オールド・ボーイ ~外道!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「オールド・ボーイ」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はパク・チャヌク監督の2003年の作品だ。
「チェイサー」に続き家に積んであった韓国映画シリーズ第二弾だぜ。


ガイコツ
シリーズといってもこれで終了ですけどね(笑)
韓国映画じゃなければまだだいぶ積んでありますけど。
観ては買ってきて積みを繰り返して一向に減りません。


ロボコップ
何か無限マラソン状態になってるな・・・・一体いつゴールは見えるのだろうか(笑)
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。





オ・デスは妻と一人娘を持つ、平凡なサラリーマンだった。ある日、娘の誕生日プレゼントを買って帰る途中、忽然と姿を消す。妻との不仲から、殺人容疑で指名手配されるが、実はオ・デスは何者かに連れ去られ、15年もの間監禁されていたのだ。15年後、監禁から脱出した彼は、敵を突き止め復讐することを誓う。その時敵から、「犯人と監禁された理由を5日間で解き出さないと殺す」とメッセージが。復讐に燃えるオ・デスは、美しい恋人ミドと知り合い、共に犯人を捜す。しかし、これも犯人が巧妙に仕組んだ罠なのだった。
オールドボーイ
しまったこれは罠だ!
ガイコツ
なんか知らんけど15年監禁された!そしてなぜか知らんけど解放された!監禁の間に妻は殺され娘の消息も分からんようなってもうた!そんな中偶然出会った若い女の子とフォーリンラブ!でもワイはなぜ監禁されたかを解明してさらに復讐を果たすんや!的な話です。
今回も韓国映画お得意の復讐劇ですね。

ロボコップ
復讐劇とはいっても今回はただ復讐するだけじゃなくって話が展開していくにしたがってなぜ主人公が監禁されたのかという謎が解き明かされていくというのが面白いよな。
はじめは話のごく一部しか見えていなかったものが段々と情報が与えられていって最後に話がすべてつながるというカンジ。

ガイコツ
話が全てつながったときの衝撃はなかなかのものです。
この映画の場合全くスッキリしないどころか、余計にげんなりしてしまうんですけどね(笑)


オールドボーイ1
復讐のカナヅチ男!
ロボコップ
役者さんたちの演技もなかなか見応えがあって物語に緊張感を与えていてよかったな。
特に主人公のオ・デス役のチェ・ミンシュクは素晴らしかったわ。
顔全体としてはくたびれた雰囲気だけど目だけがギラギラしてて異様なオーラを放ってたな。


ガイコツ
またネタバレになるので詳しくは言えないですが真相を知ってしまった後の演技も凄まじかったですよね。
まさに危機迫る演技って言葉がピッタリでした。


オールドボーイ2
油断している視聴者に顔面パンチ!
ロボコップ
あと主人公を監禁した男役のユ・ジテも不気味な曲者感が出てて良かったな。
腕っ節は強そうじゃないんだが主人公の急所は常に把握していて不敵な笑みを浮かべてるや~なカンジ。


ガイコツ
全ての真相が明らかになり、彼の笑みの意味が分かったとき一段と恐ろしさが増しますよね。
韓国映画の悪役はどいつもこいつもとんでもない外道が多いですがコイツもまた恐ろしい外道っぷりを発揮してくれます(笑)


ロボコップ
あとこの作品の悪役は最後もまたすごく印象的だったな。
序盤で自らが語っていた復讐とその結末を象徴するようなカンジで。


オールドボーイ3
The 外道!
ガイコツ
最後と言えばこの物語のラストはすごく何とも言えない終わり方でしたねー。
主人公たち本人はラストの瞬間は幸せかもしれないけど実際は・・・というモヤモヤ感が残ります。


ロボコップ
またそれを主人公自ら選択したっていのうのですごいモヤモヤ感が増すんだよな。
いっそ思いっきりバッドエンドにしてくれた方がマシだと思うような生殺し感があるぜ。


オールドボーイ4
フォーリンラブした二人の運命は・・・?
ガイコツ
そろそろまとめにはいりますが、
韓国映画お得意の復讐劇の要素と真相が徐々に明らかになっていくサスペンス要素が相まって全編通して目が離せない作品になっていますね。


ロボコップ
「それ、扱っちゃいますか!?」みたいなテーマもガンガン入ってて、すごくエグイ話だが面白い作品ではあるので興味のある方は観てみてはいかがだろうか。
では今回はこのくらいかな、じゃあの。


ガイコツ
この作品も心が健やかなる時に観るのをおススメしますね(笑)
ではまたー。





↓クリックしていただけると筆者の心が健やかになります↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スポンサーサイト
[ 2012/12/14 23:42 ] ハ行 パク・チャヌク | TB(1) | CM(6)
大人のトラウマ
ここらへんの韓流ハードコアは大人にもトラウマ植え付けますよね(笑)。見終わった後に、必ず満足感と同時にめちゃくちゃ引いてる自分のピュア・ハートを感じさせられて、「あ、俺にもまだヒューマンな心が残ってたんだ」と実感できます(笑)。

同じ監督の「復讐者に憐れみを」という作品は「オールドボーイ」から一切の救いを取り去った感じで、全くオススメできませんが(笑)、ぺ・ドゥナという女優さんの濡れ場だけは大コーフンです。韓国の女優さんは皆さん割かしよく脱ぐから大好きですよ。「オールドボーイ」の幼顔のヒロインもかなりイイ脱ぎっぷりでしたね。

昨今の日本映画は落ち目の女優にしか脱がせないという悪しき風潮があるのが何とも残念でなりません。男のスッポンポンは控え目でいいから(「悪の経典」とか)、もっとサンタフェな奇跡をスクリーンで見せてほしいですね。「今日、恋をはじめました」とか言ってないで脱ぎやがれコノヤロー!! …あ、すみません、思わず熱くなってしまいました…。
[ 2012/12/15 09:25 ] [ 編集 ]
Re: 大人のトラウマ
コメントありがとうございます!

この手の映画は積極的にトラウマ植え付けにきてますよねー、それを分かっててもホイホイ観てしまうんですが(笑)
はらわたドバーッなものですら喜んでいている自分も人間的にまだギリギリ一線を超えず踏みとどまっているなという謎の安心感も感じましたねー。

さらに救いのない作品ですか・・・観たいような観たくないような。
すっぽんぽんが素晴らしいからと言ってそれに釣られて観たら酷い目に遭いそうですねー(笑)
「オールド・ボーイ」のすっぽんぽんも素晴らしかったです(もちろん芸術的な意味でw)

一部の映画でちょっとタレントさん大事にしすぎちゃうか?と思うところもありますよね。
粗末に扱えってことではないんですが挑戦させるところはバシッとやらせた方が作品にとっても役者さんにとってもいい気がするんですけどねー。
日本だと園子温監督なんかはコレ撮りたいから脱げっ!てカンジでよく脱がしてて(主に奥さんを)その姿勢には好感が持てます。作品は好きなのも嫌いなのもありますが・・・。
[ 2012/12/15 15:35 ] [ 編集 ]
がぜん、見たくなりました。
どういうわけか、衝撃の真実だけ先に知ってしまい、映画を見る前にげんなりして、見る気がなくなってしまった作品なんですが、コップさんの解説を読んで、がぜん、見たくなりました。
主人公のおっちゃんも、男くさいビジュアルだし・・・。好みではなかったんだけど。

ツタヤディスカス(ネットレンタル)で旧作借り放題なので、リストに入れてみます。

そうそう、日本でも落ち目以外の女優さんでかっこいいくらいに気前よく脱いで演じる人っていますよね。
吉高由里子の「蛇にピアス」を見て、ぶっとびました。 かっこいいです。

この人の前作は、「紀子の食卓」(園子温監督・・ただしこの映画では脱いでないけど)なので、これも何かのご縁なのかもしれませんね。 

韓国映画って、かなり苦手感があるのですが・・・
「箪笥」とか、「四人の食卓」とか、ラブロマンスの「オオカミの誘惑」でさえも。
暴力やいじめ描写がすごかったり、感情表現がド派手というか。

でもがんばって、見てみようかな。 あ、でも年末に落ち込むのは無理かな。
主婦はこれからクリスマスと大掃除とおせち作りが控えていますから!
やっぱ、来年以降にします。
[ 2012/12/17 08:06 ] [ 編集 ]
Re: がぜん、見たくなりました。
コメントありがとうございます!

この映画でネタばれはかなりげんなりしそうですねー。
私は友人に「SAW」でそれやられて「まじかーコイツ生きてんのかー」って映画冒頭からずっとげんなりしたことがあります(笑)

「蛇にピアス」は未見ですが、吉高由里子は初主演からすごい体張ってるんですねー、ビックリ。
体を張るべきところでバシッと体を張れるのは素晴らしいですね。

園子温監督は若手の役者さん見つけてきてブレイクさせるのが上手ですよね。
最近だと染谷将太と二階堂ふみが二人揃って出演しているのをときどき見ますし。

韓国映画は独特の暗さというか湿っぽさがあって、すごいけど何度も観たくないっていう作品が多い印象ですねー。
あとおっしゃられている通り全体的に日本だと行き過ぎだろと思ってしまうくらい過激ですよね、そこが魅力でもあるんですが。

年末年始も主婦の方々は休みなしで頭が下がります。
私はおせちはおろか大掃除するかも怪しいです・・・。
来年余裕ができましたら是非観てみて下さい。
[ 2012/12/17 23:30 ] [ 編集 ]
こんにちは!!
とうとうご覧になりましたか・・・(笑)

この映画は僕が初めて観た韓国映画で、かつ「韓国映画ってすげぇ!!」と思わせてくれた作品です。
また、この映画で主演のチェ・ミンシクさんの大ファンになりました。全編通しての鬼気迫る演技力は魅かれました!
記事にも書かれている通り、ホントにげんなりするラストなんですが、僕は鑑賞後のなんとも言えないもやもやした余韻がなぜか快感でした(!?)。この映画をきっかけに好んで最悪なラストの映画を選んで観るようになったと思います。
個人的にいろいろと思い入れのある映画です(^^)

友人に「何か面白い映画ない?」と聞かれたらとりあえずこれをオススメしています。
・・・ただし一言「最低だけど最高の映画だよ」と付け加えて(笑)

TB送ります。ではでは。
[ 2012/12/23 00:57 ] [ 編集 ]
Re: こんにちは!!
コメントありがとうございます!

はじめての韓国映画がこれだとスゴイ衝撃でしょうね~(笑)
チェ・ミンシクさんすごいですよね。ジャケットで失礼ながらなんかさえない顔だな~と思ってしまったんですが本編で見たら圧倒されてしまいました。
モヤモヤ感がクセになるのは分かります!もう観たくないぞ~とか言いつつ段々惹かれている自分がいると言うか(笑)

友人に勧めるときは一言ないと相手もビックリしてしまうでしょうね~。
あってもビックリかもしれませんが(笑)
こういう作品だったら観た後の感想聞くのもいろんな意味で楽しみになりそうですね。

TBありがとうございます!こちらからも送り返させていただきます。
[ 2012/12/24 00:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

私は『オールド・ボーイ』を観た
あらすじ:ごく平凡な人生を送っていたデスは、ある日突然拉致され、気がつくと小さな監禁部屋にいた。 理由もわからぬまま15年監禁され続け、突如解放される。復讐を誓うデスの...
[2012/12/23 00:58] タコの映写室