スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ロボコップ ~ぎこちないのがいいのさ!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「ロボコップ」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はポール・バーホーベン監督の1987年の作品だ。
まあこのアイコン見れば分かると思うが筆者の大好きな作品だぜ。
年の初めは好きな作品でも観ようじゃないかということで観たようだ。


ガイコツ
ちょうど年末セールでワゴンに叩きこまれてたロボコップトリロジーBOXを救出したばっかりでしたしね。
ワゴンから寂しそうに見つめるロボコップにコロリといってしまったようです(笑)
表紙もカッチョよかったですし。

トリロジー
どうする?アイフル
ロボコップ
ワゴンにあったということはあんまり売れてなかったのかしら・・・好きな作品だけにお得感と同時に一抹の寂しさも感じてしまったぜ(笑)
ではそろそろ内容の話に移ろうか。
ストーリーはこんなカンジ。





近未来。世界は混乱の極みに達し、叛乱鎮圧のため核爆弾が使われる時代だった。デトロイトでは旧市街が犯罪の巣窟と化し、警察経営を民間企業のOCPが請け負っていた。保安担当のジョーンズは巨大な警察ロボットEDー209を披露するが失敗に終わった。モートンは、サイボーグ警官ロボコップのアイディアを売り込み社長の承認を得た。南署へ、マーフィが配属され、美人刑事ルイスとコンビを組むことになった。強盗一味を追跡して廃工場ヘ二人は潜入した。だが逆に一味にマーフィはなぶり殺しにされてしまう。モートンはマーフィの身体を土台にロボコップを作りあげ、南署に配属した。ピストルをくるくるまわす仕草に、ロボコップがマーフィと気付くルイス。しかし、彼に過去の記憶はなかった…。
goo映画より引用
ロボコップ1
キャー!ロボコップサーン!
ガイコツ
悪党どもに蜂の巣にされた警官マーフィーがサイボーグ警官ロボコップとして蘇り悪党どもと再び対峙する!的な話です。
ストーリーだけ読むと割と普通にありそうな話にも見えるんですが監督がまあ何と言っても大変態変わりもののバーホーベンですからね、普通には全くいきません。

ロボコップ
大変態変わりものっぷりがシーンの端々から一々感じられるのがスゴイよな(笑)
「スターシップ・トゥルーパーズ」なんかでもあったが、テレビ番組とコマーシャルとかの趣味の悪さとか拍手ものだわ。


ガイコツ
変態は変態でもここまで極まった変態だとすごい才能になるんだな~と感心してしまいますよね(笑)
グロくてシニカルなシーンがホント多いですがそれぞれのネタがしっかり笑いに昇華されていてあまり不快なカンジにはなりません。
いや、筆者がそうでなかっただけで不快になる人もそれなりにいるかもしれません(笑)

ロボコップ2
不快にならないでちょんまげ!
ロボコップ
次にロボコップについてだけどあの重厚感と動きがぎこちないのがたまらなくいいよな!
なんかいかにもロボですよーっていうカンジで。


ガイコツ
Wikiとかによると実際ホントにロボコップ装備が重くて上手く動けなかったらしいので動きのぎこちなさに関しては怪我の功名みたいなところもあるかもしれませんね(笑)
あとは銃撃など敵の攻撃をあまり避けないところとかも無敵なカンジがしていいですよね。


ロボコップ
避けたのは車を化学物質に突っ込ませたときとED-209のミサイル避けたときぐらいかな?
俊敏な動きで敵を翻弄するのもいいとは思うんだけどやっぱり重厚なヒーローにしかできない敵の攻撃に動じないマッチョな戦い方って憧れるよな。


ロボコップ3
ヒーローは堂々としているものなのだ!
ガイコツ
さっきチラッと名前が出てきましたが敵のマシンとして出てきたED-209は敵ながらキュートですよね。
ストップモーションでロボコップと同じくこちらも少しぎこちない動きなんですけど何とも言えない愛くるしさがあります。
ちょっとドジっ子特性もありますしね(笑)

ロボコップ
階段でこけるのはカワイイので許せるが、銃乱射のところはドジっ子で済ませていいレベルの話ではないけどな・・・。
作品初っ端であのグロシーンは初めて観たときビビったわ、「エッ!?これ子供も観られるヒーローものじゃないの!?」って(笑)


ロボコップ4
てへぺろ☆(・ω<)
ガイコツ
あとこの作品は音楽がいいですよね~。
壮大で勇ましいカンジの音楽がロボコップの活躍と合わさる所なんかはもう最高です。
あと細かいですがそれにあわせてロボコップの車が駐車場から出るときバンパーが擦れて火花をあげるところも最高ですね。

ロボコップ
この音楽を作曲したベイジル・ポールドゥリスって「スターシップ・トゥルーパーズ」の音楽も手掛けてる人なんだな。
他の作品もなんか勇ましそうな作品が多いしそういう系の音楽はお手の物の人なんだろうな。


ロボコップ5
あぁ勇ましき哉、ロボコップ!
ガイコツ
そろそろまとめに入りますが、
バーホーベン先生のド変態具合と鈍重マッチョ系ヒーローロボコップの活躍を楽しめて一度で二度おいしい作品ですね。


ロボコップ
バーホーベン先生のド変態具合が大丈夫な方でまだ観たことないという方は是非観て欲しい作品だぜ。
何というかもう色々最高だから!
では今回はこのくらいかな、じゃあの。


ガイコツ
車が駐車場から出るとき火花をあげるのにも注目ですよ!
ではまた~。





↓ロボコップは奥が深い。この記事ではまだ0,3%くらいしか語れていない。他の方の記事も是非参照してほしい↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スポンサーサイト
血湧き肉躍り指も吹っ飛ぶオモシロさ
こんばんは、またもツボ映画だったので反応してしまいました(ーー;)

もうそんな前の映画になりますかねー・・・ある種の嗜好を持つ人(ワタシのような輩のことです(__;))にとってバーホーベン映画に局地的ハズレなしと盲信していますが、これはハリウッドデビュー作と言うこともあってか力の入れ具合がかなり違っていたような気がしますね。

容赦ないバイオレンス描写が面白さのキモではあるんですが、自分の意に反して機械の体にされたマーフィーが自我を少しずつ取り戻していくところなんかもすごい好きなところでした。オチも旨いこと処理したなと思いますし。

あと音楽良いのは僕も大賛同(^^) 当時はサントラも何回聞いたかわからんくらい聞き込んだものです。今でも憶えているのが当時売られていたCDの解説がかなりえーかげんで、ロボコップの能力解説みたいなのが載ってたんですけど「分厚い鉄の扉をパンチ○発でぶち抜く」みたいなオマエ映画を見たまま書いとるやろ!と言いたくなるような内容でした。あのライナーだけは酷かったですねー・・・もうだいぶ前に売っちゃったんで手元にはないけど久しぶりに聴きたくなってきました。
[ 2013/01/07 21:28 ] [ 編集 ]
Re: 血湧き肉躍り指も吹っ飛ぶオモシロさ
コメントありがとうございます!

バーホーベン映画は私も大好きです!(変態的な意味で)
その中でもこれと「スターシップ・トゥルーパーズ」は特に好きです。
だいぶお年ではありますが、もう新作撮ったりしないんですかね~。

たしかに自我を取り戻していくところも素晴らしいですね。
妻たちが引っ越して空き家になった家の中をうろつくシーンの虚しさは突き刺さります。
オチも大団円というよりニヤリとする気の利いた終わらせ方がいいですね~。

音楽はホント最高ですよね~。
お話を聞いていたら私もサントラ欲しくなってきちゃいました(笑)
ライナーの酷さも含めて一度手にしてみたいです、中古屋に置いてたりするだろうか・・・。
[ 2013/01/08 00:08 ] [ 編集 ]
火花シーンは見どころですね!
「ロボコップ バンパー 火花」
で検索してたどり着いた者です。

昨晩友達と飲んでいてロボコップの話しになり、私が
「駐車場から出て行く時、バンパーを擦って火花を散らすところが見どころだ!」
と、酔いの勢いで熱く語っても理解してもらえませんでした。

そのままの勢いでちょうど公開日だったリメイク版ロボコップを鑑賞したのですが、きっと再現してくれるだろうと期待していた火花シーンが無く、昔のロボコップが大好きな私としてはちょっと残念な感じの内容でした。

火花シーンはやっぱり名シーンですよね!

今は旧三部作が観たくて観たくて仕方がありません。
Blu-rayのトリロジーBOX羨ましいです!
[ 2014/03/15 09:50 ] [ 編集 ]
以前、ロボコップ・アルティメットエディションをワゴンから救出したわたしが来ました。うーん、alai氏と行動がかぶってしまった・・。わたしはそちら側の人間じゃないのに・・。
とは言え、パトカーが火花を散らしながら出勤するシーンは確かに痺れましたよ。この作品、わたしがはじめて観たのは小学生の時にレンタルビデオで見たのですが、当時はTSUTAYAとかも無くて、親と一緒に隣町のレンタル屋まで行って、一本一泊千円くらいの料金で借りて見たのです。親は暴力的なシーンに眉をひそめてましたが、わたしと兄はこのエキサイティングなアクション映画を夢中で見てました。兄なんて、その後しばらく、言動がマーフィーになってましたし。
さてさて、バーホーベン版の初代ロボコップから長い時を経て、このたびリメイク版が公開される事となりました。ロボコップは思い入れの強い作品だけに、期待半分、不安半分と言ったところですが、これは劇場で見なければならないでしょうね。
[ 2014/03/15 11:41 ] [ 編集 ]
Re: 火花シーンは見どころですね!
コメントありがとうございます!

なかなかマニアックな検索キーワードでたどり着かれたんですね~。
いや何でも思ったことは書いておくもんだな~と思いました(笑)

ロボコップの数ある名シーンの一つだと思うのですが、私も力説すると大抵理解されないばかりかロボコップにはそんな大したことないシーンしかないのかと誤解されることすらあり枕を濡らす日々が続いています(笑)

私も今日リメイク版を観てきたのですがおっしゃる通りで火花のシーンがなかったのが残念ですね~。
他にも色々ありましたが私も昔のロボコップの方が好きです。

1だけですが最近4Kリマスターできれいになったブルーレイが出たみたいなのでそれを買おうか悩み中です・・・。
[ 2014/03/16 23:35 ] [ 編集 ]
Re: ユウさん
コメントありがとうございます!

ユウさんもワゴンから救出されていたんですね!
いやいや、私はユウさんをこちら側の人間・・・それも私よりも先輩という認識でいつもお話させていただいておりますよ・・・!(笑)
パトカー火花党の同士が見つかって嬉しい限りです。昔はソフトの価格もレンタル料も高かったですよね~。今はTSUTAYAとGEOの登場で本当に安くなりました。すると今度は多様性が減ってしまったという面も否めないですが・・・。
ロボコップの暴力表現は悪い暴力表現じゃないと思います!じゃあ何が悪い暴力表現なのかと言われたらよく分かりませんが・・・(笑)マーフィーの真似はやりたくなりますよね~!私も最近はリメイク版のCM観る度に“デドアラーイブ・・・”みたいに復唱しそうになります。

リメイク版は私も劇場で観ねばならぬと思い、今日観に行ってきたのですが・・・。
詳しくはまた今度書きますね。
[ 2014/03/17 00:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。