スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「遊星からの物体X」と「遊星からの物体X ファーストコンタクト」についてグダグダと話す会

ガイコツ
どうもです。
今回は「遊星からの物体X」「遊星からの物体X ファーストコンタクト」について話していきましょう。


ロボコップ
筆者は無印の方は2回、ファーストコンタクトの方は英語字幕(理解度30%)で1回観てはいるんだが、ファーストコンタクトがめでたく日本でも上映されることになったのでこの機会に両方とも観直してみたようだ。


      理解度3割で「遊星からの物体X ファーストコンタクト」にファーストコンタクトした記事はこちら

ガイコツ
あ、ファーストコンタクトの方は今回はちゃんと劇場で観たので理解度100%になりました。
前回観た時、英語音声英語字幕でさえすごく厳しいのに、舞台の設定に沿って一部ノルウェー語音声に英語字幕になってて死にかけてたのが今となっては懐かしいですね(笑)


ロボコップ
今当時の記事見返すと理解度30%のストーリーには全然触れてなくてビジュアルなどについて表面的にスーッとすくい取った湯葉もびっくりな内容だな(笑)
・・・まあ内容が薄いのは今も大して変わらんか。



      この記事は割と無造作にネタバレをしてしまっているので気にする方はご注意を。

遊星からの物体X 5遊星からの物体X 6
ユウセイカラノブッタイ エーックス ♪地上の星
ガイコツ
前回は字幕追うのに必死だったんですが、改めて観直してみるとファーストコンタクトはかなり無印をリスペクトした描写があるなぁと思いました。


ロボコップ
余裕を持って観られると随所でニマニマできたな(笑)
物体の細胞が人間の細胞取り込むところや同化されかけの死体の解剖、最初物体が天井にぶっ飛んでいくとこなんかはなぞってはいるがしっかり映像は新しくしているってカンジだったな。


ガイコツ
天井にぶっ飛んで行くところは無印の気持ち悪くズルッズルッと上がっていくのに比べてイヤッホー!みたいな元気のある飛び上がりでしたね。
このシーンは1回目観た時もビックリしたのに懲りずにめっちゃビックリしました(笑)

遊星からの物体X 7
細胞の様子がリアルに!
ロボコップ
登場人物は前の記事にも書いたけど女性の存在によってかなり雰囲気が変わるよな。
これも前の記事で言ったけどメアリー・エリザベス・ウィンステッドがいい味出してる(笑)


ガイコツ
無印の男だけのジリジリとした焦燥感ももちろん大好きなんですけどねー。
あと今さらですが女性が主人公で奮闘するというのはかなり「エイリアン」のエッセンスが入ってるカンジなんですね。

ロボコップ
南極だからシガニー・ウィーバーみたいに薄着でセクシー的なシーンはなかったけどな、残念
でも火炎放射機を構える姿はなんだかんだやっぱりカート・ラッセルが重なる気がしたけどな。


遊星からの物体X 8
新旧火炎放射対決!
ガイコツ
さっき言った無印のジリジリとした焦燥感ですが天候が吹雪でほとんど外で行動できないっていう閉塞感も大きな原因の一つですよね。


ロボコップ
なんだかんだファーストコンタクトの方は結構中盤以降も外出てたって印象があるな、クライマックスのUFOも基地の外だったし。
密室サスペンス的な要素は無印の方が強かったな。


ガイコツ
ファーストコンタクトの方にも無印とは違う方法で物体かどうかのチェックするシーンがあってそれはそれでドキドキしましたけどね。
どっちかっていうとモンスター的な物体との追いかけっこアクションの要素が強まっているでしょうか。

遊星からの物体X 9
追いかけっこスタート直前の選手たちの様子
ロボコップ
多分昔の技術だとあんな複雑な物体が縦横無尽に動き回るのは困難だっただろうから今の時代ならではってカンジだろうな。
個人的には物体の質感については無印の方が好きだけど。

ガイコツ
なんでしょうね、作り物っぽさは昔の方があるんですが生理的に受け付けない不潔さも昔の方がある気がするんですよね。
今のクリーチャーがダメってわけじゃなくてあくまで個人的な好みの問題ではあるんですが。

遊星からの物体X 10
ホラ、なんか触ったらネトーッギトーッてしそうな質感
ロボコップ
ファーストコンタクトの方にも面白いクリーチャーいたけどな。
前の記事にも書いたけど顔スリスリしたらペターっとくっつくヤツとか手だけでカサカサ動くヤツとか。


ガイコツ
後者は特にブレアの頭だけでカサカサ的なカンジを彷彿とさせて結構好きですね。
襲い方もちょっとユニークですし(笑)
あと前の記事にも書きましたが人間を襲って同化する過程を直接的に写したのは新しくて面白かったですね。

ロボコップ
面白いっつってもウゲーッな意味での面白さだけどな(笑)


the thing2011 スリペタ
無印にも出るよ!スリペタさん!
ガイコツ
ファーストコンタクトについては新しい要素を結構楽しめたんですがその中で一つだけ、UFOの内部のシーンは作品と毛色が違いすぎてちょっとなぁと思ってしまいました。


ロボコップ
微妙に既視感のある近未来SF的な雰囲気なんだよな。
ダサくはなくてスタイリッシュなんだけどあんな醜い物体が乗る船がコレかよ!みたいなツッコミを入れたくなる(笑)


ガイコツ
なんでしょうね、それこそもうすぐ公開の「トータルリコール」とかに出てきてもおかしくなさそうなスマートさが逆に違和感を覚えるんですよね(笑)


遊星からの物体X 11
UFOの画像が見つからなかったのでこれは本編で!
ロボコップ
長くなったのでそろそろまとめにはいるが、
両者を比べるとリスペクトしててニヤニヤするところもありつつも単なる焼き直しにならないように新しい要素も結構あったりしててそれぞれ違った魅力がある作品だな。


ガイコツ
それぞれの要素を比較してどっちがいいとかではなくみんな違ってみんないい的なカンジでしょうか。
今回はこのくらいですかね、ではまたー。


ロボコップ
最後に金子みすゞかよ(笑)
じゃあの。



おまけ:イベントのメアリー・エリザベス・ウィンステッドさん
遊星からの物体X 12


↓好きな作品のリメイクは地雷そうだな・・・と思っても観に行ってしまう人はクリック!↓
※この作品が地雷というわけではありません

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スポンサーサイト
無印のほうは、何度見てもいい
もう10回は超えるんじゃないかというくらい、見ているんだけど、カートラッセルの「遊星からの物体X
」は本当にいいですよねー。
このサイトの上のイラストにもある、お腹が割れてがぶりってモンスターは、何度見てもキャーv-42ってなります。

ちなみに、もう一つ前に「遊星よりの物体X」1951年作・・・というのがあり、これはもうレトロで、動きが遅くて、まだるっこしい奴が出てきます。
変なとげとか生えているけど、割とイケメンだったりして・・。

原語で映画というのは、英検1級くらいないと無理ですよねー。
私も昔、海外のホテルでブラッド・ピットの「セブン」を字幕無し(当たり前)で見たんですが、さっぱり理解できませんでしたよ・・。
グロイシーンは楽しめたけど。 
理解度30パーセントでもすごいなぁ。

見たいけど・・・とっても見たいけど、DVDになるのを待ちます。
同じ趣味を持つ友がいないので。 
主婦がホラーで1人映画館はつらすぎv-237

ちなみに、これから楳図かずお原作の「神の左手悪魔の右手」と「赤んぼう少女」のDVDを見まーす。
連休ばんざい。
[ 2012/08/11 12:57 ] [ 編集 ]
Re: 無印のほうは、何度見てもいい
コメントありがとうございます!
「遊星からの物体X」いいですよねー!
序盤の犬がうろついてるだけのシーンでも張りつめた緊張感が感じられるのがすごいな~と思います。

「遊星よりの物体X」の方は観よう観ようと思いつつまだ観てないです・・・・。
たしかフランケンシュタイン的なモンスターが出てきてましたよね?
ちょっとイケメンなんですか!?(笑)

原語で観るのはかなり厳しいですよね・・・・。
ファーストコンタクトの方はある程度ストーリーの予測のできる作品なのでまだある程度脳内補完できましたけど「セブン」は私も絶対無理ですねー(汗)
もっとちゃんと英語勉強しとけば良かったなーって思います(笑)

同じ趣味を持つ友人は私も欲しいですねー・・・・。
特にホラー映画はいつもぼっちで観てます(笑)

楳図かずお作品がお好きなんですね。
連休ばんざい!
[ 2012/08/12 01:01 ] [ 編集 ]
カート・ラッセル版のはたしかに何度見ても良い作品だと思います。
しかし、今度のリメイク版(再リメイクということですよね…)は
…見たいような見たくないような。。。


そういえば、地味にPS2のゲームで「遊星からの物体X」(続編!?)が
出てましたが…誰か記憶にある方いますか~???
[ 2012/08/12 17:41 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
コメントありがとうございます!
カート・ラッセル版はいいですよねー。
その点リメイク版の方は飛び抜けた良さというのはそこまでないかもしれませんが前作をリスペクトしつつ話がつながるように上手くまとめてはいるなと思います。
とりあえずメアリー・エリザベス・ウィンステッドがカワイイので機会があったら是非(笑)

そういえばゲームでも出てたんでしたっけ・・・・?
ニコ動のプレイ動画をチラッと見た記憶があります。
[ 2012/08/13 00:30 ] [ 編集 ]
納得いかんなあ
こんばんは、「物体X」大好きしろくろです。

この新作めっちゃ見たかったのにウチの地元・徳島はおろか四国でもまったく上映予定が無く(__;)ひじょーに憤慨しているところであります。「プロメテウス」や「アベンジャーズ」と同じ程度に(そんなヤツはあんまりいないか??)待っていたのになんたることかと。

前作カーペンター版はぼくを「こういう映画(__;)」に開眼させてくれた恩師(?)みたいな作品だと思ってまして、それまでホラー的な描写がある映画は一切受け付けなかった自分を「時計じかけのオレンジ」のようなルドヴィコ療法よろしく映画館で見続け耐えた結果、その日から「こういう映画」が平気になってしまったのですよ(冗談みたいに書いてますけどホンマの話なんです(ーー;))

なので劇場で見てみたかったですねー・・・あー残念だ(>_<)
[ 2012/08/18 21:48 ] [ 編集 ]
Re: 納得いかんなあ
コメントありがとうございます!

この作品、上映してるところがかなり少ないですよね。しかも一日一回上映のところがほとんど。
結構楽しみにしていた人は多かったんじゃないかと思うんですが・・・・(「アベンジャーズ」や「プロメテウス」ほどではないにしろ)
私が劇場で観たとき、父親に物体Xについて熱く語っている中学生くらいの少年もいましたし(笑)

「物体X」がターニングポイントになっているんですね!
私もジョン・カーペンター監督作品に初めて触れたのが前作だったので結構思い入れが強いです。
ホラー描写に慣れて平気になっていくっていう感覚は何となく分かります(笑)

好評を博して上映拡大するといいんですけどね・・・・。
[ 2012/08/19 20:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。