スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

チェイサー ~重白い!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「チェイサー」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はナ・ホンジン監督の2008年の作品だぜ。
この監督の作品は「哀しき獣」を劇場で観たとき以来だな。


ガイコツ
この作品のDVD自体はだいぶ前に買ってはいたんですがいつも通り買って満足して積みっぱなしになっており、それを今回引っ張り出して観てみたようです。


ロボコップ
一緒に買った「オールド・ボーイ」とかもまだ積みっぱなしだし、この際韓国映画ババッとまとめて観てやろうかしら。
ではそろそろ内容の話に入ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。





元刑事のジュンホ(キム・ユンソク)が経営するデリバリーヘルスで、ヘルス嬢が次々と失踪するという事件が起こっていた。ジュンホは彼女たちに渡した高額な手付金を取り戻すため捜索を開始する。 やがて、出勤したミジン(ソ・ヨンヒ)の相手の番号が、それまでに失踪した嬢達が最後に仕事をした相手と一致していることがわかる。ジュンホは単身、男の自宅へと向かっているというミジンの下へ急ぐ。
Wikipediaより引用
チェイサー
地獄の追っかけっこはっじまっるよー!
ガイコツ
デリヘル嬢が連続して失踪する事件が発生、デリヘル嬢の元締めで元刑事のジュンホが捜索と犯人の特定を始める。その調査中でジュンホはある怪しい男ヨンミンに遭遇、彼がデリヘル嬢失踪事件の犯人だとすぐに判明するが・・・的な話です。
追っかけっこしたり韓国映画の特長の骨太な暴力描写があったりでハラハラドキドキの連続でしたねー。

ロボコップ
125分と2時間超えの作品だったが全く中だるみせず楽しめたな。
話の展開的には楽しめたと言うにはなかなか重い内容ではあるけど(笑)


ガイコツ
最初から最後まで徹頭徹尾救いのない話ですからね。
でも話の展開は重くても楽しませようとする部分はしっかりしてて、ただ闇雲に観ている人を憂鬱な気分にさせるだけで終わらせていないところは良かったです。


チェイサー4
女性の運命やいかに・・・
ロボコップ
主人公のジュンホについてだが、最初はデリヘル嬢がいなくなることによってデリヘル嬢の元締めである自分の被る損害を嫌うが、警察沙汰にするのもマズイので自分で調査を始める利己的でクズなキャラクターとしてはじめは描かれているんだよな。


ガイコツ
最初は主人公も女性たちへの心配からスタートしているわけではないんですよね。
でもそれが行方不明になったデリヘル嬢の娘との出会いなどによって女性の命のために誰よりも一番必死になっていくという変化が面白くもあり虚しいところですよね。


ロボコップ
途中からは警察も絡んでくるんだが警察は犯人を起訴まで持って行って手柄をあげることに拘泥していて被害者の安否など大して気に留めていないしな。
序盤で犯人が被害者を襲おうとするとき言った「お前が消えても誰も探さないさ」っていう言葉が話が進んでいってもずっしりと重くのしかかってくるぜ。

チェイサー2
一人奮闘する元締めのオッチャン
ガイコツ
犯人のヨンミンについては犯罪に走る衝動の原因はかろうじてあるもののとにかく悪い奴としてかなり突き放した目線で描かれているのが印象的でしたね。
その犯人がどのような生い立ちだったかなどの情報は作中では明かされません。


ロボコップ
なので犯人は終始何考えているか分からない得体の知れない存在になっているぜ。
どうやら生い立ちなどを描いてそれが事件につながったと納得させてしまうのが嫌ではあえて描いていなかったみたいだな。


チェイサー3
深い深い闇が・・・
ガイコツ
最後に題名通りチェイスするシーンについてですけど、カーチェイスではなく男たちが必至こいて走ってチェイスしてる姿がなかなか良かったです(笑)
たしか「哀しき獣」でも走ってチェイスするシーンがたっぷりあった覚えがありますし監督が好きなのかもしれませんね。


ロボコップ
絵面的にはちょっと地味ではあるんだが写し方や打楽器のドコドコくる音楽でうま~く疾走感や迫力が出ててるよな。
まあ単純な筆者は打楽器がドコスコドコスコいってるだけで既にノリノリになっちゃうんだけど(笑)


チェイサー1
ドコスコドコスコドン!
ガイコツ
そろそろまとめに入りますが、
ストーリー自体は重めで救いのない話ですが、それをハラハラドキドキで最後まで飽きさせずに展開させていて面白い作品ですね。


ロボコップ
監督の描こうとしてることも分かりやすく伝わってきていい作品なので少しのグロと満載された暴力シーンが大丈夫な人は是非是非。
では今回はこのくらいかな、じゃあの。


ガイコツ
このページ見てる奇特な方たちはだいたいグロとか暴力とか大丈夫な人ばかりだと思いますけどね(笑)
ではまたー。





↓明日やろうはバカ野郎。今日も積んであるDVDをせっせと観る筆者に活力をください↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スポンサーサイト
[ 2012/11/25 22:52 ] ナ行 ナ・ホンジン | TB(1) | CM(4)
これぞ韓流ハードコア!!
私はこの作品を見て、韓流ハードコア(勝手に命名)の世界にハマりました。悪党を追い詰める主人公がデリヘルの元締めってだけでも凄いですよね(笑)。その主人公も最初は人非人として描かれているし。

私的な韓流ハードコア最高峰は「悪魔を見た」ですが、他にも「グエムル」、「オールド・ボーイ」、「殺人の追憶」、「母なる証明」、「息もできない」、「オアシス」、「甘い人生」、「グッド・バッド・ウィアード」、あと恋愛ファンタジーなんですが、「彼とわたしの漂流日記」というやつも面白かったです。

韓国映画の作り手側の気合の入り方や技術力の高さにも驚かされますが、同時に役者たちの演技の幅の広さにも驚かされますね。日本の主婦たちがハマっていたような、いわゆる「ハンリュー」のメロドラマなんかに出ているフツーのカワイイおねーちゃんが、一方で強姦されてボロ雑巾のように惨殺される役なんかをやっていたり、「甘い人生」という映画では、あのビョン様がかなりエグい拷問をされてゲロローーーっと吐いちゃう役をやっていたり、なかなか凄まじいですよ。

そのビョン様拷問映画を撮ったキム・ジウンという監督は、作品性も技術力もかなり三池崇史に近いと思います。「悪魔を見た」、「甘い人生」、「グッド・バッド・ウィアード」はかなりオススメです。あと未見なんですが、「箪笥」と「反則王」ってのもかなり面白そうです。
[ 2012/11/26 01:47 ] [ 編集 ]
Re: これぞ韓流ハードコア!!
コメントありがとうございます!

韓流ハードコア、いいネーミングですね~。
主人公については観始めてからしばらくして「えっコイツが主人公かよ」って気付いて驚きました(笑)

たくさんオススメしていただいてありがとうございます・・・!
とりあえず家に積んである「オールド・ボーイ」はまず観るとして、アンジーさん一押しの「悪魔を見た」やどこかで猛烈におススメされていた記憶のある「殺人の追憶」あたりから是非観ていきたいですねー。

そんなに役に振れ幅があるんですか!?
「アジョシ」のウォンビンぐらいの振れ幅で驚いていましたがまだまだ考えが甘かったみたいですね・・・。
日本だと名前が売れた役者さんはあんまり汚れ役を演じないというイメージがあるんですが(伊藤英明がサイコキラーやったら大騒ぎですし)、考え方に違いがあったりするのかもしれませんねー。

三池監督に近い拷問映画というとこの前観た「インプリント」がパッと浮かぶのですがそんなカンジなんでしょうか・・・キツイ(笑)
「続・夕陽のガンマン」インスパイアらしい「グッド・バッド・ウィアード」も面白そうですねー、韓国版西部劇って想像がつきません。カナヅチやら包丁やら痛い武器の印象が強すぎて(笑)
観たい作品がたくさんで目移りしますねーまた積んでしまいそう
[ 2012/11/26 22:06 ] [ 編集 ]
初めまして!!
初めまして、こんにちは!!

実は以前からちょくちょくこブログの方は拝見させてもらってました。
こちらで挙げられてる映画は僕好みのものが多く、参考にさせてもらってます(^^)

韓国のサスペンスものってサディスティックな作品が多くて、どれもゾクゾクしてたまらない(!?)んですよね。
この作品も、観ている側からすれば被害者の彼女の居場所がわかっているのに、主人公がなかなかそこにたどり着けないモヤモヤする演出が、緊張感を盛り上げてて良かったです。・・・観る人によってはストレスにしかならないでしょうけど(笑)

僕の韓国映画のオススメは「オールドボーイ」と「悪魔を見た」ですね。よければ、ご覧になってみてください。

TB送っても良いでしょうか?
[ 2012/12/06 13:23 ] [ 編集 ]
Re: 初めまして!!
初めまして、コメントありがとうございます!

こちらこそタコさんのブログは以前から読ませていただいていました。
遅ればせながらこちらからもリンクにも追加させていただきますね。
不精なものでこんな機会がないとページを全くいじらないもので・・・すいません。

ホント暴力など容赦ないですよねー。うわ~とか顔をしかめながらもすごく惹きつけられます。
たしかに観てる側だけが知ってる状態ってすごいモヤモヤしますよねー。女性が匿われてる店に犯人が来たときなんかはおばちゃん気付けー!刑事行けー!って一人ジタバタしてました(笑)

「オールドボーイ」は手元にあるので観てみます!(明日やろうはバカ野郎と言いつつまだ観てない)
「悪魔を見た」はみなさんから勧めていただいているので是非観てみます。

TBよろしくお願いします。こちらからもTB打たせていただきますね。
[ 2012/12/06 20:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

私は『チェイサー』を観た
あらすじ: デリヘルを経営する元刑事ジュンホ(キム・ユンソク)のところから女たちが相次いで失踪(しっそう)して、ときを同じくして街では連続猟奇殺人事件が発生する。ジュン
[2012/12/06 23:51] タコの映写室


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。