スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

レッド・ライト ~AVT~

ガイコツ
どうもです。
今回は「レッド・ライト」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はロドリゴ・コルテス監督の2012年の作品だ。
日本では15日から公開されている作品だぜ。
筆者は結構前から予告編で観ようと決めていた作品のようだ。


ガイコツ
なんたってシガニー・ウィーバーロバート・デ・ニーロの対決ですからね、心が躍らないわけがありません!
「エイリアンVSタクシードライバー」と言ってもいいかもしれませんね・・!


ロボコップ
シガニー・ウィーバーはリプリーであってエイリアンってワケじゃないけどな(笑)
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。





大学で物理学を教えるマーガレットとその助手のトムは超常現象の科学的解明に挑んでいるが、いまだ本当の超常現象には出合えない。そんな中、30年以上も前にその超能力で話題をさらったサイモン・シルバーが超能力ショーを再開したというのだ。シルバーを調査しようと提案するトムだが、マーガレットは拒絶する。対決を挑んで破れた過去があったからだ。しかし、その後、不思議な出来事がトムの周辺で起きるようになる。そして…。
goo映画より引用
レッドライト3
ALIEN VS TAXI DRIVER 略してAVT!
ガイコツ
超能力者を暴く科学者コンビのマーガレットとトム。30年振りに世間に姿を現した超能力者サイモン・シルバーをトムは調査しようとするが昔サイモンと何かあったらしくマーガレットに止められる。トムは一人で調査を始めようとするが不思議な出来事が周りで起き始めて・・・といった話です。
ストーリー中に多く散りばめられている謎がオチで一つにつながるというような形式ですね。

ロボコップ
まずオチありきで話を組み上げていったんだろうなという気がする作品だな。
だから基本的なストーリーはそこまで入り組んでいたりせず割とシンプルでその中にオチに向けての謎や伏線が挿みこまれていくというカタチになっているぜ。


ガイコツ
シンプルではあるんですがオチが分かるまで謎がどんどん消化されず積まれていくので観ている途中は非常にモヤモヤしますね(笑)
こういった謎や伏線、ミスリードの多い作品は話の本筋が最後になるまで見えてきづらいのはしょうがないのかもしれませんが。

sub1_red-lights_large.jpg
年齢を重ね益々渋みを増したお姉様
ロボコップ
で、次に筆者が楽しみにしていたAVTことシガニー・ウィーバーとデ・ニーロの対決だが、対決どころか一緒に映ってるシーンが全くないってどういうことだってばよ・・・!
いやまあ宣伝でも丁々発止のやり取り!みたいな煽り文句は一切なかったけど・・・。


ガイコツ
裏に何か抱え込んでいる女性科学者のシガニーも超胡散臭いけど異常なくらい凄味のある超能力者のデ・ニーロもベテランの味があってそれぞれの演技には満足ではあるんですけどね~。
特にデ・ニーロは「タクシードライバー」を彷彿とさせるようなセリフもあって筆者もニンマリでした(笑)

main_red-lights_large.jpg
「きてますっ!」って言いそう
ロボコップ
あと役者さんに関しては「28日後...」とかで見覚えのあるキリアン・マーフィーも裏に何かを抱える科学者役でいい味出してたな。
シガニー・ウィーバーの代わりとに言うのはアレだけどクライマックスのデ・ニーロと真っ向勝負のところもなかなかカッチョよかったし。

ガイコツ
・・・というかこの作品キリアン・マーフィーが主演だったんですね。
宣伝では大物二人にかなりスペースを取られて影が薄かったので、作品観て初めて主演が彼だったんだって気付きました(笑)


sub2_red-lights_large.jpg
君を邪険に扱って本当にスマンかったと思っている!ゴメン!
ロボコップ
最後にラストについてだがネタバレするとイカンのであまり詳しくは言えないが、思っていた方向とちょっと違うところに着地してちょっと驚いたな。
普通に探偵の種明かし的なオチだと思ってたんだけど話の本筋はそこではなかったという。

ガイコツ
ミステリーに慣れ親しんでいる人ならもしかしたら分かるのかもしれませんがペーペーの筆者は完全に面喰ってましたね(笑)
あと普通の謎解きとは少し趣が違うのでオチが分かっても霧が一気に晴れるような爽快感は期待しない方がいいかもしれませんね。

ロボコップ
このオチは多分観に行く前にどんな作品として期待しているかによって結構評価が割れる部分だと思うから気を付けた方がいいぜ。
変に謎を解き明かそうとかそういうことを考え込まずに物語全体の怪し~い雰囲気を素直に楽しんだ方が楽しめる作品なんじゃないかなと思うわ。

343964_006.jpg
“この男を疑い続けろ”よりも“YOU ONLY SEE WHAT YOU WANT TO BEKIEVE”の方がしっくりくる気がする
ガイコツ
そろそろまとめに入りますが、
全編通して霧がかかったような怪しい雰囲気が魅力の作品ですね。役者さんも実力派揃いなので安心して作品の雰囲気に入っていけると思います。
オチに関してはちょっと好みが分かれるかもしれません

ロボコップ
同じデ・ニーロつながりだけど「エンゼルハート」とか好きな人は割と楽しめる作品じゃないかな。
逆にスッキリハッキリしないとダメって言う人にはあまり向かないかもしれない。
では今回はこのくらいかな、じゃあの。


ガイコツ
私がワーキャー言ったところでアレですし百聞は一見に如かずなので興味のある方は観てみてはいかがでしょうか。
ではまたー。





↓このブログを疑い続けろ!・・・ということで信用できるブログ探しはこちらでどうぞ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スポンサーサイト
AVTとは!
ABTですか?気になります!

ロンドン ゾンビ紀行位、気になります(^^)
今週は、アールグレイを飲みつつ、ロンドン ゾンビ紀行を観たいと思っております。
私は、老人ホーム通なので…

私はエイリアンでは、ビショップが好きです。

[ 2013/02/16 21:59 ] [ 編集 ]
Re: AVTとは!
コメントありがとうございます!

AVTとか私が勝手に言ってるだけで劇中では対決してないんですけどね(笑)
ロンドンゾンビ紀行は怖くはないですが面白かったですよ!
アールグレイを飲みつつまったりと観るのには適している作品かもしれません(ホラー映画の中では、ですが笑)

1のアンドロイドがあくどかった分リプリーたちの味方をするビショップにはすごくいい印象がありますねー。
[ 2013/02/17 15:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。