「ちょっと裏こいよ」
ロボコップ
主人公のオズについてだが最初は割とマジでダメな奴なのが面白いよな(笑)
行動が軽薄だわ見栄っ張りで口から出まかせばっかりだわでチョーいい加減。
でも理想だけは偉大な人になりたいとかやたら高い。


ガイコツ
ダメ野郎仲間な筆者はニヤニヤ眺めてましたが序盤で主人公のこと嫌いになってしまった人も割といるんじゃないでしょうか(笑)
でもそんな主人公も後半になるにつれてしっかりしてきて、なんだかんだでそれにグッときてしまうんですよねー。

ロボコップ
最初がアレだっただけに余計にな(笑)
あとオズは戦い方も良かったよな。
力はないけど知恵とハッタリで敵を欺くっていう、個人的にすごい好きだわ。


オズ1
魔女相手に正面突破とか無理無理!
ガイコツ
次にオズが出会う3人の魔女たちについてですが、みなさんべっぴんさん揃いで目の保養になりますねー(笑)
中でもセオドラ役のミラ・キュニスのセクシーさは目を見張るものがあります。
「テッド」「ブラック・スワン」にも出てましたが個人的には今回特にカワイイ気がします。

ロボコップ
この作品ではミラ・キュニスは後半色んな意味で頑張ってるからそこも見逃せないよな。
予告編で出てきたアレお前だったのかよ?!みたいなね(笑)


oz-the-great-and-powerful-trailer-3.jpg
フゥーッ!セクシー!
ガイコツ
最後にオズの世界についてですが、CGで作り上げられたすごい色鮮やかでキレイな世界でしたねー。
実際の風景も利用して壮大さや美しさを表現していた「ホビット」とはまた一味違った独特な雰囲気があります。


ロボコップ
CGで全く現実感を感じさせないのが今回は魔法の国らしさを表現するうえでいい方向に働いてるよな。
あと3Dについても飛び出しやら奥行きやらちょこちょこギミックとして使われてて今回は結構楽しめた気がするぜ。

03.jpg
イラストみたいな世界!
ガイコツ
そろそろまとめに入りますが、
信頼と安心のディズニーブランドとサム・ライミの楽しませるテクニックがいいカンジで合わさって老若男女楽しめる面白い作品になっていると思いますね~。


ロボコップ
結構飛び出したりして面白いところもあるので観るなら3Dが個人的にはオススメだぜ。
では今回はこのくらいかな、じゃあの。


ガイコツ
筆者は違いましたがお友達や家族と観に行っても楽しい作品だと思いますよ!
ではまたー。





↓ミラ・キュニスの画像が足らんぞ!という方はこちらで探してみては↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スポンサーサイト
[ 2013/03/20 00:18 ] サ行 サム・ライミ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。