ブレイド2 ~チョー楽しい~

ガイコツ
どうもです。
今回は「ブレイド2」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はギレルモ・デルトロ監督の2002年の作品だ。
デルトロ監督の作品と言うことで以前から観たかったのだが、先日2枚で3000円コーナーで見つけたので「スターシップ・トゥルーパーズ」と一緒に購入したようだ。


ガイコツ
少し前にスチールブック仕様で2500円くらいのヤツが発売されたばっかりな気がしていたんですが廉価盤が出るのがホント早いですね。
発売されたときに慌てて手を出さなくて正解でした。

ロボコップ
慌てて買った「タクシードライバー」「スティング」「シャレード」とかで既に何度もほげ~!な目には遭わされてるからさすがに学習しないとな(笑)
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。





人間とヴァンパイアの血を受け継いだブレイド(ウェズリー・スナイプス)は、自分の運命に反するようにヴァンパイア・ハントを続けている。ヴァンパイアに囚われていた父親代わりのウィスラー(クリス・クリストファーソン)を救出し、武器発明の天才・スカッド(ノーマン・リダース)を仲間に吸血鬼たちを追いつめる。ある日、ブレイドの元にヴァンパイア族が訪れ、闇を徘徊する凶悪な吸血鬼・リーパーズを協力して倒すよう持ちかける。
goo映画より引用
ブレイド2
倒 せ ま せ ん !!(キッパリ)
ガイコツ
人間とヴァンパイアの合いの子でヴァンパイアハンターのブレイドがヴァンパイアすら獲物とする強敵リーパーズを倒すため本来敵であるヴァンパイアたちと共闘したりしなかったりする話です。
アクション主体の映画なのでストーリーは割とあっさりしてますがあぁギレルモ・デルトロっぽい!っていう要素が詰まった作品ですね。


ロボコップ
琥珀色が印象的な画面に薄暗い地下、ちょっと哀愁を感じる敵の設定に凝った小道具、グロテスクなクリーチャー造形どれを見てもそうそうこれこれ!ってニヤニヤしっぱなしだったな。
さらにそこにウェズリー・スナイプスが出てきた日にゃあもうね・・・最高ですわ(笑)


blade2r12.jpg
瞳はつぶらなウェズリーおじさん
ガイコツ
次にアクションに関してですが前作も素晴らしかったですが今回もそれに負けず劣らずの素晴らしさですね~。
前作同様オープニングシークエンスからハイテンションでかっ飛ばしていていきなりガッツリ心奪われてしまいました。

ロボコップ
スタイリッシュなんだけどケレン味もたっぷりでさながらコミックのようなアクションだよな。
雑魚敵を大勢相手にするときも一々キマったぜ!みたいなカットを挿みこんでたり。
あと前作はあっさりだったラスボスとの戦いも今作はガッツリと描いていたのが好印象だったぜ。

ガイコツ
ラスボスとの戦いもホントにケレン味たっぷりで面白かったですね~。
何度か攻守が入れ替わったり追い詰められたりする様はなんかプロレスみたいだなと思いました。
プロレス詳しくはないのでもし違ってたら土下座ですが(笑)

blade-ii.png
多勢に無勢だとまま起こるライブハウス現象
ロボコップ
敵についてはバイオハザードに出てきそうなリーパーズとか、ノスフェラトゥ似のヴァンパイアの王とか前作に比べて異形のクリーチャーが多かったな。
リーパーズに関しては解体シーンがあってはらわたまで作りこんでるのには感心したわ。


ガイコツ
リーパーズがどうやって襲うかとか臓器の解説まで映画内で説明したりしてますしすごいしっかりと設定を作りこんでますよね。
あと異形と言えばアレですよ、ロン・パールマンですよ(笑)


ロボコップ
特殊メイクしなくてもクリーチャー並のインパクトがあるからな(笑)
ウェズリー・スナイプスとロン・パールマンが一緒に出てくるところはブレイドVSヘルボーイや!ってことで作品外の部分でも熱くなってしまったぜ。


blade-ii-w12801.jpg
二大怪獣激突!二人ともグラサン着用!
ガイコツ
最後にラストについてですがベタなカンジもしますがこのカンジすごく好きですね~!
クライマックスでちょっとしんみりさせた後にスカッと一撃!でニヤッとさせるみたいな。
これあるかないかでかなり後味が違ってくると思うんです。


ロボコップ
またスカッと一撃入れるシチュエーションがすごくマヌケで下世話なところなのがいいんだよな。
クライマックスで高まった緊張感がフッと緩むカンジが絶妙
感覚的には「アベンジャーズ」のおまけのグダグダとちょっと似たようなカンジかな。


blade2r15.jpg
こんなカンジのしんみり系では終わらない!
ガイコツ
そろそろまとめに入りますが、
ケレン味たっぷりのアクションをはじめ色々チョー楽しい作品ですね。
もうとにかくチョー楽しいです。
・・・好きな作品ほど上手くまとめられないのはなんなんでしょうね(笑)

ロボコップ
一応「ブレイド」の続編だけど無理に前作観なくても楽しめる作品なのでもし興味のある方は是非今作だけでも観てみたらいいと思うぜ。
では今回はこのくらいかな、じゃあの。


ガイコツ
まあ前作も面白い作品なので併せて観るのも楽しそうでいいと思いますけどね!
ではまた~。






↓クリックしてくださると筆者がさらにチョー楽しくなります↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スポンサーサイト
今晩は~。
この映画、劇場で観たんですけどベタなラスト?記憶にありません。
(最近よくある「エンドロールの後に登場するラストシーン」??)

ヒロインが主人公に抱っこされてる、しんみりシーンは覚えてるのですが。

ギルレモ・デル・トロで好きなのは「ヘルボーイ」ですね~。
「ヘルボーイ2」のラストは続編に繋がるような終わり方だったので「3」を待っております。

曲者俳優大好物の私としましては「ブレイド2」の脇役にも注目!
ロン・パールマンは顔はオランウータンそのまんま。しかし彼にしかない味わいをもった俳優さんですね。
「薔薇の名前」という映画がけっこう好きなんですが、その中でも異端ぶりを発揮してました。

[ 2013/02/22 22:35 ] [ 編集 ]
Re: 今晩は~。
コメントありがとうございます!

ラストシーンは作品冒頭でブレイドが「待ってろよ!」って言ってたヴァンパイアが成敗されるヤツです。
流れるのはエンドロール前ですけど、雰囲気的には「エンドロールの後に登場するラストシーン」みたいなカンジですね。

「ヘルボーイ」もいいですね~、特に2の方は大好きです。
3も是非デルトロ監督で作ってほしいですね~!
とりあえず今年は「パシフィック・リム」が楽しみです。

ロン・パールマンは出てくるだけでオッ!と思わせる存在感がありますよね。
主役をはることはあまり多くないですけれどかえのきかない役者さんだと思います。
「薔薇の名前」ですか・・・知らない作品でしたが宗教とサスペンスの組み合わせはすごく魅力的ですね・・・!
私は「ロスト・チルドレン」でのロン・パールマンの役どころが結構好きです。
[ 2013/02/22 23:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL