スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

パーフェクトブルー ~とりあえず頬をつねろう~

ガイコツ
どうもです。
今回は「パーフェクトブル-」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画は今敏監督の1998年の作品だ。
このブログには珍しく、というか2回目のアニメ映画だな。


ガイコツ
普段あんまりアニメを観る方ではないと自称する筆者ですが、この作品はあの「ブラック・スワン」に大いに影響を与えている作品らしいという噂を聞いて興味を持って観てみたようです。


ロボコップ
普段アニメ観ないとか言ってる割には最近は深夜やってる「ジョジョの奇妙な冒険」は観てて「WRYYYYYYYYYYYY!」とか夜な夜な叫んでたけどな(笑)
そんな壁ドン必至な筆者は置いといてそろそろ内容の話に移ろうか。
ストーリーはこんなカンジ。





アイドルグループのチャムに所属する霧越未麻(きりごえ みま)は突如グループ脱退を宣言し、女優への転身を計る。
かつてのアイドルからの脱却を目指すと自分を納得させ(つつも事務所の方針に流されるままに)、ドラマ出演でレイプシーンを演じる。さらにはヘアヌードのオファーが来るなど、アイドル時代からは考えられなかったような仕事をこなしてゆく未麻。
しかし、人気とは裏腹に未麻は現状への不満を募らせ、アイドル時代の自分の幻影さえ見るようになる。レイプシーンやヘアヌードは本当の自分の姿なのか。自分が望んだことなのか。そんな疑問を抱く中、何とかインターネットに接続して見たホームページに自分の行動が本人の記憶以上に詳しく描写されていることに気づく。未麻はストーカーに監視されていたのだった。また、未麻の周辺で関係者が次々と殺される事件が発生する。

Wikipediaより引用
パーフェクトブルー1
壁が貧弱!貧弱ゥ!
ガイコツ
アイドルから女優に転身した主人公の未麻が仕事の内容などの激変によって現実と幻想の境界が曖昧になっていきもう一人のアイドルとしての未麻が目の前に現れるようになる。さらには出演しているドラマ関係者が殺される殺人事件まで起きて・・・・という話です。
たしかに女性が追い詰められて・・・・という題材は「ブラックスワン」と似ています。

ロボコップ
題材だけでなくシーンやシチュエーションも似ているところもあったな。
鏡の破片でグサリなところとかは鈍感な筆者でもああ似てるなと思ったみたいだし。


パーフェクトブルー2
なんてったってアイドル~!
ガイコツ
この作品で特徴的だなと思ったところはアニメ作品なんですが描き方が現実的なカンジですよね。
設定や舞台は現実の日本ですし登場人物のセリフや反応も現実に近く自然なカンジになっています。


ロボコップ
一部の実写映画よりもよっぽど自然だったよな(笑)
幻想が出てくるところまではそれこそアニメでなくて実写でも普通にできそうなくらい。


パーフェクトブルー3
こいつも現実・・・的・・・?
ガイコツ
幻想が出てくるところはアニメの良さがうまく出てるなと思いましたね。
CGや合成でやったら不自然になりそうなところも違和感なくスッと入っていけましたし。


ロボコップ
もう一人の未麻がふわふわと浮きながら歩いているところとか部屋中に張られたポスターの顔が話し始めるところとか、下手なCGだったら多分なんだかなぁと興ざめしてしまうところになってただろうな(笑)


ガイコツ
幻想に違和感がないので現実と幻想が曖昧になっていく未麻の視線を観ているこっちも共有しているように感じられました。


パーフェクトブルー4
キェェェェェェアァァァァァァシャァベッタァァァァァァァ!!!
ロボコップ
観てる側も現実と幻想がゴッチャになるという点に関しては途中から頻繁にある夢と現実のシャッフルも結構大きかったな。
夢から覚めたと思ったらそれもまた夢でそれからも覚めたはいいがこれは夢?現実?的な。


ガイコツ
一応物語としては真相がわかった体で落ち着くところに落ち着くのですが、散々シャッフルされてきたので実はその真相も夢なんじゃないかと疑ってしまいますよね(笑)


ロボコップ
結局どれが真実でどれが幻想だったのか観た後も考え込んでしまうよな、それとも実は最初から全部夢なんじゃとか思ったり。
まあ結局答えは出ないんだけど(笑)


パーフェクトブルー5
現実はいずこに?
ガイコツ
そろそろまとめに入りますが現実と幻想が違和感なく混ざり合ってまるで迷路に迷い込んだような気持ちになる作品です。
82分と割と短い作品ですが非常に見応えのある作品なので興味のある方は是非。


ロボコップ
「ブラックスワン」が好きな人はもちろんだし「インセプション」とかみたいな夢と現実どっちだ系の話が好きな人は楽しめる作品だと思うぜ。
では今回はこのくらいかな、じゃあの。


ガイコツ
今までアニメ映画はあまり触れてきませんでしたが、これ観たら同じ今敏監督の「パプリカ」とかも気になってきました(笑)
気が向いたら観てみたいですねー。
ではまたー。





↓あなたがここをぽちっとしてくださるのも実は夢かもしれない・・・・!?↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スポンサーサイト
[ 2012/10/25 18:52 ] カ行 今敏 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。