スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ロンドンゾンビ紀行 ~老人強し!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「ロンドンゾンビ紀行」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はマティアス・ハーネー監督の2012年の作品だ。
筆者はこの作品、予告編が面白かったから観に行くことにしたようだ。


ガイコツ
予告編てなんだかんだ大事ですよね。
この映画の予告編は一回観て観に行こうと決めましたけど、何度も観させられることによって興味が湧いてくることもありますし。
「悪の教典」とか多分予告編の刷り込みなかったら観に行かなかったと思います。


ロボコップ
とはいえ予告編がすごく良くても内容がほげ~!ってこともままあるから過度に信頼もしちゃいけないけどな(笑)
ではそろそろ内容の話に移ろうか。
ストーリーはこんなカンジ。





幼い頃に両親が死んで祖父に育てられた兄弟のテリーとアンディ。二人は大好きな祖父が入居している老人ホームの閉鎖という危機を救うため、いとこのケイティらを誘い、銀行強盗を計画する。大金を奪い、銀行を出ようとした彼らだが、銀行の外はいつのまにか大量に出現したゾンビたちによって大混乱に陥っていた。そして、ゾンビの群れは、祖父のいる老人ホームにも迫っていた…。
goo映画より引用
ロンドンゾンビ
じいさんもばあさんも立ちあがれ!
ガイコツ
じいちゃんの住む老人ホーム閉鎖を阻止しようと資金調達のために銀行強盗に入る若者たち!銀行から出るとなんやかんやあって外はゾンビだらけになっていた!助けに行かないとこのままではじいちゃんたちが危ない!的な話です。
ざっくり言ってしまうとハラハラ身内救出ミッション系の話ですね。

ロボコップ
とはいえ真面目なホラーではなくてコメディタッチの作品なので緊張感とか切迫感みたいなものはそんななくて、むしろまったりほのぼのとした感じがするけどな(笑)


ガイコツ
悪い意味ではなく全体的にゆる~い空気が漂ってますよね。
どこか安心して観られる気がします。
まあまがりなりにもゾンビ映画なんでそこそこ人も死んだりはしますけどね(笑)


ロンドンゾンビ1
銃を構えてもどこかゆるい兄弟
ロボコップ
ゾンビについてはこの作品はノロノロロメロ式ゾンビが登場するぜ。
この作品ではこのノロノロ感がなかなかいいアクセントになっているのが面白いな。
普通の人にとってはトロいんだけど体が思うように動かないじいさんばあさんとは丁度拮抗したスピードになるというね(笑)

ガイコツ
特に歩行器を使って歩くじいさんとノロノロゾンビの手に汗握るギリギリのチェイスシーンには笑いましたね~。
たしかにギリギリのチェイスやけど・・・遅すぎるやろ!(笑)

ロンドンゾンビ2
後にゾンビと世紀のデッドヒートを繰り広げるじいさん
ロボコップ
歩行器のじいさんもそうだが、全体的に老人ホームの生き残りのじいさんばあさんのキャラがものすごく濃いよな。
正直言ってストーリー後半は主人公たちを完全に食っちゃってるレベル(笑)


ガイコツ
年金受給者は自衛しなければならない!とか言って生にしがみつこうとするギラギラ感が若者の主人公たちよりも凄まじいですよね(笑)
銃火器を手にしたときの生き生きしたカンジも面白いですし。


ロボコップ
お前らはエクスペンダブルズか!と言いたくなるようなレベルでじいさんばあさんが銃を乱射してゾンビたちを蜂の巣にしてるシーンはなんかちょっと感動すら覚えたわ(笑)
最近のご老人たちは強いんだなぁ・・・。

ロンドンゾンビ3
じじばばナメたらあきまへんでぇ!
ガイコツ
この作品はラストも後味さわやかだったのが個人的には良かったですね。
ゾンビ映画ってハッピーともバッドともつかない何とも言えないモヤッとするラストのものも多いですけど。


ロボコップ
そういうモヤッとするラストも好きだけど、この作品にはちょっとゆるくてちょっとほっこりするカンジのラストが丁度よく合ってた気がするぜ。


ロンドンゾンビ4
ゾンビちゃんたちの話をほとんどしてないことに今気付いたが、なかなかのクオリティと数でした。
ガイコツ
そろそろまとめに入りますが、
まったりとしたゾンビコメディ作品ですね。
ゾンビ映画らしからぬ安心感で観ているこっちまでまったりした気分になりますね(笑)


ロボコップ
独特のゆるさが好みに合うか多少分かれるところかもしれないが、ゾンビコメディが好きな方は是非一度観てみてはいかがだろうか。
では今回はこのくらいかな、じゃあの。


ガイコツ
あとじいちゃんばあちゃんがお好きな人にもオススメですね~。
じいちゃんもばあちゃんも銃を持って仁王立ちで大活躍しますよ!(笑)
ではまたー。





↓よろしかったらまったりとした気分でポチッとしていただきたい↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。