スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ゴッド・ブレス・アメリカ ~悪い子はいねーがー!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「ゴッド・ブレス・アメリカ」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はボブキャット・ゴールドスウェイト監督の2011年の作品だ。
アメリカの映画館で銃乱射事件が起きた時には上映されるか不安になったが無事公開されて一安心だぜ。


ガイコツ
映画館で騒いでる奴らを主人公が銃で撃つシーンありますからねー。
事件とは別物とはいえ批判がきてもおかしくないところをよくぞ公開してくれました。


ロボコップ
まあ実際批判とかクレームとかは結構来てるんじゃないかな、多分(笑)
ではそろそろ内容の話に移ろうか。
ストーリーはこんなカンジ。



離婚、リストラ、不治の病…、人生に疲れ自暴自棄となった中年男フランクは拳銃自殺寸前、テレビで流れていたリアリティ番組のワガママ・セレブ“クロエ”の言動が無性に腹が立ち、死を思いとどまる。翌日、番組の撮影現場に向かった彼はクロエを拉致して射殺。その現場を目撃、感動した16歳の女子高生ロキシーは、やがて彼と行動をともにする。彼らの目的はアメリカに巣食うバカどものせん滅。映画の上映中にケータイで話す奴、駐車場に割り込む奴、テレビで暴言を吐く過激な差別主義者や排他的な宗教指導者、くだらないテレビに出る奴、作る奴…、全米を旅しながら2人は世にはびこる許せない奴らを次々とブチ殺していくのだった。
goo 映画より引用
ゴッドブレスアメリカ
神よ!アメリカを守りたまえー! ババババババ
ガイコツ
どん底状態で自殺を図ろうとしていた中年男性フランクがワガママセレブをテレビで見かけたことをキッカケに自殺を思いとどまりなんか色々あって引っ付いてきた女子高生ロキシーとともに粛清世直しの旅に出発する、というカンジの物語です。


ロボコップ
粛清世直しの対象は弱者を笑い物にしたり、やたらに恐怖を喧伝する俗悪な番組を放送するTVやマイノリティーを差別し排除しようとする宗教指導者や政治家、マナーを守らない無礼な奴らなど多岐にわたるぜ。


ガイコツ
まあノリは違いますけど日本でも少なからずあることなのでそこまで違和感なく「あぁ、いるいるこういう人たち」みたいなカンジで受け止められると思います。


ロボコップ
そういう奴らを銃で爽快に片っ端からバンバンやっていくわけだけど、あくまでコメディということでそこまでシリアスなカンジではなくそれこそ「食らえこの野郎!バンバンバン!」的なヤジを飛ばす意味合いが強いカンジだったな。


ゴッドブレスアメリカ1
悪い子はいねーがー!
ガイコツ
こういう急に思い立って嫌な奴らをぶっ飛ばす系の映画はさえない男が主人公の場合が多いですけど、今回の主人公フランクもいい味出してますよね(笑)


ロボコップ
余命いくばくもないどん底の状態になったから爆発したものの、サイコな奴ではなく根は真面目で社会への怒りを抱えつつも今までずーっと我慢してきた中年男っていうのがちょっと悲壮感があるし、そういう人が爆発したからこその爽快感もあるな。


ガイコツ
最初の自殺を図ろうとするときの情けなーい顔から生きる目的を見つけたような笑顔への表情の変化は良かったなぁと思ってしまいますね、殺人なので倫理的にはもちろん良くはないんですが(笑)


ゴッドブレスアメリカ3
得意げなフランクさん
ロボコップ
相棒の女子高生のロクシーもいいキャラしてたな。
ぶっ飛んだキャラクターもそうだし、見た目もカワイイはカワイイんだけどちょっとダサいカンジとか絶妙だったわ。


ガイコツ
ヒロインヒロインした可憐さがなかったのが逆に良かったですね(笑)
そういえばヒロインといえば作中で似た系統の作品の「キック・アス」「スーパー!」のヒロインを意識したであろうネタが使われてましたね。
フランクが最初に鉄槌を下すワガママセレブ娘の名前がクロエだったり。

ロボコップ
「スーパー!」のヒロイン役エレン・ペイジ→エレン・ペイジの代表作「JUNO」→JUNOと呼ばれるのを拒むロクシー→間接的に「スーパー!」を意識している!?
・・・・分かりずらいわっ!

ゴッドブレスアメリカ2
ヒット・ガールに続け!タラ・ライン・バーちゃん!
ガイコツ
そろそろまとめに入りますが、
嫌な奴らをバンバンと打ち倒していく爽快感はもちろんありますが、主人公が真面目だということもあってアメリカの未来への憂いなどもユーモアを交えながら表現している作品かなと思います。


ロボコップ
あとフランクとロクシーの凸凹コンビのやりとりもほほえましくて良かったな。
ぶっ飛び具合では同系統の作品ほどではないかもしれんがしっかりと楽しめる作品だと思うぜ。
今回はこのくらいかな、じゃあの。


ガイコツ
タラ・ライン・バーちゃんのこれからの活躍にも期待ですね。
ではまたー。



おまけ:記事読むときのBGMにどうぞ・・・・って遅いか



オリンピックの柔道観ながらで打つのにすごい時間がかかってしまった。
↓松本薫選手の鬼気迫る表情に畏怖の念を抱いた方はクリック↓

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。