スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

インシディアス ~ズギャァーン!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「インシディアス」について話していきましょう。


ロボコップ
この作品はジェームズ・ワン監督の2011年の作品だ。
筆者は1しか観たことないけど「ソウ」シリーズの監督や製作総指揮をしてた人だな。


ガイコツ
筆者はこの作品、「ムカデ人間」の隣で一緒に旧作になっていたのでついでに借りて観てみたようです。
「ムカデ人間」一本だけレジに持っていくのはなんかちょっと気恥ずかしいですからね。


ロボコップ
いやだからって一緒に持ってく作品がコレじゃあ全く気恥ずかしさが軽減されないと思うんだが・・・。
ではそろそろ内容の話に移ろうか。
ストーリーはこんなカンジ。





ジョシュとルネの夫婦は3人の子とともに新居に引っ越してから、屋根裏から物音がするなどといった怪奇現象に見舞われた。そんなある日長男のダルトンが梯子から落ちて昏睡した。しかし、ダルトンの身体に異常はなく、昏睡の原因ははっきりしなかった。 この新居が呪われていると考えた夫妻は別の家に引っ越すも、怪奇現象はおさまらず、霊媒師や牧師に依頼しても事態は悪化していく一方だった。
Wikipediaより引用
インシディアス
※オーメンっぽい話ではありません。
ガイコツ
新居に引っ越してきたはいいけど霊現象多発な上に息子が目覚めなくなってしまった!環境が悪いのがイカンのやと引っ越したけど霊現象まで引っ越してきやがった!一体どうすりゃいいんや!的な話です。


ロボコップ
話を大雑把に分けると前半が霊現象にやられっぱなし、後半は息子を救うために霊媒師呼んだりして色々やるぞ!ってカンジの構成だぜ。
まあ「ポルターガイスト」的なオーソドックスな話の流れだな。


ガイコツ
作ってるのがスピルバーグじゃなくてソウとパラアクの人なので作品全体のテイストは「ポルターガイスト」よりもホラーホラーしてるカンジはありますけどね。
出てくるお化けも凶悪そうな奴らが多いですし(笑)


インシディアス1
憧れののマイホームがおっばけや~しき!
ロボコップ
ホラーにも色々種類があるけど、この作品はホラーの種類的には不気味な雰囲気でゾクッとさせるというよりはビックリポイントでズギャァーン!みたいな大きな音鳴らして驚かせる系のホラーだな。
全体通してホントズギャァーン!が多い(笑)

ガイコツ
それとこの作品はズギャァーン!って鳴らす前に一々ご丁寧に不安になるような弦楽器のギュルギュルギュル的な音をはさんでくるのが面白いですよね。
ビックリポイントの8割がギュルギュル→ズギャァーン!ギュルギュル→一瞬無音→ズギャァーン!です(笑)

ロボコップ
同じ音ビックリでも「ウーマン・イン・ブラック」なんかはずーっと無音からのズギャァーン!だったからかなりビクッとしたんだけどこの作品はギュルギュルのところで身構えられるから多少心臓に優しい作りになっているぜ(笑)


インシディアス2
ギュルギュル鳴ってるシーン。もうすぐでズギャァーン!がきます。
ガイコツ
お化けたちについてですが子供とかおっさんとかダース・モールウーマン・イン・ブラックがいたりと結構色々な奴らがズギャァーン!しに出てきます。
ボス扱いのダース・モールが正直あんまり怖くないのがちょっと痛いですが(笑)


ロボコップ
ダース・モールより霊界のシーンで出てくる名もなきオー!マイキーみたいな霊たちの方が結構不気味で怖かったな。
なんつうか霊は物理的に襲いかかってくるよりも不気味にたたずんでた方が怖いわ、稲川淳二で言うとこの「いるっ!」みたいな状態。

インシディアス3
怖がってくれぇ!(懇願)
ガイコツ
ラストはちょっとひねってあって一筋縄ではいかないところが良かったですね。
普通にハッピーエンドで終わる流れでちょっと落胆しかけたところでひとひねりきたので不意を突かれました。


ロボコップ
ズギャァーン!と違ってな(笑)
このひねりについては「ソウ」の監督の作品だと観た後で知ってあぁなるほどなとちょっと納得しちゃったぜ。


インシディアス4
えっ・・・一筋縄じゃいかないってマジですか・・・?
ガイコツ
そろそろまとめに入りますが、
とにかくズギャァーン!で驚かしまくるあんまり後に引きずらないホラーですね。
Jホラーみたいな後引く恐怖をガッツリ感じたい方には物足りないかもしれませんが、暇だしホラーでも観んべ!みたいな軽いノリで観ると結構楽しめるかと思います。

ロボコップ
一人で観てもいいが友人とかとワイワイしながら観ても面白いかもな。
ズギャァーン!のとこでみんなでキター!みたいなカンジで(笑)
では今回はこのくらいかな、じゃあの。


ガイコツ
でも筆者はこの作品、深夜に一人で黙々と観たんですけどね・・・(笑)
ではまたー。





↓よろしければ「ポチッとすんべ!」的な軽いノリでポチッと!↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スポンサーサイト
[ 2013/01/13 22:56 ] サ行 ジェームズ・ワン | TB(2) | CM(4)
私は結構恐がれたんですよ
おはようございます。
この作品、私も夜に一人で部屋暗くして観ていたんですが
 くるよくるよ、ほらっ!
 あるよあるよ、ほれっ!
っていうシーンできっちり身体全体で飛び上がり、恐がらせてもらいました。
ダース・モールはちょっとアレでしたが、オーソドックスなちょっぴり懐かし目の
オカルトホラーとして良作ですね。
同じような感じかと思って借りた『ヴァージニア』は、かなり路線が違いましたが..。
(TB打たせてもらいますっ)
[ 2013/01/14 10:57 ] [ 編集 ]
Re: 私は結構恐がれたんですよ
コメントありがとうございます!

「くるよくるよ」のところの高揚感がすごい好きです!
あとこの作品は出せる音量が限られてる(まして深夜だと)家ではなくて劇場で観たかったなぁと今更ながら思いますね~。
ズギャァーン!も劇場の大音量でやられたらもっとすごくビビって楽しかったと思います(笑)

こういう作品も遊園地のお化け屋敷みたいで面白いですね~、正直観る前はナメてたんですが見直してしまいました。

「ヴァージニア」は私もてっきりホラーかと思ってましたがアル中のファンタジーなんですか(笑)
ヴァル・キルマーの笑顔を見るために観てみようかなぁ・・・。

TBありがとうございます!こちらからも打たせていただきます!
[ 2013/01/14 14:39 ] [ 編集 ]
苦手だけどホラー好き!にはちょうどいい作品でした。
こんにちは!!

古き良きゴシックホラーという感じがして、僕は割と楽しめました、この作品(^^)
僕みたいな「グロとか怖いの苦手・・・」という人が軽く楽しめる感じで良かったです。
・・・でも、確かにボスのダース・モールは正体が明らかになってからは「う~ん・・・」でしたね(笑)

個人的にはフィルム(だったかどうか曖昧なのですが・・・)に映った二人の白い女の人が、かなりぞくっとして怖かったです。『シャイニング』の双子を思い出して・・・。その映像はかなり後引きましたね・・・(笑)

ではでは。TB送らせていただきます。

[ 2013/01/15 17:15 ] [ 編集 ]
Re: 苦手だけどホラー好き!にはちょうどいい作品でした。
コメントありがとうございます!

この記事だと色々怖くないだの書いてますが作品自体は私もすごく楽しみましたし好きですよ!
重~くて引きずるものも多いホラーですがこういうサクッと楽しめるものもいいなと思いました。
ダース・モールは思ったほどどうしようもなく恐ろしいカンジがなくてアレってなりましたけど(笑)

シャイニング的な双子、色つきフィルムをカシャカシャ切り替えていくところで出てきましたね!
ダース・モールは夜枕元に立ってるのが想像できませんが、あの双子は枕元に立ってたらちびります(笑)

TBありがとうございます!こちらからも送らせていただきます。
[ 2013/01/15 21:38 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

『インシディアス』(2011) - Insidious -
正当派オカルトホラー。あなたはお化け屋敷に一人で入れるか!? ■インシディアス -Insidious-■ 2011年/アメリカ/103分  監督   :ジェームズ・ワン  脚本   :リー・ワネ
[2013/01/14 10:58] momoな毎日
私は『インシディアス』を見た
今回は、『ソウ』シリーズのジェームズ・ワン監督と、『パラノーマル・アクティビティ』シリーズのオーレン・ペリ監督が手を組んだホラームービー、「インシディアス」です。 あ
[2013/01/15 17:17] タコの映写室


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。