007 ロシアより愛をこめて ~最後に愛は勝つ!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「007 ロシアより愛をこめて」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はテレンス・ヤング監督の1963年の作品だ。
007シリーズは「ドクターノオ」「ゴールドフィンガー」は観たことあるのでこれで3作品目だな。


ガイコツ
筆者曰くアクセスカウンターが7000超えたから一応7000にちなんだ作品ということでこの作品を選んだみたいですね。
007を逆から読むと700、これって7000にちなんでるカンジがするとか言って。


ロボコップ
なんかすごいこじ付け感があるな、まず0が一個足りないし(笑)
ではそろそろ内容の話に移ろう。
ストーリーはこんなカンジ。



英国情報部に、ソ連情報部のタチアナという女性が亡命を希望してきた。彼女は手土産に、最新式の暗号機を持ち出すという。そして、彼女自身の希望で、ジェームズ・ボンドが派遣されることになった……。
allcinemaより引用
ロシアより愛をこめて
♪か~な~ら~ず~最後に愛は勝つ~
ガイコツ
おなじみのオープニングにおなじみのBGMではじめからすごいワクワク感がありますよね。
ストーリーの構成としては前半はソ連から暗号解読機を奪取するための戦い、後半はこの事件の黒幕の組織、スペクターの刺客たちとの戦いというカンジでしょうか。


ロボコップ
前半はちょっとゆったりとした展開だが後半は次から次に見せ場があって目が離せないな。
個人的には前半のゆったり感も好きだけどな。
ストーリーの本筋とは関係ない踊り子のセクシーなダンスとか女性同士の決闘とかものんびりと映してたりしてて(笑)

ガイコツ
でもそういうエピソードの中でショーン・コネリー演じるジェームズ・ボンドウィットに富んだキャラクターが表されていたりして必ずしも無駄なシーンというわけでもないんですよね。


ロボコップ
普段は冗談言ったり女たらしだったりするけどやるときはやる、みたいなギャップがやっぱり魅力だからな。
ストーリー後半はやるときはやる的なシーンが多いからある意味前半と後半でバランスがとれてると言えるかもな。

ロシアより愛をこめて1
見た目の第一印象がちょっとひょうきんな初代ボンド
ガイコツ
登場人物に関してはボンドはいつも通りだからいいとして、今回はボンド・ガールのダニエラ・ビアンキがホント魅力的ですね。


ロボコップ
普通に容姿がきれいっていうのもあるんだけど、たたずまいがクール・ビューティーってカンジでオーラを放ってるよな。
あとスペクターからの刺客のグラント役のロバート・ショウも不敵で良かったな。

ロシアより愛をこめて2
こんな美人に誘惑されたらイチコロですわ。
ガイコツ
ロバート・ショウは登場シーンで上半裸になってましたがムッキムキのキャプテンアメリカみたいな体格で見た目からも最強の刺客ってカンジがしてましたねー。
ただ最期がちょっとマヌケで半分自爆みたいになってしまったのがちょっと残念でしたが(笑)


ロシアより愛をこめて3
締め上げるグラント、ボンド危うし!
ロボコップ
アクションに関しては約50年前作品なわけだからさすがに古さは感じるが、列車内で格闘したり、ボートでチェイスしたり、ヘリコプターに追っかけられたりと色々舞台を変えて工夫してたから飽きはこなかったな。


ガイコツ
古いとは言ってもボートのチェイスのシーン最後の爆発は迫力ありましたし、ヘリに追っかけられてるところも結構面白かったですしね。
ヘリのシーンはちょっと「北北西に進路を取れ」を彷彿とさせるカンジではありましたけど(笑)

ロシアより愛をこめて4
スペクターの皆さんの数少ない癒し
ロボコップ
そろそろまとめに入るが、
ボンドがカッチョイイ、ボンド・ガールが美しい、刺客がマッチョ、アクションは古さは感じるが見どころたっぷり、以上!


ガイコツ
まあ今となってはベタなストーリーですけどおさえるところはちゃんとおさえていて面白いので人を選ばずオススメできますね。
今回はこのくらいでしょうか、ではまたー。


ロボコップ
このブログでは久々のグロが苦手な人にもお勧めできる映画だな(笑)
じゃあの。




↓ボンドはやっぱりショーン・コネリー派の方はクリック!そうでもない派の方もクリック!↓

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スポンサーサイト
[ 2012/09/06 12:39 ] タ行 テレンス・ヤング | TB(0) | CM(2)
こないだから女優さんのことしか書いてませんが・・・
こんばんは、007シリーズ大好きなしろくろです。

数多いるボンドガールの中でもこの映画のダニエラ・ビアンキは最高に美しいと思っています。もともと「ロシア」は僕が子供の頃(何年前じゃ(ーー;))テレビで何度も見た作品なのですが、007=若山弦蔵/タチアナ=鈴木弘子/グラント=内海賢二のバージョンを10回は鑑賞した記憶があって、後年字幕版をビデオで見たときは全員本物の声なのにものすごい違和感を感じたものでした。

どうでもいい話ですがボンドガールの役名ってネーミングが完全下ネタ系が多いですね。プッシー・ガロアとかオナトップとか・・・タチアナも日本語読みしたら「立ち穴」になっちゃうし(__;)

[ 2012/09/09 20:49 ] [ 編集 ]
Re: こないだから女優さんのことしか書いてませんが・・・
コメントありがとうございます!
女優さんの話も好きなので大歓迎です~。

ダニエラ・ビアンキは知的なカンジもありつつセクシーでいいですよね~。まだ三本しか観ていない007シリーズですがボンドガールランキング暫定一位です。
吹き替え版が先だったりすると吹き替えの方がしっくりくるようになっちゃいますよね(笑)
自分は「コマンドー」とかシュワルツェネッガー主演の作品が結構そうなっちゃってます。

ボンドガールの名前にそんな秘密が!?
そういう目で役名眺めていたらメアリー・グッドナイトまで何か意味深なものに見えてきました(笑)
ある意味「プロメテウス」より深い謎かもしれませんね・・・・!
[ 2012/09/10 00:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL