スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ゴジラvsビオランテ ~vs靖子~

ガイコツ
どうもです。
今回は「ゴジラvsビオランテ」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はは大森一樹監督の1989年の作品だ。
1984年の「ゴジラ」の続編にあたる作品だぜ。
とはいってもそれを観てなくても十分理解できるようにはなってるけど。


ガイコツ
筆者は先日、先端に大きな飾りがついたクリスマスツリーを見た際「なんかビオランテみたいだな・・・」と思い懐かしくなってこの作品を観ることにしたようです。


ロボコップ
そこで普通に「わあ、キレイだな」とか言えないところに筆者の根深い病理を感じるぜ・・・(笑)
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。





ゴジラが新宿を襲撃した後、その場所からゴジラ細胞を極秘に盗んだ奴らがいた。奴らはサラジア国の者で、そこで遺伝子工学の白神博士がゴジラ細胞の研究を行っていた。しかし、研究所は「バイオ・メジャー」と呼ばれる組織に破壊されてしまいそのときに博士の娘英理加も死んでしまう。~ゴジラが三原山に落ちてから五年後、超能力少女三枝未希はゴジラの動きを感じる。ゴジラ対策のため国土庁は対ゴジラ用の抗核バクテリアを開発する。また、博士もゴジラ細胞と娘の英理加の細胞とバラとを組み合わせ、ビオランテを作り出してしまう・・・
みんなのシネマレビューより引用
ビオランテ
オ~タンネンバゥム!(ビオランテはバラです)
ガイコツ
ゴジラ細胞を巡る争いに巻き込まれ沢口靖子が爆殺さる→著名な博士である父、沢口靖子細胞をバラに移植し見た目はバラ、頭脳は靖子なバラを栽培→バラ口靖子が枯れそうなので猛烈な再生能力を持つゴジラ細胞を移植→バラ口靖子、ビオランテに!
的なストーリーです。


ロボコップ
すごく乱暴な説明だな(笑)
ビオランテについては大体あってるんだが、この作品はそれに加えて自衛隊vsゴジラの物語も並行して進行していってるよな。
ゴジラとの戦いもビオランテと同じぐらい時間を取って描かれているしな。


ガイコツ
対ゴジラ兵器もスーパーX2やら抗核エネルギーバクテリアやらサンダーコントロールシステムやら色々出てきますしね。
特にスーパーX2がファイヤーミラーなる必殺技でちょこざい動きをしながら意外に時間稼ぎ活躍をしたのは面白かったですね、音楽も心躍る感じで良かったですし。

ビオランテ1
思ったより強かったぞ!スーパーX2!でもいつも通り想定外の故障!
ロボコップ
ビオランテについてはやっぱりデザインが独特で面白いよな。
ビームとか腕っ節が強いわけじゃなくて攻撃方法も遠距離ツタアタックで捕縛して酸吐きかけとかちょっと独特だし。


ガイコツ
第二形態では普通に突進もしてきますけどね(笑)
てっきり動けないかと思わせたところであのダッシュの迫力は度肝を抜かれます。
あとポスターにもなってますけど顔が大きく映るシーンはゴジラよりデカイんでこちらも迫力がありますねー。

ビオランテ2
上から目線でゴジラに唾を吐きかける沢口靖子!
ロボコップ
ゴジラはいつも通りなんだけどそれがいいよな(笑)
海を渡って、対ゴジラ兵器を蹴散らして街をバチコーンと破壊するっていうテンプレながら心躍る展開


ガイコツ
あと今回はゴジラの登場シーンがいいですねー。
三原山が爆破されてそこに眠っていたゴジラが復活するんですが、爆発をバックに出てくる姿はかなりカッチョイイです。


ビオランテ3
ゴジラ登場!
ロボコップ
最後に物語の展開についてだが、バイオメジャーや国家との科学技術に関する争いや核バランスの問題など子供がメインで観る映画にしては凝ったテーマについて扱ってるよな。
というより筆者が子供の頃この作品の印象が薄かったのはテーマがよく分からんかったからかもしれん(笑)

ガイコツ
テーマがしっかりしてる割に外国人俳優たちの演技がちょっとアレなのが残念ですけどね(笑)
俳優の通訳さんまでキャストとして出てたみたいなんでそのせいかもしれませんが・・・。
日本人の役者さんはゴジラの口にバズーカ撃ちこむ峰岸徹とかゴジラ出現位置を壮大に読み外す高嶋政伸など良いと思うんですけどね。


ロボコップ
高嶋政伸は演技というよりもあの狂気を帯びたようなマジな目がスゴイ印象に残るよな。
役柄でもラストで暗殺者をゴジラに使ったサンダーコントロールシステムで吹き飛ばすというエキセントリックなことやってるし(笑)


ビオランテ4
高嶋政伸のいい画像が見つからなかったので締めは沢口靖子にしてもらうことにする。
ガイコツ
そろそろまとめに入りますが、
割と凝ったテーマ、いつもより活躍する自衛隊、ユニークかつ迫力のあるビオランテ、いつも通り街をぶっ壊すゴジラ、クレイジーな高嶋政伸、そして沢口靖子と楽しめる要素の多い作品ですね。


ロボコップ
沢口靖子はそんな活躍してたか・・・?
いやビオランテとしてはそりゃ八面六臂の活躍だけど(笑)
では今回はこのくらいかな、じゃあの。


ガイコツ
この記事、沢口靖子を猛烈にディスってるように見えますが筆者は沢口靖子が嫌いなわけではないですし立派な科捜研役者さんだと思っています!
気を悪くされた方がいたら大変申し訳ありません!
ではまたー。





 沢口靖子が悪いんじゃない、役柄がおいしすぎただけなんだ・・・
↓気を悪くされた方は、ここにある素晴らしいブログの数々で気分を直して欲しい↓

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スポンサーサイト
[ 2012/11/28 23:29 ] ア行 大森一樹 | TB(0) | CM(2)
沢口靖子の鼻くそボクロをポチッとおせばビオランテに再び変身!
[ 2013/01/16 18:34 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
コメントありがとうございます!
簡潔かつ流れるようなジョークに驚きのあまり言葉が浮かんできません・・・!(笑)
[ 2013/01/16 23:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。