スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

さまよう魂たち ~パワフル!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「さまよう魂たち」について話してきましょう。


ロボコップ
この映画はピーター・ジャクソン監督の1996年の作品だ。
筆者は「ホビット 思いがけない冒険」を観る前に復習で「ロード・オブ・ザ・リング」三部作を観ようとレンタル店に行ったんだけど既に借りられていて仕方なく監督が同じこれを借りてきて観たようだ。

ガイコツ
まあ「ロード・オブ・ザ・リング」借りることができていたとしてもツイッターで教えて頂いた情報によると三本で合計10時間を優に超えるらしいんで途中で挫折していた可能性大ですけどね(笑)


ロボコップ
復習を諦めてこのままずっと前に読んだ原作とずっと前に観た三部作の記憶だけを頼りに観に行っても良いものか・・・。
とまあその話は置いといてそろそろ内容の話に移ろうか。
ストーリーはこんなカンジ。





妻を交通事故で失ったフランクは、なぜか幽霊と話せるようになっていた。彼はその能力を使い、知り合いになった三人の幽霊たちとインチキ悪霊払いを始める。やがて女医ルーシーと親しくなったフランクだが、ある日、彼女の額に数字が浮かび上がった。それが死の刻印だと知っていた彼は、三人の幽霊たちと共に死神と争う事になるのだが……。
allcinemaより引用
さまよう魂たち
も、元々LOTRよりこれ観たいと思ってたし・・・(震え声
ガイコツ
前半コメディなカンジで設定紹介、主人公とヒロインがいいカンジになる。後半ヒロインを狙う“死神”&主人公を追うFBIエージェントと主人公たちのハチャメチャ追いかけっこ的な話です。
話がカオスでうまくあらすじ説明できないです(笑)

ロボコップ
まあとりあえず主人公たちが霊からも人間からも追い回されてわ~みたいな話だと思っておけば間違いないと思うぜ(笑)
よくこんな空中分解しそうな話をまとめあげたよな。


ガイコツ
まとめあげたというよりも力技でねじ伏せた感の方が強いですけどね(笑)
「ブレインデッド」のときもそうでしたが話の粗を気にする暇を与えずたたみかけるように話を展開させていきますよね。


さまよう魂たち1
PJの力技にマイケル・J・フォックスもお手上げ
ロボコップ
この作品はピーター・ジャクソンパワーで話の進め方がパワフルな上に役者さんたちも濃くてパワフルなのがすごいよな。
主役のマイケル・J・フォックスもいい演技をしているんだが、わき役たちがそれを押しつぶさんとばかりにエキセントリックなキャラを熱演してるのな。

ガイコツ
主人公を追う偏執狂のFBI捜査官役のジェフリー・コムズとか最高でしたね(笑)
どこかで見た顔だなーと思ってましたがそういえば「死霊のしたたり」でもしっかり似たようなマッドな役演じていましたね。


ロボコップ
筆者の頭の中で彼は完全にマッド俳優として記憶されつつあるな(笑)
あと見た顔と言えば「E.T.」とか「クジョー」で母親なイメージのディー・ウォーレスがネタバレになるので詳しくは言えんが今回は恐ろしくエキセントリックな役を熱演してて驚いたぜ。


さまよう魂たち2
今のところマッドな印象しかないジェフリー・コムズ氏
ガイコツ
ピーター・ジャクソンのホラーということで筆者の大好きな趣味の悪いグロ表現がもちろんあるわけですが今回はそれを幽霊の青白いエフェクトをかけてぼかすという文字通りオブラートに包んだ表現になってましたね。


ロボコップ
ハリウッド仕様でマイルドにはなっているんだがぼやかしの裏ではしっかりおぞましい光景が広がっていて「どんな制約があろうと俺はこれをやりたいんや!」っていうこだわりを強く感じたぜ。
結局ぼやかすのに我慢できなくなったのか1ヶ所だけモロに写してたところもあったけど(笑)


さまよう魂たち3
ぼやかしさえすればどんなにぐちゃぐちゃにしてもセーフ!
ガイコツ
あと今回は青白オブラートにはもちろんですし他の多くのところにもCGが使われているんですが、CGの古さや作りものっぽさを目立たせないような見せ方が一部されていていいですね。
ゆっくり見せると粗まで全て丸見えになってしまうのでCGの部分はそこらじゅうをすごいスピードで動き回らせてみたり。

ロボコップ
あとは青白オブラートかける前の状態でもしっかりと特殊メイクを施したりしててアナログな手法とCGをうまくミックスさせているのが好感が持てたぜ。


さまよう魂たち4
ぼやかす前はアナログじゃー!
ガイコツ
そろそろまとめにはいりますが、
正直ストーリーはちょっとアレな部分もありますがそれをものともせぬ力技でとにかく押し切られてしまうパワフルな作品ですね。


ロボコップ
観た後何も残らないがとにかく楽しくハイテンションなのがいい!っていう方にはオススメの作品だな(笑)
では今回はこのくらいかな、じゃあの。


ガイコツ
あとは筆者のようなLOTR難民の方々も借りられるようになるまでの間に先にコチラを観てみてはいかがでしょうか。
ではまたー。





↓よろしかったらパワフルにポチッていただきたい↓

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。