スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

オーバー・ザ・トップ ~戦うお父さん~

ガイコツ
どうもです。
今回は「オーバー・ザ・トップ」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はメナヘム・ゴーラン監督の1987年の作品だ。
監督以外にもプロデューサーとしても多くの作品に携わってるみたいで、すっぽんぽん映画「スペースバンパイア」や楽しい「悪魔のいけにえ2」にも製作として名を連ねているみたいだな。


ガイコツ
筆者はこの作品、フラフラ~と寄った棚でスタローンが手をムキッとさせながら「かかってこい!」って挑発してたので思わず手に取ってしまったようです(笑)


ロボコップ
スタローンに挑発されたら否が応でも借りてしまうわな(笑)男子諸君はみなきっとそうなハズだ!
ではそろそろ内容の話に移ろうか。
ストーリーはこんなカンジ。





放浪のコンボイ・トラッカー、リンカーン・ホークは義父との確執から10年前に妻と息子を残して家を出た。しかし妻が重病との知らせを聞き、義父に内緒で息子と再会し妻の元へと向かう。だがその直後に妻は死に、再び息子も義父の元に。そんななか、ホークはかねてから熱望していた世界アーム・レスリング選手権への出場を決める。息子への思いをぶつけるように、ホークは世界の強豪たちと死闘を繰り広げる。
Wikipediaより引用
オーバーザトップ
かかってこい!
ガイコツ
トラックの運ちゃんのスタローンがアームレスリングを通じて10年ぶりに再会した息子との絆を取り戻す!的なストーリーです。
最初不仲→段々仲良くなる→二人の絆を裂かんとする試練が!→試練を乗り越え本当の絆が生まれる!というすごくベタな展開ですが、分かりやすくていいです。

ロボコップ
まあなんというか展開に関しては安心して観られるカンジの作品ではあったな。
主演がスタローンだからなのか主役のリンカーン・ホークが困ったらすぐ実力行使に走るところは少し気になったけどな(笑)


ガイコツ
子供に会いに来たけど門前払いされた養父の屋敷にコンボイトラックで突っ込むシーンはやってくれることをちょっと期待していたとはいえ度肝を抜かれましたねー。
さすが期待を裏切らない男と言うべきか、この作品でそこまでやらんでもというべきか(笑)


オーバーザトップ1
10年ぶりの息子との再会ということでちょっとおめかししたトラック運ちゃんスタローン
ロボコップ
作品の大きなテーマの一つである親子の絆の修復に関してはトラックで二人旅してロードムービー的なカンジで解決していく様子を描いているんだが、結構あっさり仲良くなっていっちゃうんだよな(笑)


ガイコツ
息子が最初から割とイイ子なので開始20分くらいでスタローンに懐柔(?)されてしまうんですよね。
そして仲良くなった後起こる試練は割と勝手に解決してしまいますしね。
変にもつれてグダってしまうよりは全然いいんですけどほんとアッサリ解決してちょっと拍子抜けします 。


ロボコップ
むしろアッサリ解決しすぎるのはアレだからスタローンが拗れさせているようにも見えるな(笑)
中盤までは絆の修復や試練がメインになているんだが、終盤の方なんかはもはやアームレスリングを盛り上げるための添え物扱いになってるような気がする(笑)


オーバーザトップ2
息子に教えるのはもちろんアームレスリング。 なぜなら、彼もまた、特別な存在だからです。
ガイコツ
そんな絆や試練すら添え物にしてしまった感のあるアームレスリングのシーンですが、すごく面白いです。
他のスポーツや格闘技みたいに動き回ることはないのでほとんど顔と腕のアップばっかりなんですが燃えますね。

ロボコップ
スタローンがムキーッ!って気張ってる顔だけでメシ3杯いけそうな勢いだよな(笑)
キャップ逆さに被って本気モードっていうポリシーもちょいダサなカンジが逆にグッとくるぜ。


オーバーザトップ3
エイドリア~ン!
ガイコツ
あとすごいのがほとんどの対戦相手がスタローン以上のゴリマッチョなところですよね。
実際のチャンプなどが出演しているみたいなのですがその中に混じるとスタローンが圧倒的に細身に見えるっていうおかしな現象が起きています(笑)


ロボコップ
まあその絶望的な雰囲気の中勝つからこそウオーッ!と盛り上がるんだけどな。
さすが俺たちのヒーロー、スタローン先輩だぜ!!的な(笑)

オーバーザトップ4
スタローンの相手・・・・腕太ッ!
ガイコツ
そろそろまとめに入りますが、
親子の絆的な心温まる話とアームレスリングの燃える話、1粒で2度おいしい作品ですね。
個人的にはアームレスリングだけでもお腹一杯なくらい楽しめました(笑)


ロボコップ
少なくともスタローンはそれはもう輝いているのでそれ目当てで観てみてもいいと思うぞ。
では今回はこのくらいかな、じゃあの。


ガイコツ
普段キャップ被んないですけど観た後は逆さ被りするためにキャップが欲しくなりますね(笑)
ではまたー。




↓戦うお父さんはカッチョイイのである。ここにも戦うお父さんの魂のブログがたくさんあるはずだ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スポンサーサイト
今晩は!
「オーバー・ザ・トップ」懐かしいですね。っといっても、私はこの映画は未見です。
 なんやそれ~ですがサントラは聴いたことあって、ケニーロギンスの挿入歌が印象に残ってます。

 ワッショさんのホラー映画ベスト10、私も参加させて頂きました~。
 近年は映画館ではあまりホラー映画観てませんねぇ。「スペル」「エスター」とか面白かったですけど。
 今はCS放送の「ウォーキング・デッド」にどっぷりハマっております。

 (余談ですがイム・チャンヨン退団しちゃいましたね。ケガさえなければ残留してほしかったんですが。
  来シーズンもバーネットに頑張ってもらいましょうか。たびたびスワローズネタですいません。)
  
[ 2012/11/15 22:50 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
コメントありがとうございます!

この作品はたしかに音楽もいいですね~。
個人的にはロビン・ザンダーの“In This Country”がラストに画と合わさってすごくいいカンジで流れてくるので印象に残ってますね。

つばめ女さんのベスト10、ワッシュさんのサイトで拝見させていただきました。
「ローズマリーの赤ちゃん」はジットリとした怖さがたまらないですね・・・・!
「ウォーキング・デッド」、すごく興味はあるのですが、連ドラということで二の足を踏んでしまっています(汗)

(イム・チャンヨンは残念ですね。シュートしながらものすごく伸びる剛速球を初めて見たときはなんじゃこりゃ!?と度肝を抜かれたものでした・・・。バーネットは2年連続のセーブ王獲るくらいの活躍期待したいですね。スワローズネタ大歓迎ですよ(笑))
[ 2012/11/16 08:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。