スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ザ・レイド ~拳で語れよ漢なら!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「ザ・レイド」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はギャレス・エヴァンス監督の2012年の作品だ。
2回続けて新しい映画の記事になるのは珍しいな。


ガイコツ
筆者は前回の「アルゴ」は割と観る前からここで感想書こうと決めていて、「ザ・レイド」の方は微妙だったら書かなくていいかなとか考えていたらしいのですが予想以上に面白かったのでこっちの作品も是非書こうとなったみたいです。


ロボコップ
「インドネシア映画ってどうなのよ」とか思ってた筆者はインドネシアにごめんなさいしないといけないよね。
ではそろそろ内容の話に移ろう。
ストーリーはこんなカンジ。





インドネシアの首都ジャカルタ。麻薬王が支配する30階建ての高層ビルは、ギャングや殺し屋、ドラッグの売人たちのアジトとなっていた。そこに、20人の精鋭からなるSWATチームが強制捜査に入る。しかし作戦の情報は筒抜けになっていて、激しい銃撃戦が始まる。そんな中、隊員たちは己の肉体やさまざまな武器を駆使しながら、次から次へと襲撃してくるギャングたちと死闘を繰り広げるが、ひとりまたひとりと命を落としていく…。
goo映画より引用
ザ・レイド
香港タイトルは「突撃死亡塔」らしいです(笑)
ガイコツ
ええ~ストーリーとしては犯罪者がうじゃうじゃいる30階建てのビルを戦いながら上の階に進め!15階にボスがいるよ!というファミコンのダンジョン探索ゲームみたいな話です。
というか拳で語れよ漢なら的映画なのでストーリーはあんまり気にしなくていいです(笑)


ロボコップ
必要最小限の登場人物とシチュエーションの説明だけしてあとは全部アクションと言っても過言ではないな(笑)
それを聞くとアクションしかねーじゃねーか!となるかもしれないがアクションだけで十分おなかいっぱいになれるから何ら問題ない。

ガイコツ
筆者なんか途中で意外な人物の意外な事実が判明する場面でも「うん、わかったからもっとアクションしてよ!」って積極的にストーリーについて考えることを放棄してましたからね。
途中からストリートファイターの背景の人みたいな状態になってました(笑)

ザ・レイド1
主人公のSWAT隊員。名前は・・・・忘れた。
スト2
背景の人状態\(^o^)/
ロボコップ
アクションに関してはシラットという武術を使った目にもとまらぬ格闘がホントすげーよな。
はじめの方は銃撃戦とかも結構な迫力であるんだがそれも霞んでしまうくらい魅力的だぜ。


ガイコツ
ホント動きが速すぎて目で追えないですからね(笑)
特に最強の刺客として送り込まれてくるマッドドッグのおっちゃんとの対決は痺れましたねー。
マッドドッグのおっちゃんのキャラクターも最高ですし。


ロボコップ
1回銃を突き付けて相手を降参させた後、自ら銃を置いて「銃での殺しはファーストフードみたいなものでつまらない」とか言って格闘で相手ともう一度戦うところとかもう最高だよな(笑)
敵でも“俺の流儀”みたいなこだわりを貫いてるのはグッとくるぜ。


ザ・レイド2
右が「銃なんか捨ててかかって来い!!」とか言われんでも銃を捨てちゃうマッドドッグおじさん、小柄なとこもキュート
ガイコツ
あとアクションで特徴的なのが、韓国映画とかもそうですがすごく痛そうなことするんですよね。
銃撃戦はいいとしてナイフでの格闘のところとか観てるこっちも痛くなりそうです。


ロボコップ
1回ブスリならまだあれなんだが素早く何か所もプスプスやるからヒエ~!ってカンジだよな。
そのほかにも身近にありそうなものが使われてたりするのが痛み指数がかなり高かったぜ。


ザ・レイド3
みんな大好きマチェーテもあるよ!
ガイコツ
あと本編が終わった後のエンドロールも面白かったですね。
別に笑わせに来てるわけではなく普通のエンドロールではあるんですが、まさかキャスト紹介の役名の部分で笑ってしまうとは思いませんでした。


ロボコップ
主要キャストの役名が流れてった後はMachete Gang♯1、Machete Gang♯2とかAK47 Fighter♯1、AK47 Fighter♯2とかが延々と流れてんのな、しかも一列で列挙してるからやたら長いという(笑)
半分エキストラ的な人も大事にしているということなのだろうか・・・・。


ザ・レイド4
右側の人の役名は多分Machete Gang♯1~5あたりのどれかだと思われる。
ガイコツ
そろそろまとめに入りますが、
とにかくすごいアクションを見て何も考えずにうおー!って熱くなれる作品です。
何も考えたくない方、スッキリしたい方は是非。


ロボコップ
この作品、もう既に続編製作とかハリウッドリメイクとか決まってるらしいな。
うまくいくといいのだが・・・・。
では今回はこのくらいかな、じゃあの。


ガイコツ
続編にはマッドドッグのおっちゃんもケルベロスとか適当に名前変えて出てきてほしいですね(笑)
ではまたー。





↓ポチッとしていただくとこのブログもハリウッドリメイクに一歩近づきます↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スポンサーサイト
かなぶんです。
 alai Lama様

 コレ、先週観てきました!主人公を始め、敵も味方も達人だらけで、アクションシーンには圧倒されましたね~。純粋なシラットではなく、他の格闘技の技も混じっているらしいですが…。でも、薬物の研究をしていた奴らまで軒並み強いってどういう事なんでしょ?
 それとマッドドッグおじさん(ちょっと超新塾のタイガー福田似)がラスト2対1で戦い始めて、思わず「頑張れ!マッドドッグ!」と思ったのは私だけでしょうかi-229普通、主人公は二人がかりで一人の敵と戦わないですよね…(笑)

 また遊びに来ます!(*^-^*)ノ~~マタネー
[ 2012/11/07 22:49 ] [ 編集 ]
Re: かなぶんです。
コメントありがとうございます!

かなぶんさんも観られたんですね!
アクションシーンホント凄かったですよねー。シラットじゃない格闘技も混じってたんですか!?知りませんでした。
たしかに悪側はマチェーテから研究員までみんな格闘技の心得があるようなカンジでしたね。もしかしたらボスのおっさんが一番腕っ節が弱いかも(笑)

主人公としてどうなのよって意見もありますが、主人公側が二人がかりでやっと互角っていうのがマッドドッグおじさんの強さをより際立たせてた気がしますね~。正直主人公よりも印象に残ってます(笑)

これからもよろしくお願いしますm(_ _)m
[ 2012/11/08 20:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。