スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ハロウィン(ロブ・ゾンビ版) ~ローリー、お前もか!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「ハロウィン」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はロブ・ゾンビ監督の2007年の作品だ。
ジョン・カーペンター監督の「ハロウィン」のリメイクだぜ。


ガイコツ
前の「ハロウィン」シリーズは8作品作られていますが、この作品は仕切り直しで1作目をリメイクしています。
「悪魔のいけにえ」とか「エルム街の悪夢」も同じようなカンジでリメイクされていましたしこういった作品のリメイクが流行っているんですかね。
来年には「死霊のはらわた」のリメイクも公開されるみたいですし。


ロボコップ
新しくなったからと言って必ずしも良くなるとは限らないが楽しみではあるよな、期待半分不安半分てカンジ。
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。





イリノイ州の田舎町で暮らす少年マイケル・マイヤーズは、学校で友達はおらず、家族の中でも孤立していた。そしてハロウィンの夜、マイケルはいつも自分のことを馬鹿にしていた母親の恋人と実姉とその友人を惨殺するという凶行に及んだ。その後彼は精神病院に入院し、ルーミス医師によって診察されることになる。だが17年後、成長したマイケルは妹を探すために精神病院を脱走し、再び殺人を開始する。
Wikipediaより引用
ハロウィンゾンビ
ハロウィンというより「ゴーズト・オブ・マーズ」な色使いのポスター
ガイコツ
リメイクなのでストーリーは基本的にはJC版と同じローリー追っかけ型ハートフルスプラッターです。
ただ同じストーリーの中でも描写が付け加えられている部分、省かれている部分がところどころに見られますね。


ロボコップ
1番大きい部分はマイケルの少年時代の描写がガッツリ増えているところだな。
リメイク前に比べて上映時間が20分くらい増えているんだがその大部分が少年時代の描写の部分に使われてるってカンジだな。


ガイコツ
マイケル君の酷い家庭環境や精神病院での様子、どのようにして人間性を失っていったかなどについてたっぷりと時間をかけて描いていますね。
リメイク前の姉を殺してしまうまでの長回しのシーンだけとは大きく違います。


ロボコップ
リメイク前の何かわからんがとにかく恐ろしい殺人鬼っていう得体の知れない存在ではなくて、今作は生まれ持ったものと環境が不幸にも組み合わさって生まれてしまった怪物としてちゃんとキャラ付けがされているな。
どちらの方がいいかは好みによるけど個人的には悪くないと思ったぜ。

ハロウィンゾンビ1
子供やからってなめたらあきまへんで!
ガイコツ
逆にリメイク前では序盤にじっくりあったマイケル君がローリーをストーキングするハートフルなシーンなどは割と省かれてましたね。
というよりじんわりと怖がらせる描写が全体的に少なくなってる印象を受けます。


ロボコップ
登場の仕方も暗いところからぼんやり青白いマスクが浮かんでくる、とかではなく急に眼の前にデデン!みたいな現れ方が多かったしな。
個人的にリメイク前の登場の仕方がすごく好きだったからちょっとそこは残念だったな。


ハロウィンゾンビ2
デデン!と登場マイケル君!
ガイコツ
あとは全体的にマイケル君が暴力的になってますよね。
腕っ節が強いのは前からではあるんですが今作は物を破壊する描写がすごく増えた気がします。


ロボコップ
前は人を襲うのに邪魔になっているものを破壊するってカンジだったんだが、今作は「オラ!出てこんかいコラァ!」的な暴れ方をするよな。
あとそれに合わせてなのか分からんがめっちゃ体格がいい(笑)

ハロウィンゾンビ3
デカすぎぃ!ちなみに左はマチェーテおじさんことダニー・トレホ。
ガイコツ
今まで前と違う部分を多く取り上げましたが、リメイク前を意識したシーンもところどころにあってそこは結構グッときましたね。
殺した後死体を首を傾けて眺めるしぐさとか。


ロボコップ
包丁で壁に張り付けられた男の足がもがいてからダラーっとなるところとかな。
あとはシーツ眼鏡でリア充殺しもしっかりやってくれたのは筆者も拍手喝采ですわ(笑)


ハロウィンゾンビ4
今作はパンプキンヘルメットのおまけつき!
ガイコツ
最後に今作で1番残念だったところなんですが、ローリーから非リア臭が消えてしまいました
いやまあ別に今作もチャラくもないし普通の女の子ってカンジなんですが前作のお堅いマジメなカンジがなくなってます。

ロボコップ
あのネタにマジレスしかねない雰囲気が魅力だったのに今作はお下品な冗談も普通に言うようになって父さん悲しいよ!
なんだろうな、どうせこの事件が終わった後慰めてくれた男と引っ付いたりするんやろみたいな冷めた目線というか、とにかく言葉で表せない大事な何かが失われたカンジがするぜ・・・・!

ハロウィンゾンビ5
ローリーはあちらサイドへと旅立ってしまったのだ・・・・!
オビワン
非リアだったのに!
ガイコツ
そろそろまとめに入りますが、
ストーリーはほとんど同じながら全体の雰囲気は結構変わっていて面白いですね。
リメイク前に比べてパワフルで激しい作品になっていると思います。


ロボコップ
どっちがいいかは好みによるがJC版の「ハロウィン」観たことある人なら観ても損はない作品だと思うぜ。
では今回はこのくらいかな、じゃあの。


ガイコツ
この記事では少し前にJC版を観たので比較が多くなってしまいましたがこの作品単体でも楽しめるのでリメイク前観たことない方も是非是非。
ではまたー。





↓リメイク前が好きな方もこちらが好きな方も仲良くクリックお願いします↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スポンサーサイト
[ 2012/10/17 20:03 ] ラ行 ロブ・ゾンビ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。