トータル・リコール ~目ん玉ボヨヨン~

ガイコツ
どうもです。
今回は「トータル・リコール」について話していきましょう。


ロボコップ
うむ、この映画は1990年のポール・バーホーベン監督の作品だ。
テレビの洋画劇場とかでもやってたこともあるし観たことある人も多いだろうな。
ストーリーはこんなかんじ。



西暦2084年。火星の夢にとりつかれた一人の技師が、夢による疑似体験を受けようとした事から何者かに命を狙われ始める。今の記憶が植え付けられた物である事を知った男は本当の自分を探すため火星へ飛び立つ……。
トータル・リコール
シュワちゃん!


ガイコツ
ストーリーは記憶とか夢に関するモノ、コブラとかを彷彿とさせる気もしますね。
夢による疑似体験がキッカケなところとか。


ロボコップ
この映画の原作小説はコブラよりも前に執筆されたヤツみたいだけどな。
ストーリーについては終わり方のホワイトアウトとか色々解釈の仕方がある作品みたいだな。
記憶とか夢ものではよくあるっちゃよくあるがよくできているな。


ガイコツ
ストーリーが素晴らしいのはもちろんなのですが、
やっぱり目が行くのは悪趣味でグロテスクな演出ですかね!


ロボコップ
さすが我らがポール・バーホーベン監督といったところか、
最初のシーンから若きシュワちゃんの目ん玉が飛び出したりアクセル全開だぜ!
kzを自認する筆者は歓喜してたが嫌いな人は顔しかめるんだろうな(笑)



トータル・リコール 目ん玉
宇宙空間で目ん玉ボヨヨン!(これはシュワちゃんではありません)

ガイコツ
私が記憶に残ってるシーンのは細かいですが、エスカーレーターで敵と銃撃戦になったとき無関係な民間人を盾に使ったところですかね。
カットが変わり撃たれるたびにしかめっ面する民間人、盾として使った後は放り投げる主人公、鬼畜すぎです。そして監督、悪趣味すぎです(笑)


ロボコップ
グロでないシーンで印象的だったのは鼻から発信機チュパチャップス取りだすところかな。
取りだし方までそんな変なことにせんでええやろって思ったわ(笑)



トータル・リコール 鼻チュッパ

鼻からチュッパチャップス!

ガイコツ
グロでないシーンだと私はオバチャンの顔がパカーって開いて変装が解けるところですかね。
あそこは純粋にカッコイイと思いましたね。近未来的な感じで。
そのあとオバチャンの顔が爆発したのは笑ってしまいましたが。



トータル・リコール 顔パカ
顔パカからの~シュワちゃん!

ロボコップ
ダラダラ好きなシーン挙げてっただけだがまとめてしまうと、
「本当の自分は実は違った!?」みたいな記憶に関するストーリーの解釈を考えるのでも楽しめるし、
悪趣味な楽しいポール・バーホーベンの演出を楽しめる。
色々な楽しみ方のできる面白い映画だと思うぜ。


ガイコツ
筆者の楽しみ方は明らかに後者ですね。
いやもちろんストーリーについても考えてはいたみたいですが。
今回はこんなくらいで。
ではまた。


ロボコップ
内容薄くてすまんな。
演出にニッコリして衝動的に書いてしまった記事なんや・・・。
じゃあの。




↓鼻にチュッパチャップスを詰めちゃった経験がある方はクリック↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スポンサーサイト
ブレイク前のシャロン女王も出演
本作は好きな映画のひとつです。ブレイク前のシャロン・ストーンも出演してますね。やはり彼女は美しい!シュワちゃん相手に空手キックで襲いかかるシーンは最高です。シュワちゃんの大事なあそこに2度も蹴りを入れてしまうのも、彼女らしい。余談ですが、もともとシャロンは「氷の微笑」のキャサリン役の候補にはなかったそう。バーホーベン監督がキャサリン役を探していたときに、たまたま彼女が「トータル・リコール」のアフレコに来た時にスクリーンテストをやってみたところ、その役にぴったりだったので起用を決めたそうです。人生、何が起きるか分からないものですね。
本作に話を戻して、おばちゃんの顔が割れるシーンは上映されていた当時は話題になりましたね。
シュワちゃんが鼻から発信機を取りだすシーンですが、よ~く見ると器具を鼻に突っ込むところまでは実物のシュワちゃんの顔ですが発信機を鼻から取り出すところは作り物の顔に据え変わってます。
目玉ボヨヨンのシーンは僕も大好きです(笑)こういうゲテモノシーンは楽しいですね。
ただ、科学的・医学的に宇宙空間に人体が放り出されたら本当にあんな風になってしまうんですかね。また空気が発生した途端に飛び出していた目玉が元に収まったりとかww
敵の親玉の目玉や舌が飛び出す描写までは描かれてますが最終的な顛末までは描かれてません。たとえば人体が爆発して内臓が飛び出したり(笑)
バーホーベン監督はヒッチコック映画からも強い影響を受けているそうで、本作はアクション映画だけれども主人公の過去の素顔が以外な人物だったり、主人公に薬を飲ませようとした医者が撃たれた時の描写なんかはヒッチコックの匂いがプンプンします。
[ 2014/03/14 04:36 ] [ 編集 ]
Re: ブレイク前のシャロン女王も出演
コメントありがとうございます!

デデデさんはシャロン・ストーンがやっぱりお好きなんですね~。
シュワちゃんの股間を二度も蹴りをいれるとはさすが・・・以前デデデさんも仰られてましたが色々な面で男性の股間を攻撃する役者さんなんですね(笑)
「氷の微笑」の起用にそんな裏話があったとは驚きです。いや、でもあの美しくて聡明そうで強さもある容姿を見たら監督がピンとくるのも分かる気がします。
この映画の特殊効果はたしかに独特で面白いですよね~。
目玉ボヨヨンは本当にはあんなにはならないでしょうね・・・多分。目ん玉が元に収まるところは毎度収まるのかい!とツッコみたくなります(笑)
氷の微笑でも教えていただきましたが、バーホーベン監督作品にもヒッチコックの匂いがするシーンが結構あるんですね~!
[ 2014/03/16 23:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL