スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

フロム・ビヨンド ~執念~

ガイコツ
どうもです。
今回は「フロム・ビヨンド」について話していきましょう。


ロボコップ
この作品は「死霊のしたたり」スチュアート・ゴードン監督の1986年の作品だ。
というか100本目なのにB級ホラーでいいのか・・・・?


ガイコツ
DVD化されてなくてVHSしかないのでビデオデッキとか用意したり筆者的には割と大変だったらしいですよ。
「こんな苦労したんだから100本目に決定やな!」とか言ってましたし(笑)


ロボコップ
なんやその読んでる人に全く関係ない選定理由は・・・・!?
ま、まあ内容の話にそろそろ移ろうか。
ストーリーはこんなカンジ。




その研究所では、人間の脳に秘められた可能性を探る機械が開発されていた。科学者は実験を開始するが、脳の深淵を越えた別次元の世界から奇怪な生物が現れ、研究所は地獄絵図と化す……。
Yahoo映画より引用
フロムビヨンド
だって観たかったんだもん・・・・。
ガイコツ
脳の松果体を刺激し肥大化させてしまう機械、共振器の影響を受けて、登場人物がこの世ならざるものを見たり襲われたり、スケベになったりするというストーリーです。


ロボコップ
一応原作はラブクラフトの小説なんだが、6ページの短編なので冒頭の博士が異世界の化け物に殺されてしまうという場面以外はほとんど創作された話らしいな。
なので監督たちの趣味が随所で爆発してる気がするぜ(笑)


ガイコツ
特にエログロ方面に関してはかなりの執念を感じる作品ですよね。
共振器で松果体が肥大したせいでスケベになるって設定は多分後からつけ足されたものだと思いますし(笑)


ロボコップ
監督よ、そこまでしてセクシーなシーンを撮りたかったのか?グッジョブ!


ガイコツ
冒頭で死んだはずの博士が異世界の化け物と融合して復活し、ヒロインにセクハラをするシーンがあるんですが、何だかその化け物に監督が重なって見えた気がしましたからね(笑)


フロムビヨンド5
監督の執念が具現化した恐ろしいモンスター!
ロボコップ
で、監督からエログロの洗礼を受ける登場人物たちだが、「死霊のしたたり」でもメインで出演していたジェフリー・コムスバーバーラ・クラプトンが前に引き続きいい演技してるよな。


ガイコツ
バーバラ・クラプトンに関しては「死霊のしたたり」ではゾンビにセクハラされ、この作品では異世界の化け物にセクハラされと大変ですよね(笑)
しかも今作は松果体が肥大化してスケベになるところもやってましたし。
本当に頭が下がります。

フロムビヨンド3
頑張れバーバラ・クラプトン!負けるなバーバラ・クラプトン!
ロボコップ
あとは黒人警官役の人どこかで見たことあるような・・・・と思ったら「ゾンビ」にも出演しているケン・フォリーでちょっと驚いたぜ。
ちなみに「ゾンビ」では最後まで生存してたががこの作品ではなかなか凄惨な死に方してたな(笑)


フロムビヨンド2
ケ、ケン・フォリーィィィィィ!?
ガイコツ
化け物たちについては松果体が肥大化しすぎて頭から松果体が飛び出てるっていう設定なんですがどう見てもチョウチンアンコウでちょっと笑っちゃいましたね。


ロボコップ
飛びだしてる松果体の動きもなんかピョロピョローってカンジでちょっとコミカルだしな(笑)
一応フォローしておくとそこの部分以外はかなりグロテスクで見応えのあるモンスターだぜ。


フロムビヨンド4
気合入っててグロテスクだけど頭のピョロピョロが脱力系
チョウチンアンコウ
こいつもなかなかグロテスクななりしてますな。
ガイコツ
そろそろまとめに入りますが、
ラブクラフト原作として観てはいけない作品ですが監督の趣味やら執念やら怨念やらがいいカンジで暴走してる作品ですね。
エログロが大丈夫だという方は是非。


ロボコップ
DVD化されてないのが残念なタイトルだな。
ホラー秘宝やらホラーマニアックスやらでDVD化されないかしら。
ということで今回はこのくらいかな、じゃあの。


ガイコツ
・・・・というか100本目がこんないつも通りのカンジでいいんでしょうか?
ではまたー。




なんかやろうと思ってたけど気付いたらいつも通りになってた・・・
↓いつも通りクリックお願いします↓

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スポンサーサイト
ブラボー です。
ちょうちんあんこうに、思わずぶって吹き出しちゃいました。
たしかに、あれは・・そうです。

ちなみに、私はこれを民放の深夜放送で見ました。
まだ、ホラーへの放送規整がゆるい頃ですね。
今の時代だったら、グロ面でもエロ面でも規整にびしびし引っかかっていたはずです。
面白かったから、そのあとレンタルビデオ屋で定期的に何度も借りて、やっぱり店員に不審な目で見られて・・・。
今では、いい思い出です。

ビデオデッキを用意したんですか~。 遠い道のりだったんですね。
涙ぐましい努力です。

うちには、まだしぶとく一台生き残っています。
私の好きな映画はDVD化されていないもの、またはすぐに廃盤になっているのが多いから。

そうそう、もう一人、おなじみの顔がいたはずです。
「死霊のしたたり」「フロム・ビヨンド」「ドールズ」にインパクトある顔で登場する女性キャロリン・パーディ=ゴードン(顔がいかつい個性的な顔の女性)は、監督の奥さんだそうです。
「フロム・ビヨンド」の中では、看護婦か医者だったと思う。

そして、たいてい映画の中で、奥さん惨殺されています。 欲求不満だろうか・・・。
いえいえ、これも愛なんでしょうねー。 

私も「フロムビヨンド」をまた見たくなりました。ヤフオクでレンタル落ちを探してみようかな。
[ 2012/08/28 05:59 ] [ 編集 ]
Re: ブラボー です。
コメントありがとうございます!

深夜放送でやってたんですか!?羨ましいです~。
今だと映画専門チャンネルではありえるとしても地上波では絶対にやらないでしょうね・・・・。
ビデオ、何度も借りているうちに店員さんに「フロムビヨンドの人」として認識されていそうですね(笑)

ビデオデッキは友人宅の押し入れで眠っていたものを借りてきたのですが、使うのが久しぶりでなんかわたわたしてしまいました(笑)

DVDどころかブルーレイだって出てるのにビデオじゃないと見られないという作品多いですよねー。
TSUTAYAで見つけてあっと思ったけどVHSだけだったってこと、今まで結構ありました。

キャロリン・パーディ=ゴードン・・・・画像検索して分かりました!
そういえば「死霊のしたたり」でも「フロム・ビヨンド」でも医者の役で出てますね、監督の奥さんなんですか。
奥さん撮りたいけどいかつい顔個性的な顔だからヒロインにはさすがにできないしってことで苦渋の決断で惨殺される役にまわされた・・・・と考えたいです(笑)
なんだかんだ殺されるところって映画の見せ場ではありますし。
ケイト・ベッキンセイルだったりミラ・ジョヴォヴィッチだったらメインにドンと据えて撮っちゃうんでしょうけどねー。
[ 2012/08/28 21:14 ] [ 編集 ]
おー、これになりましたか・・・
こんばんは、記念のエントリーが「フロムビヨンド」とは実にスバラシイ(ーー;)

僕もこれ見たのは20年以上前に友人がレンタル屋で借りたテープをダビング(時効だから許して欲しい(__;))した代物を手渡され「これオモロイから見ろ!」と言われて鑑賞しました。当時はあんまりその人のこと信用してなかったのでマユツバ気分でしたが見たらホンマに面白かったのでビックリしたものです。

究極の進化がアンコウ化する額というのも爆笑しながら楽しんでしまいました。そして「死霊のしたたり」同様こちらのバーバラ姉さんの仕事ぶりがよりエッチで良かったですねー。ころころはエンパイアビクチャーズにハズレなし!と勝手に思ってましたがいつのまにやら会社時代が無くなってしまったのは残念でした(「ドールズ」や「ロボジョックス」も確かココだったと記憶していますがどれも好みの内容だったです)

別に高画質のHDじゃなくて(というかむしろ汚い画面の方が合うかも)良いんでどっかで放送してほしい映画ですね。
[ 2012/08/28 21:37 ] [ 編集 ]
スバラシイ
やっぱり alai Lama さんのセレクションはスバラシイですw
「フロム・ビヨンド」高校生の時だったでしょうか、実家のリビングで見ていて母親に思いっきり引かれたのを覚えています。。。内容は全然覚えていませんww
[ 2012/08/28 22:33 ] [ 編集 ]
Re: おー、これになりましたか・・・
コメントありがとうございます!

この映画を勧めてくれた人がいたんですね。
しかしよりによってこの映画を「これオモシロイから見ろ!」って手渡してくるご友人もすごいですね、結構勇気がいると思います(笑)

博士が「行くのだ、あちらの世界に」と言った直後助手の額からピョーンと出てきたときには噴き出してしまいましたねー。あとバーバラ姉さんは仕事人だなーとなぜか感心してしまいました(笑)
私は「死霊のしたたり」とこの作品しか見てないのでエンパイアピクチャーズの他の作品も見たみたいです。
特にあまりにコストがかかり過ぎて会社が傾いたと言われている「ロボジョックス」が気になります。

たしかにこの作品に関しては暗闇でグチャグチャとしたのがハッキリと見えないほうが逆に雰囲気があるかもしれないですね(笑)
[ 2012/08/29 08:25 ] [ 編集 ]
Re: スバラシイ
コメントありがとうございます!
100本目がこの映画で大丈夫でしたかね・・・?

たしかにこの映画は親御さんが見てドン引きするのも仕方ないかもですね(笑)
多分私が親御さんの立場でもオイオイ大丈夫かって思うと思います(自分は好んで見るのに)。
内容覚えてないのも・・・・それも仕方ないと思います(笑)
[ 2012/08/29 08:44 ] [ 編集 ]
かなぶんです。
 コメント失礼します。

 コレ、数十年前、「死霊のしたたり」と同じ頃にVHSで観ましたが、見事に内容は覚えてません!

 一つだけ覚えてるのは、ヒロインが女王様ルックで黒人を誘惑して、「恥を知りなさい!何ですか、その格好は!」みたいに言われ、シュンとしてる場面だけです(笑)でもレビューを読んで、また観たくなってきました…

 また遊びに来ます!
[ 2012/08/30 23:33 ] [ 編集 ]
Re: かなぶんです。
コメントありがとうございます!

私は観たばかりなのでまだ鮮明ですが、年月が経つと「死霊のしたたり」もこの作品も楽しかったという記憶はあれど内容はさっぱり覚えていない、という状態になりそうなだなーという気はします(笑)

黒人さんはこの作品の良心でしたねー。
そのシーンもこれだけの自制心があればそりゃゾンビの中でも生き延びるわ、と感心して見てました(違う作品ですがw)。

これからもよろしくお願いしますm(_ _)m
[ 2012/08/30 23:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。