スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ストリートファイター ザ・レジェンド・オブ・チュンリー ~なんだかなぁ~

ガイコツ
どうもです。
今回は「ストリートファイター ザ・レジェンド・オブ・チュンリー」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はアンジェイ・バートコウィアク監督の2009年の作品だ。
筆者はこの作品、以前観た「ストリートファイター」という作品がクソ映画個人的にアレっと思う映画だったので今回は自分の中でストリートファイターの名誉挽回するために観てみたようだ。


ガイコツ
前回の「ストリートファイター」はただのコスプレヴァンダム映画でしたからね・・・今回は割と新しい作品ですしアクションとかもいいカンジになってるのを期待したいところです。


ロボコップ
まあなんというかいくらヒドくてもヴァンダム版「ストリートファイター」まではいかないやろっていうクソ映画を乗り越えた結果生まれる謎の安心感があるな(笑)
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。





中国の豪邸に父母と暮らし幸せな日々を送っていた少女・春麗(チュンリー)。しかしある夜、裏組織シャドルーを牛耳るベガとその部下バイソンに父が連れ去られてしまった。その後大人になりピアニストとして活躍していた春麗の元に、謎の絵巻物が届く。それが行方不明の父の手がかりだと考えた彼女は巻物に書かれた言葉に従い、元と名乗る男を捜すためバンコクへと向かうのだが……。
goo映画より引用
チュンリー
俺も負けない!
ガイコツ
幼い頃悪の組織シャドル―に父を誘拐されたチュンリー、成長しピアニストになったチュンリーのもとに謎の巻物が届きそれにホイホイ従うことによって物語が動き出す・・・的な話です。
まず最初にオッと思ったのは主人公のチュンリーがカワイイというところですね。


ロボコップ
前観たヴァンダム版「ストリートファイター」での残念さから比べるとその部分だけでも大進歩だよな(笑)
ただ可愛かったからこそコスチュームがセクシーなチャイナドレスじゃなかったのが残念でならなかったが。


Street_Fighter_Movie_06.jpg
001_20130310205658.jpg
劇的ビフォーアフター!
ガイコツ
次に敵についてですがストリートファイターのクセにストリートファイトを挑むやつが少ないのが少し残念です。
チュンリーたち味方側は拳一本で挑んでいくんですけど敵は基本的に銃持ちが多いです。


ロボコップ
拳で戦うどころか敵の幹部の黒人ボクサーが小型ミサイルで不意打ちだからな(笑)
拳 を 使 え よ!
まあ悪役だからズルはありなのかもしれんが・・・。


ガイコツ
さすがにラストあたりは敵側も拳を交えての戦いになりますが拳で戦うとあんまり強くないためちょっと悲しくなります(笑)
だから銃使ってたんか・・・みたいな(笑)


チュンリー2
ガタイはいいが割と銃を使う幹部
ロボコップ
次にアクションについてだがチュンリーのワイヤーアクションを使った格闘はなかなか見応えがあって良かったな。
良かったんだけど戦闘シーン自体が思ったより少ないのがちょっと残念だなと思ったぜ。


ガイコツ
もっとガンガン戦ってくれた方が良かったのですがいかんせん的が銃使ってるから敵の隙をついてとか逃げながらの戦いが多くて正面から殴りあう戦いが少ないんですよね。
いやまあそれも悪くはないんですけどね。


ロボコップ
ストリートファイターかって言うとう~んってカンジではあるよな。
どうしても“ラウンド1!ファイッ!”みたいなのを観る前から想像しちゃうから・・・。


チュンリー3
カッチョイイけどストリートファイターでやらんでいいと思うんだ・・・
ガイコツ
最後に物語の展開についてですが非常になんとなく話が進むのが気になりますね。
些細なキッカケに対してモチベーション向上しすぎというかなんというか(笑)


ロボコップ
まず始まりからしてコンサートの差し入れで巻物が届く→なんとなくそれを父の手がかりだと思う→確証はないけど巻物に書かれていた人に会うために私財投げうってバンコクで路上生活者になるって流れからしてエキセントリックだからな。
「フラッシュ・ゴードン」とかよりはマシだけどなかなかスゴイ(笑)


003_20130310232433.jpg
巻物に書いてた人に会えたから結果オーライ!ってことでいいのか・・・?
ガイコツ
そろそろまとめに入りますが、
ヴァンダム版は手のつけようのない残念さでしたがこの作品は色んな部分がこうした方がいいのになぁ・・・みたいな残念さが漂う作品ですね。


ロボコップ
もっとどっかしら突きぬけてくれていたら良かったんだけどな。
まあでもストリートファイター好きな人ならヴァンダム版よりも全然見れる作品ではあるから観てみてもいいとは思うぞ!・・・積極的にオススメはしないけど(笑)
では今回はこのくらいかな、じゃあの。


ガイコツ
別にストリートファイター好きではない人は・・・スル―していただいて構わないと思います(笑)
ではまたー。





↓ストリートファイターにKOされそうな筆者によろしかったら元気を分けて下さい↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。