スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

エンゼル・ハート ~ディアボリック!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「エンゼル・ハート」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はアラン・パーカー監督の1987年の作品だ。
筆者はこの作品、アラン・パーカー監督の作品も観たこともなければこの作品も全く知らなかったんだが、先日ツイッターで面白いですよとオススメしていただいたので観てみたようだ。


ガイコツ
にわかなもので手を出してないジャンルや作品名すら知らないものも多いので、オススメなどしていただけると新しい世界が広がっていいですねー。
マインスイーパーで何もないエリアをポチッとやってパッと開けたときのような気分です。


ロボコップ
新しい世界が開けたからって調子のって闇雲に手を出してたら結局地雷を踏んでしまいそうだがな(笑)
ではそろそろ内容の話に移ろう。
ストーリーはこんなカンジ。




ブルックリンの私立探偵ハリーは謎めいた紳士サイファーから、10年前に失踪した歌手のジョニー・フェイバリットを探し出してほしいと依頼される。ハリーは調査するが、行く先々で凄惨な殺人が・・・。やがてハリーは恐ろしい真実を知る。
Wikipediaより引用
エンゼル・ハート
♪て~ん~し~の~よ~うな~あ~く~ま~の~え~がお~
ガイコツ
俺は私立探偵のハリー。俺はある人物から10年前に姿を消した歌手の行方探しを依頼された。証拠を辿って様々な人物にあの手この手で聞き込みをかけるが行く先々で殺人事件が起きてもうコナン金田一状態!しかも容疑は俺にかかっているとかいうじゃないの!といったストーリーです。
いや、作品自体はこんなハイテンションなカンジではないですけど(笑)


ロボコップ
予告編観たときはがっつりホラーかと思ってたけどサスペンス要素の方が強かったな。
ブードゥー教の呪術の怪しげで不気味な雰囲気と、アラン・パーカーの作る光と闇の対比が美しい映像が混ざり合ってすごく独特な世界が出来上がってる作品だぜ。


ガイコツ
あと音の使い方もなんか独特でしたねー。
作中で歌われたりしているゴスペルなども単体で聴いてるだけならどうってことはないんでしょうが、映像と合わさるとどこか浮足立ったというか全体的に不安定な印象を受けるんですよね。
あとは心臓のドクドク音もすごく印象的でした。ラストにも大きく関わってますしね。

エンゼル・ハート1
ブードゥー教のお祭りでフィーバーする皆さん、ハリーさんはドン引きした模様。
ロボコップ
ブードゥー教についてはあんまり知らないんだが、この作品では本来の民間信仰にアンチ・キリストの邪神教的な要素が加わっているみたいだな。
舞台はずっとアメリカなんだがブードゥー教が出てくるシーンだけは全く違う世界のように感じたぜ。


ガイコツ
道具にしろ儀式にしろすごくインパクトがありますよね。
一目で「あ、やべぇ。見ちゃいけないもの見ちゃった」感が分かります(笑)
あと主人公のハリーが道中出くわす殺人もこれに通じる雰囲気がありますね。


ロボコップ
とにかく死に様がすごくグロテスクなんだよな、映像的にもそうだけどシチュエーションがすごく。
幸い映像では出てこなかったけど、自分のチェストバスター的なもの切られて口に突っ込まれて死ぬとか考えただけで絶対嫌だからな(汗)


エンゼル・ハート2
あ、これ見たらアカンやつだわ。
ガイコツ
あとこの作品は俳優さんの演技もいいですねー。
主役のミッキー・ロークはほぼ出ずっぱりでちょっと影のあるイケメンでもありつつ、事件に対してはなすすべのない無力な人間でもあるというキャラクターを熱演しています。


ロボコップ
ミッキー・ローク自身はこの後ボクサーになったり整形したりで色々とアレな状態になってしまうけど、この作品ではホント魅力的なキャラクターを演じているよな。
しかしどうしてああなったんや・・・・。いやまあ最近は見事復活してるからいいけどさ(笑)


エンゼル・ハート3
魅力爆発ミッキー・ローク
ガイコツ
あと一連の出来事の発端となる調査の依頼人ルイス・サイファー役のロバート・デ・ニーロはやっぱり濃いですねー。
登場シーン自体はそこまで多いわけでもないんですがチラッと顔見せただけでも圧倒的な存在感があります。

ロボコップ
もし何もなかったとしても「コイツ、絶対何かあるやろ!」って疑ってしまうような怪しさがあるよな。
卵を食ってるだけでこんな名状しがたい怪しさを感じたのは初めてだわ(笑)


エンゼル・ハート4
怪しくないよ!(ニッコリ
ガイコツ
そろそろまとめにはいりますが、
ブードゥー教の怪しげな雰囲気、光と闇が印象的な映像、不安定な気分になる音楽などとても独特な世界観の作品ですね。あと俳優さんたちの魅力的な演技も見逃せません。


ロボコップ
昔のセクシーカッコイイのミッキー・ロークが堪能できる作品なので「レスラー」などで最近ファンになった方にも是非是非観てほしい作品だな(笑)
では今回はこのくらいかな、じゃあの。


ガイコツ
あとはディアボリックなことが好きな邪神教の方々にもおススメです(笑)
ではまたー。




おまけ:ぼくのかんがえたさいきょうのでぃあぼりっくないめーじ
暗黒の儀式

なんかこのページも怪しげなオブジェクトが多いが、邪神教的なこととは一切関係がないので安心していただきたい。
↓邪神教的なページには飛ばないので安心してクリックしていただきたい↓

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スポンサーサイト
[ 2012/11/07 00:42 ] ア行 アラン・パーカー | TB(0) | CM(4)
こんばんはー
お邪魔します。
この作品大好きでいつか書こうと思ってたんです!
もう、いろんなシーンが好きで、エレベーターがガシャーンっと閉まるところや
ぐるんぐるんと回るファンや、雨で徐々にずぶ濡れになっていくところや、不気味に座っている尼僧さんや。
で、観終わった後は、のどに丸いままの白いゆで卵がつまっている感じがして、、
どうしようもない絶望感に襲われますね。また観たくなってきました。

すみません..。なんか一人でしゃべりすぎたみたいです。
いつか記事にした時には、TB打たせて下さい。
[ 2012/11/07 20:55 ] [ 編集 ]
はじめまして!
今晩は~。「物体X」検索でこちらにたどりつきました。

「エンゼルハート」はミッキー・ローク全盛期時の作品ですね。
ロークと相手役女優さんのベッドシーンが結構、話題になってたような。
ほんと、ミッキーはどこで間違ってああなっちゃったんでしょう。
以外と世渡りヘタだったんということですか。

ところで管理人さんにご質問。
トップページのイラスト、歴代ホラー・アクションキャラの中に我が「つば九郎」がいるでは
ありませんか!
大のヤクルトスワローズファンとして気になるところです。
[ 2012/11/07 22:04 ] [ 編集 ]
Re: こんばんはー
コメントありがとうございます!

面白い作品ですよねー!紹介していただけてラッキーでした。
たしかに印象的なシーンが多いですよね、螺旋階段のところなんかも好きです。
ラストの衝撃はすごかったです。観ながらある程度予想を立てていたんですが予想の斜め上をいかれてたまげてしまいました(笑)

momorexさんの「エンゼルハート」の記事読みたいです!
その際は是非TBよろしくお願いします。こちらからもさせていただきますね。
[ 2012/11/07 22:55 ] [ 編集 ]
Re: はじめまして!
はじめまして、コメントありがとうございます!

「物体X」いいですよね・・・!
ジョン・カーペンターの方か、リメイクの方かどちらの「物体X」を検索なさっていたのか気になるところです。

この作品のミッキー・ロークはホントカッコイイですよね~。
ベッドシーンも話題になってたんですか。たしかに生々しい印象が残っています。
どうしてああなってしまったんでしょうね。順風満帆なキャリアを自分でふいにしてしまったカンジですよね。
でもそういう波乱万丈がなければ「レスラー」がなかったと考えると決して無駄ではなかったとは思います。

私もスワローズファンです!
このブログでは野球のことについては書くつもりはないのですが、スペースが余ったから一応好きなことをアピールするために入れています。
宮本とか田中浩康、あとは今年は全く出場できなくて残念でしたが由規も好きですね~!
[ 2012/11/07 23:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。