キャビン・フィーバー ~オマージュ祭り~

ガイコツ
どうもです。
今回は「キャビン・フィーバー」について話していきましょう。


ロボコップ
この作品はイーライ・ロス監督の2002年の作品だ。
筆者はホントは「REC」借りるつもりだたんだが運悪く借りられていたので名前を聞いたことがあるこの作品を借りてみたようだ。


ガイコツ
今回は名前以外なんも知らないのにホント適当に借りましたね。
サスペンスの棚にあるからサスペンス的な話なんやろか?ってレベルで。


ロボコップ
ニュートラルな状態で観ることができる(キリッ とか言ってたがどうなることやら・・・・。
ではそろそろ内容の話に移ろう。
ストーリーはこんなカンジ。




学生生活も終りを迎えた5人の若者ポール、カレン、ジェフ、マーシー、バート。最後の夏休み、彼らは好き勝手にハメをはずして楽しむため、森の奥のキャビンを借りて過ごすことに。さっそく、酒とドラッグとセックス三昧で盛り上がる彼ら。ところがそこへ、血だらけの男が突然乱入してくる。5人はパニックになりながらも、なんとか男を追い払い、平静を取り戻す。しかし翌日、カレンの身体に異変が生じる。皮膚が膨れ上がり、やがて爛れて血があふれ出てきたのだ。症状が悪化するにつれ、仲間たちの間に、この謎の病気は伝染するのでは、との恐怖が広がる…。
allcinemaより引用
キャビンフィーバー
   \  /
     X  /⌒⌒⌒⌒⌒⌒\  。
   / ∩. ( ( ( ( ( ( ( ( ( ( (  ヽ   〇
  / ( ⊂) ヽ r----------、  `、  +
      | |  レ  ノ   ヽ、_  \ ,i  
     トニィ / (●)  (●)   ヽl 
 。   .|  i |   (__人__)     |
     \  \   ` ⌒´     ,/
      \  ヽ        ノ  
    +    ン `ー---一 ' \            。
. 〇     ./ イ( /  /   \      +
        /  | Y  |  / 入  \
       (   | :、 |  / /  ヽ、 l      〇
+   。   .j  | :   | / ィ    |  |
        くV ヽヘ_ ヽ  \  仁 」  +
         ー 〕   \  〉(⌒ノ         o
     +    /  ヽ   |
  〇   o  /  / ',   |        。   +
        /  <    ',_  ヽ   +
        /   |    \  \
 +     /__」      ユ   >,      +
      「__,h_」     <_-,ィ_/   

観る前のイメージ
               ,, -―-、
             /     ヽ
       / ̄ ̄/  /i⌒ヽ、|    おぇーー!!!!
      /  (゜)/   / /
     /     ト、.,../ ,ー-、
    =彳      \\‘゚。、` ヽ。、o
    /          \\゚。、。、o
   /         /⌒ ヽ ヽU  o
   /         │   `ヽU ∴l
  │         │     U :l
                    |:!
                    U

観た後

ガイコツ
特にすごい盛り上がるところもなく、かといって眠くなるようなところもないのですが全体通してどこかムズムズする独特な雰囲気を持った作品ですね。


ロボコップ
ストーリーは基本的には皮膚がただれて血を吐きやがて死に至る伝染病に直面し、極限状態でバラバラになっていく5人の若者たちを描いているんだが、その本筋には必要ないだろと思うような要素もたっぷりと混ぜ込んでるせいで収拾がつかない状態になってるよな(笑)


ガイコツ
登場人物でも意味ありげに出てきたけどそこまで意味なかった人物とか、意味ありげに出てきて何かやったけど結局意味分かんない人物とか色々いましたね(笑)
あと出てくる登場人物たちみんなどこかおかしい奴らだらけです。


ロボコップ
パンケーキ!と言いながら噛みついてくる少年とかな。
意味不明ながら何か異様なパワーを感じたぜ(笑)


キャビンフィーバー1
左が件のパンケーキ少年
ガイコツ
あとこの作品は過去のホラー作品のオマージュ的な要素が感じられてそこも見所ですよね。
まず若者5人で山小屋に行って酷い目に遭うっていうところから「死霊のはらわた」的ですし。


ロボコップ
その小屋が湖畔にあるっていうのは「13日の金曜日」的だし、わけわからんままちょっとサイコ気味の村人に追いかけまわされるところとかは「悪魔のいけにえ」っぽさも感じたかな。


キャビンフィーバー2
きょうのさいこ(きょうのわんこ的なニュアンス)
ガイコツ
あとは一瞬映る動物のきぐるみは「シャイニング」で、救いのないラストに陽気なカントリーミュージックは「マニアック2000」的ですかね。
それに感染者の姿はさながら「ゾンビ」といったところでしょうか。


キャビンフィーバー3
彼女は美人・・・・ってギャー!
ロボコップ
筆者が気づいてないだけでまだまだあるかもしれない(逆にこじつけ的なところもあったかもしれない)がこんだけたくさんの要素突っ込んだらまとまらないの当たり前だろ!


ガイコツ
作品としてのまとまりは絶望的なくらい感じられないのですがそれが最初に言った独特な雰囲気も作っているのでなんとも痛し痒しなところですよね(笑)


キャビンフィーバー4
最終的にブルース・キャンベル的な姿に落ち着く青年。
ロボコップ
そろそろまとめに入るが、
話があっちこっちに飛んでいくのでまとまりはないが独特な雰囲気がある作品だぜ。この雰囲気が好みかどうかでだいぶ評価が分かれそうでもあるが。


ガイコツ
過去のホラー作品のオマージュを観ているだけでもまあニヤニヤできるので、ホラーが好きな方はとりあえず観てみてはいかがでしょうか。
あ、あと皮膚がデロデロになるのでグロ注意です。
今回はこのくらいですかね、ではまたー。


ロボコップ
上にある画像の時点でグロ苦手な人はブラウザバックしてるから大丈夫だろ(笑)
というよりそういうのが苦手なのにこのブログを読んでくれる奇特な方っているのかしら・・・・?
じゃあの。



↓話しているうちに話がまとまらなくなっていく方ははクリック!↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スポンサーサイト
[ 2012/08/21 05:30 ] ア行 イーライ・ロス | TB(0) | CM(2)
グロへっちゃらですっ。[絵文字:v-91] 
今までまったく知らなかった映画で、本当に、サタデーナイトフィーバー的なイメージ持ってましたね、私は。

それと、フィーバーは「発熱」って意味もあるから、山小屋で風邪でもひいたんか?お大事に~
なんてイメージでした。

本当に、映画のタイトルって大事ですねー。
中途半端に英語を知っているモンだから、しらけてしまうこともよくあるんです。
「パンプキンヘッド」も、つい「カボチャ頭」と訳してしまって、見る気を無くした一作です。
「キャンディマン」は「あめちゃん男」か。(笑)

レンタル店で「山小屋の発熱」を見かけたら、チェックしときます。
おもしろそうですね。

それから・・・「REC」にはぱっちもんが大量に存在します。
あ、ぱっちもんじゃなくて、リメイクっていうんですね、失礼しました。

関西の主婦なんで。

スペインのオリジナルは面白いけど、アメリカや韓国(これはリメイクじゃなくて別物)はいまいちだと聞いていますので、借りるときは気をつけて下さいね。
[ 2012/08/21 11:56 ] [ 編集 ]
Re: グロへっちゃらですっ。 
コメントありがとうございます!
グロへっちゃらなのは存じております(笑)

「サタデーナイトフィーバー」のせいなのかフィーバーっていうと明るいイメージを持ちがちですよね(笑)
キャビン・フィーバーの意味は「僻地や狭い空間で生活するときに生じる情緒不安定」だそうです。
なのでこの作品は山小屋という狭い僻地で生活するときに生じる情緒不安定を描いて・・・・いるのかなぁ?

たしかに海外の映画タイトルを逐語訳的に訳してしまうと興が冷めてしまうことってありますよね。
かといって改題して邦題にした方がいいかというとそんなこともないので難しいところです。

ふむ、「REC」いくつかぱっちもんがあるリメイクされているんですね・・・・!
たしかにRECの後ろに色々と言葉がくっついたタイトルのやつも置いてました。
とりあえずオリジナルのスペイン版を狙ってみます。

ぱっちもんもそうですが、あめちゃんという言葉にも関西らしさを感じました(笑)
[ 2012/08/21 19:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL