スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

REC/レック ~ハイテンション!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「REC/レック」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はジャウマ・バラゲロ監督の2007年の作品だ。
コメントで面白いとの情報をいただいたり、良い評判を聞いたりしていたので観てみたようだ。


ガイコツ
いざ近所のTSUTAYA行ったら借りられててしばらく待つ破目になりましたけどねー。
「エイリアン4」のときもそうでしたし、「ショーン・オブ・ザ・デッド」も間が悪いのか毎回借りられない状態ですし筆者、何かに呪われてるんじゃないですかね?


ロボコップ
まあ日頃の行いが悪いからバチ的なものが当たってるんだろうな(笑)
では内容の話に移ろうか。
ストーリーはこんなカンジ。




TV局レポーターのアンヘラは消防士への密着取材中、あるアパートを訪れた。老婆が暴れているらしく、消防士や警官らが取り押さえようとするが、老婆は逆に警官に噛み付いてしまう。なんとか襲われた警官を助け出し、手当てのためにアパートの外に出ようとすると、出入り口はなぜか警察によって封鎖されていた。このアパートには何があるのか? そしてアンヘラたちが回し続けるカメラには、恐怖の一夜が映し出されることになる……。
goo映画より引用
レック
●REC
ガイコツ
最初10分くらいの状況説明的なシーンのかったるさにどうなることかとある意味ハラハラしましたが、それが終わった途端に恐ろしい速さでに目まぐるしく展開していってビックリしました。


ロボコップ
映画自体も75分と短いっていうのもあるがホントあっという間に駆け抜けていったってカンジだったな。
無駄が一切ないというかそこまでぶった切ってもええんかいというか(笑)


ガイコツ
モキュメンタリーということで基本カメラマンがカメラをオンオフすることで場面の切り替えを行っているのですが、結構バッツンバッツン切って親切にも(?)見所ばっかり収めてくれています(笑)


ロボコップ
モキュメンタリー作品そこまで本数観たことあるわけでもないのでアレだが、パッと見無駄に見えるシーンなどで伏線を張ったり怖さへのタメをじっくり作ったりしてそのあとババーンと驚かせるってイメージがあったからギャップが凄かったな。

レック1
ババーンとババア!
ガイコツ
中盤以降なんて2,3分恐る恐る→ショックシーン→2,3分騒ぐを何回も何回も繰り返すカンジで半ばショックシーンのインターバル走みたいな様相を呈してきますよね(笑)


ロボコップ
観てるこっちが疲れてくるよな(笑)
作品の空気が断続的にハイテンションで全く休ませてもらえないし。


レック2
私もうヘトヘトや!
ガイコツ
あと、登場人物たちもヒステリックなくらいにハイテンションですよね。
生きてるやつもゾンビたちもギャーギャーうるさいのなんのって(笑)


ロボコップ
お互いの話も聞かずにみんな思い思いにギャーギャー喚いて喧嘩してるからな。
ちったぁ落ち着いて話しせんかい、バカチンがぁ!つって小一時間ぐらい説教したくなったわ(笑)

レック3
バカチンがぁ!
ガイコツ
ああ、そうだ肝心のゾンビ的な奴らの話をしてませんでしたね。
グロテスクなシーンは少なかったですが、襲ってくるシーンはなかなか迫力ありましたね。
特に一番最初に出てくるババアはインパクト大でした(笑)


ロボコップ
あと子供ゾンビも不気味で怖かったな。
全体的に暗かったり、ブレブレだったりしてゾンビ的なものがちゃんと映ってないのが逆に粗を隠したり臨場感を醸し出していたりして良かったな。


レック4
子供だからってナメんなよ! (「・ω・)「がおー
ガイコツ
そろそろまとめにはいりますが、
映画の時間も短い上に、とにかくずーっとショックシーンの連発なので最後まで飽きさせずに楽しませてくれる作品ですね。


ロボコップ
また、モキュメンタリー独特の明るさ調整がうまくいってなかったりブレブレだったりする画面は臨場感があって面白いんだが酔いやすい人は注意だな。
この作品は割と人を選ばずみんな楽しめるんじゃないかな?ホラー嫌いじゃない方は是非。
今回はこのくらいかな、じゃあの。


ガイコツ
笑う要素のあまりない純粋にビックリするホラー観たの久々な気がします(笑)
ではまたー。




↓ここをクリックして君の足跡をRECしていかないかい?(ドヤァ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スポンサーサイト
たしかにギャーギャーうるさいですね(笑)
私は極度のビビリなので、この手の「ビックリさせたろか」的なパニック・ホラーは極力見ないようにしているんですが、少しはナウなヤングを気取ろうと思い、最近になって無理して見ました(笑)。

ただのキワモノかと思いきや、ロメロ流のオーソドックスな「密室劇」としても楽しめるし(子供ゾンビも『ナイト・オブ・ザ・リヴィング・デッド』へのオマージュっぽいですね)、手ぶれ主観映画(すみません、正式名称がわかりません)としても、なかなか飽きさせない作りで面白いですね(ロメロ御大の『ダイアリー・オブ・ザ・デッド』よりデジカメ感がよく出てたように思います、、、ってゆーか、ロメロ御大、普段の生活でデジタル的なもの使ってないんだろうなぁ、きっと)。

にしても、スペインの人って、やっぱり元気がいいですね(笑)。日本人ならもっとケチくさい駆け引きなんかに走りそうですが、スペインの人たちは各々がひたすら自分勝手に爆走してるって感じで、所変わればゾンビも被害者も変わるなぁ、と。なぜか噛まれた人が皆隠さずにちゃんと自己申告するのには笑えましたが。これも国民性なんでしょうかね。
[ 2012/08/31 00:49 ] [ 編集 ]
まさにハイテンション!
最初のほうの、「消防署体験!」みたいなところは、ちょっと退屈だけど、途中からジェットコースターのように急展開していくのが、くせになります。

日本人一家が出てくるから、みょーに親近感わきます。
あれ、いつの間にかゾンビになってる・・しかも奥さんだけしか出てこない。
夫と子供はどうしたんだろうなー・・なんて気になって仕方なかったです。

死を招く病の感染の恐怖であったり、凶暴化したものたちへの恐怖であったり、閉じ込められる恐怖であったり・・・謎がはっきりしないところがまた面白いですねー。

続編もあるんですが、全然おすすめできません。
「犯人は悪魔!」なんて事になっちゃうので、仏教徒の私には全然実感わかなくなっちゃいます。

そして、三作目はまったく別物の映画になっちゃうらしくて・・・。
あ、でもきっとDVDでレンタルはじまったら、見ちゃう私です。
[ 2012/08/31 06:21 ] [ 編集 ]
Re: たしかにギャーギャーうるさいですね(笑)
コメントありがとうございます!

DVD借りる前にアンジーさんのサイトのレビュー参考にさせていただきました!
レビューに違わず面白かったです。

意外に(?)奇をてらわずに真正面から驚かせにきているのに好感が持てますよね。
恥ずかしながらロメロ御大の作品は「ゾンビ」しか観たことなかったので、子供ゾンビって割と新しい要素なんじゃ?とか思ってましたがゾンビの原点とも言える作品でもう既に出てたんですね・・・・!
ゾンビ映画ガッツリ観るならロメロ御大の最初の三部作くらいは押さえとかなイカンなぁと改めて痛感しました。

スペインの人の元気の良さには圧倒されました(笑)
日本人なら一人で安全地帯(大体すぐ崩壊する)に閉じこもる奴とか数人で勝手にチーム組む奴とか出てきそうですねー。
良い意味でも悪い意味でもすごくストレートで正直だなぁと思いました。
[ 2012/08/31 09:10 ] [ 編集 ]
Re: まさにハイテンション!
コメントありがとうございます!
勧めて頂いた通り面白い作品でした!

最初の方は「この調子で続くならヤバいぞ・・・!」と違う意味でハラハラでしたが全くの杞憂で良かったです(笑)
途中からはホントジェットコースターみたいに急に展開していってグングン引き込まれますよね。

日本人の一家は一瞬だけ日本語しゃべるところで「あっホントに日本人なんだ」となぜか妙に感心してしまいました(笑)
奥さん以外ほとんど画面に映りませんし、上の階で病気で寝込んでいるおじいちゃんの話も放置されてて謎多き家族ですよね。

どの恐怖もオーソドックスながらちゃんと一定以上の水準でちゃんと見せてくれますよね。
謎が謎のまま残っているのもいいところ・・・・だと思ったんですが続編では解明されていっちゃうみたいですね。

あー、悪魔方面に言っちゃうんですねー・・・・。
日本でいうところの妖怪感覚で使われてるんだろうなー、という気はしますがやっぱり馴染みにくいですよね。
とはいえ「エクソシスト」や「オーメン」は怖かったわけですし使い方にも問題があったんですかね・・・・?

更に三作目は別作品!?と思って検索かけたら出てきた画像に噴き出してしまいました。(ネタバレかもしれないのでどんな画像かは一応伏せておきますね笑)
たしかに・・・・別作品かもしれません、今までと違う意味で気になります。
[ 2012/08/31 09:48 ] [ 編集 ]
P.O.V.映画のお手本
こんにちは。

『REC』好きですo(^-^)o 
アンヘラたんの微妙な美人具合が好きです。タンクトップ大好きです。ハアハア

ただでさえ凄いアトラクション映画だったですが、これ3Dで見たらどうなるんでしょうね。
死ぬかも。

『REC2』は好き嫌い別れるとおもいます。ゾンビからオカルトへ変貌しますので。
『REC3』ってまだ劇場でやってるのかな?こちらは密室からオープンスペースへ出てしまうので
きっと怖くないのだろうと思ってます。まあDVD出たら確実に見ますけど。
[ 2012/08/31 11:42 ] [ 編集 ]
Re: P.O.V.映画のお手本
コメントありがとうございます!

「REC」面白いですよねー!
ヒロインの紙一重な美貌も作品の魅力の一つですね(笑)タンクトップは正義!

これ3Dは嫌ですねー。
あのバアサンゾンビが走ってくるの考えただけで鳥肌が立ちます(笑)

続編の情報ありがとうございます。
それぞれテイストがだいぶ変わってしまうんですね。
シリーズもの途中まで見ちゃうと乗り掛かった船というべきか、評判に関わらずとりあえず観てみようという気になりますよねー。
[ 2012/08/31 23:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。