スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

レア・エクスポーツ 囚われのサンタクロース ~裸のおっさん~

ガイコツ
どうもです。
今回は「レア・エクスポーツ 囚われのサンタクロース」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はヤルマリ・ヘランダー監督の2010年の作品だ。
ハロウィンが終わると同時に早々にイルミネーションをチカチカさせ、もろびとこぞりてなど流し始めるあわてんぼうのサンタクロースもビックリなレベルの気の早い人たちにクリスマスがいかに恐ろしいか警鐘を鳴らすために筆者はこの作品を観たようだ。

ガイコツ
要するにまあいつも通りのリア充爆発しろ的な気分で観たようです。
近くTSUTAYAに借りに行ったのですが置いてあるはずの棚になく恥を忍んで店員さんに探してもらってまでして観た執念の一本です。


ロボコップ
「素晴らしき哉、人生!」とかなら躊躇なくいくらでも探してもらうけど、なんでよりにもよってあんまり作品名をじっくりと眺めてほしくないこの作品が見当たらないかね(笑)
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。





フィンランドの山奥の村で、父親と暮らす少年・ピエタリ。彼は昔の書物から、サンタクロースが本当は恐ろしい姿をしており、子どもたちに拷問したりしていたことを知る。その頃、彼の家からほど近いロシアの山の中では、多国籍企業により、何かの発掘調査が行われていた。発掘調査をのぞいたピエタリは、彼らが埋められたサンタを掘り出そうとしていることに気付いてしまった。やがて、森の中でトナカイの死体が大量に発見され・・・。
goo映画より引用
レアエクスポーツ
長きにわたり封印されてきた本当のサンタ伝説が、今明かされる!
ガイコツ
フィンランドの山奥に住む主人公の少年の一家、近くの山で多国籍企業が何かを掘り返している。何を掘り返しているのか、それは・・・サンタ!?的な話です。
まあパッと聞いただけで「アカン、この映画アホや・・・!」って分かりますね(笑)


ロボコップ
まあ作品の雰囲気は笑いに走ったりしてなくていたってシリアスな風には作ってあるんだけどな(笑)
ノルウェーの「トロールハンター」といいフィンランドのこの作品と言い北欧はおバカなファンタジーをシリアスにやるっていうのが流行ってるのか・・・?

レアエクスポーツ1
サンタ発掘してるって・・・・どういうことだってばよ!?
ガイコツ
この作品の酷いところ凄いところはサンタの設定をとことん恐ろしいものにしているところですよね。
プレゼントを配るとかそんなものは一切なく悪い子供たちを拷問する悪魔のような存在として描かれています(笑)


ロボコップ
実際悪魔みたいな角生えてるしな(笑)
主人公の少年の持ってる資料には子供を釜茹でにする悪魔なサンタが描かれていたりするぜ。
で、その残忍な行いのために氷漬けにされて山に埋められているらしい。
どうあがいてもアホとしか言いようのない素晴らしい設定だな(笑)

ガイコツ
というかサンタの本場、フィンランドでこんな映画作って大丈夫なんですかね?
絶対サンタクロース協会とかからクレームきますよね、コレ(笑)


レアエクスポーツ2
さあ、悪い子はどんどん釜茹でにしちゃいましょうねー^^
ロボコップ
で、サンタを掘り起こす際に使い魔的な妖精がワラワラとたくさん復活してしまうんだが、これがまたヒッデーのな!主にビジュアル的に!


ガイコツ
妖精とか言ってますけど、ただの痩せた裸のおっさんですからね(笑)
製作スタッフは子供のころにクリスマスプレゼントを貰えなかったとかで何かしらサンタに恨みがあるに違いありません!


レアエクスポーツ3
使い魔的な妖精って・・・・エッ・・・・!?
ロボコップ
角生えたサンタ本体の方はまだ氷が解けてなくて復活してないから、ストーリーは基本このワラワラくる裸のおっさんたちから逃げたりっていうのがメインになってくるぜ。
逃げたりっつってもアクションはほとんどないから本格的なモンスターパニックものともまたちょっと毛色が違うが。

ガイコツ
裸のおっさんをモンスターと呼んでいいのか自体まず悩むところですけどね(笑)
パニックの方よりもこのサンタ騒動をキッカケに主人公がたくましくなっていくという少年の成長物語の側面が強いですかね。


ロボコップ
そういう意味では子供も楽しむことができる作品・・・・なんだろうか?
あんまり子供には見せたくないけどな(笑)
あと映画の最後でタイトルの意味がわかるっていうオチはなかなか面白くて良かったぜ。


レアエクスポーツ4
建物を包囲する裸のおっさんたち!サンタ・オブ・ザ・デッド地上波発放送!
ガイコツ
そろそろまとめに入りますが、
アホ映画はアホ映画なりにちゃんと作ってて好感の持てる作品です。
話もダラダラさせずに80分とコンパクトにまとめてますしね。


ロボコップ
まあ暇な人はクリスマス気分を盛り上げるために観てみてはいかがだろうか。
寒空の下、裸のおっさんの大群がワラワラと走る姿はなかなか滑稽壮観だぜ(笑)
では今回はこのくらいかな、じゃあの。


ガイコツ
お子さんと一緒に観て「ねえ、サンタさんって裸で走り回るの?」って聞かれて困っても当方は一切責任は負いかねますので悪しからず(笑)
ではまたー。




この記事で筆者が早すぎるクリスマスムードの到来にどれだけ憂いているかお分かりいただけたであろうか。
え?筆者もクリスマスムードに便乗してはしゃいでいるように見える?失敬な!
↓筆者と同じ憂国の士がここにもたくさんいるはずだ!↓

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スポンサーサイト
こんな映画があるなんて!!!
てか、フィンランドで作られたというのがまたスゴイですね。

しっかし・・・もうクリスマスですか。
憂える気持ち、分かります(苦笑)
[ 2012/11/10 21:32 ] [ 編集 ]
こんばんは~。
またマニアックな作品をもってこられましたね。
というか、これってホラー?アクション?サスペンス?
着ぐるみ剥いだら裸のおっさんって(笑)もしかしてコメディですか?

「物体X」は「物体X カーぺンター」検索でこちらにたどり着いたような。
「遊星からの物体X」は今はなき大阪のとある名画座で「ブレードランナー」との
2本立てで初めて鑑賞しましたが、人生変わるぐらいの衝撃を受けました。
それまで映画とは「めでたし、めでたし」で終わるのが当たり前だと思ってましたから。
(当時、私は小学5年生ぐらいだったかな?ちなみに「ブレードランナー」は難解すぎて
 ワケワカメでしたが。)
特に血液検査の場面は心臓とびでるほどビックリ!冷や汗でた思い出があります。
というわけでカーぺンター版への思い入れ強すぎて「ファーストコンタクト」は見る気おこらず。

やはりツバメ党でしたか~。
宮本・ヒロヤス両選手、ゴールデングラブ受賞おめでとうございます。
(しかしハタケの受賞には「え~、なんかの間違いやろ。」と思ったのは私だけ?)
由規くんは今シーズン、残念でしたね。リハビリ次第では来シーズン開幕、間に合うかとは
思うのですが。個人的には弟・貴規くんに注目しています。
ちなみにご贔屓選手は館山・川端・福地です!(福地の引退は今シーズン最大の悲報でした。)

今シーズンはアンチ・巨人として実に不愉快な年となりましたが来年こそは万全の体制で
優勝、日本一を目指してほしいもんです。
長文、失礼しました~。
[ 2012/11/10 22:02 ] [ 編集 ]
Re: 黒 紅 茶さん
コメントありがとうございます!

日本では1年くらい前に公開された映画なんですが、当時私が好んで観ていたテレビ番組(3月改編でなくなってしまった泣)で映画ライターの方が嬉々として紹介してたのがずっと印象に残ってたので観てみました。
本場フィンランドでこのネタ映画作るって勇気いりますよね~、監督が村八分にされてないか心配です(笑)

クリスマス・・・・イルミネーションとかは嫌いではないんですけどねー(遠い目)
[ 2012/11/11 09:52 ] [ 編集 ]
Re: つばめ女さん
コメントありがとうございます!

アクションやサスペンス要素はあんまりないのでホラー・・・・でも怖くないしなぁ。コメディではあると思います、すごくブラックですけど(笑)

カーペンターの方ですか!
小学生のとき観たらすごい衝撃でしょうね~!夜トイレいけないどころじゃないトラウマになりそう(笑)
それにしても「ブレードランナー」との二本立てって贅沢な組み合わせですね。近くの映画館でやってたら絶対観に行きたくなると思います。
血液検査のシーンは分かってても毎回息をのんでみてしまいます。個人的にはノリスの腹が急にパカーって開くビックリポイントも大好きですね。

ゴールデングラブ賞は宮本は当然やろぐらいの気持ち(そう思わせるのが凄いのですが)だったのですが、浩康はやっと評価されてファンとしてもすごくうれしかったですね~。(ハタケは・・・・これを良いキッカケにして欲しいですね笑)
貴規くんは今年はイースタンで頑張って結果残してたみたいですし今後に期待ですね。将来、兄弟で活躍する姿が今から楽しみです!
ふくちくんと宮出は二人ともまだ一軍で戦力として戦えると思っていただけに引退はショックでしたね・・・。
ふくちくんは二軍守備走塁コーチになったということで今後は一塁コーチャーでアドバイスしたり三塁コーチャーで腕グルングルンする姿が見られるのでしょうか?

万全の体制で来年こそは・・・ですね!怪我が少なくなるだけでもだいぶ違うと思うんだけどなぁ(笑)
[ 2012/11/11 09:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。