スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

裏窓 ~覗き「ダメ。絶対。」~

ガイコツ
どうもです。
今回は「裏窓」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はアルフレッド・ヒッチコック監督の1954年の作品だ。
最近B級カルトな作品の比率が高かったので世で名作と言われている作品を見て気持ちをニュートラルな状態に戻そうという狙いなようだ。


ガイコツ
最近はボケ拾ってやるぞー!的な超前傾姿勢で観てたこと多かったからですからね(笑)
今回は背筋をシャンとしてリラックスした自然な姿勢で観ることを心がけました。


ロボコップ
もうすでに背骨曲がってて自然な状態でも猫背気味になってる気がするけどな・・・・。
では内容の話に移ろう。
ストーリーはこんなカンジ。




カメラマンのジェフは事故で足を骨折し、車椅子生活を余儀なくされる。そんな彼にできる楽しみは、カメラの望遠レンズを使って裏窓から見る隣のアパートの住人達の人間模様の観察であった。
ある日、いつも口喧嘩が絶えなかった中年夫婦の妻が突如として姿を消す。セールスマンらしい夫の怪しい挙動を観察していたジェフは、数々の状況証拠から殺人事件と確信。恋人リザと共に調査に当たる。事件を認めない友人の刑事を納得させるため、確たる証拠を掴もうとする二人に危機が迫り……。

Wikipediaより引用
裏窓
家政婦カメラマンは見た!
ガイコツ
窓から見える向かいの部屋がなんか怪しいっていうネタ一本でここまで面白くできちゃうってすごいですね!


ロボコップ
主人公が脚骨折してて動けないから画面に映るのは主人公の部屋と部屋の窓から見える景色だけとすごく限られているにもかかわらず、窓から見える人たちのそれぞれの生活を見ているだけでも全然飽きないんだよな。


ガイコツ
問題の家を監視している合間合間にそのほかの家々の様子も見えてそっちはそっちで別の物語が展開しているっていうのがまた面白いですよね。


裏窓1
よーし、暇だからおじちゃん覗いちゃうぞー!
ロボコップ
窓から他人の部屋を覗くっていうちょっと下世話な話なのに軽いお洒落な雰囲気なのが面白いよな。
登場人物がお洒落だからだろうか。


ガイコツ
それもありますしウィットに富んだ会話のやり取りもなんとなくちょっとお上品というかお洒落な印象を受けますよね。
ジョークにしてもバカうけというよりもクスッとくるカンジで。


裏窓2
おばちゃん「ウインドウショッピングですか?」
ロボコップ
登場人物についてはナイスミドルな役のジェームズ・スチュアートにおてんば娘的な役のグレース・ケリーなどみんないいキャラしてるよな。
窓から見える人たちにしても表情はあまり見えないがそれぞれに個性が感じられるし。


ガイコツ
特にグレース・ケリーはホント素敵でしたねー。
この作品で初めて見たんですが他の作品も観てみたくなります。
「ダイヤルMを廻せ!」とか「喝采」とか「泥棒成金」とか。


裏窓3
ハリウッド素敵!
ロボコップ
あと面白いなと思ったのが向かいの家の男は妻を殺したのかという謎が物語の原動力になっているんだけどなぜ殺したかとかどうやって殺したかそういう殺しの内容の部分は全く重要視されてなくてオチでも明かされてないところだな。


ガイコツ
オチの雰囲気で男がやったっぽいってことは分かりますがセリフでは殺したかどうかですら明かさずじまいですもんね。
これがいわゆるマクガフィンというやつでしょうか・・・・?


ロボコップ
マクガフィンなんて言葉初めて使うから使い方あってるか不安だぞ・・・・(笑)


裏窓4
覗く先には・・・?
裏窓5
何覗いとるんじゃコラァ!
ガイコツ
そろそろまとめに入りますが、
非常に限られた空間ながら適度な緊張感とユーモアを持って飽きさせずにストーリーを展開していくのはさすがだなぁとしか言いようがありません。
名作だとは言われてますがそんな肩ひじ張らずにリラックスして楽しめる作品でもありますね。


ロボコップ
少なくとも前傾姿勢でネタを拾いにいかなくてもいい作品だわな(笑)
たまには名作も観るのもいいな。
では今回はこのくらいかな、じゃあの。


ガイコツ
普通名作とB級の比率が逆な気がしますけどね(笑)
ではまたー。




 何気なく振り向いたら偶然家の中の人と目が合ってカーテンシャッと閉じられて
↓いや覗いてたわけじゃないよ!と誰にするというわけでもなく一人言い訳した経験のある方はクリック!↓

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スポンサーサイト
こんばんは
暑い日が続きますがお元気ですか?

だいぶん前になりますけど、この作品や『めまい』『サイコ』なんかを続けて観た覚えがあります。
こんな肝心なときに車椅子で思うように動けず、いらいらしつつも代わりに手足となって動く女性達にハラハラする主人公。
上質なサスペンスですよね。
最近、また観たいなぁと思っていたところでした。

ホラー記事が続いていて、ホラー祭だー!と思っていたところに『裏窓』。
秋ももうすぐ、というところでしょうか。
[ 2012/08/15 20:34 ] [ 編集 ]
Re: こんばんは
コメントありがとうございます!
立秋を過ぎたというのに暑さはまだまだ収まりませんねe-351

ヒッチコック作品続けて観られたんですか。なんだか素敵ですね。
クライマックスでグレース・ケリーが部屋に乗り込んでいくところなんて主人公なのにただアワアワハラハラしながらも見つめているだけでそれこそ映画の観客みたいで面白いですよね。
すごいこだわりを持って撮ってるところが多いらしいので観返してみると新しい発見がありそうですね。

そこまで意識していたわけではないのですが夏に入ってからホラーの記事の比率が多かったですかね。
うだるような暑さはもう十分味わったので、早く秋がきてほしいです(笑)
[ 2012/08/16 08:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。