スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

エイリアン4 ~フュージョン!ハッ!~

ガイコツ
どうもです。
今回はエイリアン4」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はジャン=ピエール・ジュネ監督の1997年の作品だ。
「プロメテウス」を前になんとかシリーズ一通り観ることができたな。


ガイコツ
TSUTAYAでしばらくの間借りられてしまっていたので2週間空いちゃいましたねー。
その間に「ピラニア」シリーズなど観て有意義に過ごせたので良かったですが。


ロボコップ
感覚的には2週間なんかあっという間だなというカンジなんだけど、書いた記事を見返すと色々あったなーと感傷に浸ってしまったぜ(笑)
では内容の話に移ろう。
ストーリーはこんなカンジ。



冥王星の近くに停泊する宇宙船オーリガ号。200年前にエイリアン・クイーンの幼生を体内に宿したまま自らの命を絶ったリプリーのクローンが再生され体内のエイリアンが取りだされた。ペレズ将軍の指揮下、エイリアンは生物兵器として利用されようとしていたのだ。クローンのリプリーは過去の記憶だけではなくエイリアンの持つ凶暴さと運動性も引き継いでいた。密輸船ベティ号がオーリガ号に到着する。ベティ号の積み荷は冷凍睡眠中に誘拐してきた宇宙船のクルーたちだった。ベレズ将軍は彼らをエイリアンの宿主にしようとしていたのだ。
エイリアン4
復活のリドリー&エイリアン
ガイコツ
3のラストでリプリーは死んでしまったのでどうやって生き返るのかしらと思っていたらどっから取ってきたとも知れないDNAのクローンとして復活するんですね。
で、前作胸に引っ付いてたクイーンも一緒に復活すると。


ロボコップ
クイーンの方が目的でリプリーは副産物みたいだけどな。
リプリーは前作までの記憶を引き継いではいるんだが、エイリアンと遺伝子レベルで融合してしまったという設定だぜ。


エイリアン4 1
無双モードのシガニーさん。まだ清純派(?)ウィノナさん
ガイコツ
遺伝子レベルで融合って聞くと「ザ・フライ」を思い出しますね、リプリーも超人的パワーが身に付いてますし。体はデロデロになりませんが(笑)
前作まで対決していたエイリアンたちと融合してしまうっていうのが皮肉ですし面白い設定ですよね。

ロボコップ
一応人間側に立ってエイリアンから逃げたり戦ったりしてはいるもののエイリアン母性を感じたりもしてて今回はなかなか複雑な役どころだったな。


ガイコツ
最後のニューボーンを射出(?)するところのリプリーの涙はなかなか印象的でした。
初めてエイリアンを可哀想だと思ったシーンかもしれません。


エイリアン4 2
デザインは不評ながら、鼻ヒクヒクとつぶらな瞳が意外と可愛いニューボーンちゃん。
ロボコップ
リプリーの設定もそうだし、今回はエイリアンとの戦いというよりもエイリアンを利用しようとする人間たちの悪辣さが結構フィーチャーされてるよな。


ガイコツ
クローンで上手く復元できなかったリプリーの失敗作たちの扱いとか、誘拐してきた人たちを宿主にしたりとかなかなかえげつないことしてますしね。
まあそういうえげつないことやってた奴らは死に方もなかなかえげつない死に方するんですが。


ロボコップ
宿主にされた奴が宿主にさせた奴の頭にチェストバスターするところなんかはやっと一矢報いたってカンジだったな。


エイリアン4 3
記事では話題にしてませんが、奴らスイスイ泳ぎます。
ガイコツ
演出についてですがどこがどうとかは言えないのですがなんとなーく「デリカテッセン」「ロスト・チルドレン」に通じるらしさは感じられましたね。


ロボコップ
ジャン=ピエール・ジュネ作品常連のロン・パールマンドミニク・ピヨンが出てるからそう感じただけかもしれないけどな(笑)
この二人もいい味出してたぜ。


エイリアン4 4
この画像だとちょっとセクハラっぽく見える通称ゴリさんことロン・パールマン
ガイコツ
そろそろまとめにはいりますが、
1,2,3とはまた違った角度からエイリアンを描いていて個人的にはなかなか面白い作品だなと思いました。
まあ盛り上がり的には1,2には敵わないかもしれませんけどこういうのもアリではないかと。


ロボコップ
あ、そうそうシリーズの中ではグロ表現が一番多い作品なので注意が必要だぜ、とは言っても1,2,3観てきた人なら全く問題ないレベルではあると思うが。
今回はこのくらいかな、じゃあの。


ガイコツ
4もグロかったですけど衝撃度ではやっぱり1のチェストバスターが一番かなと思いますねー。
ではまたー。



ロン・パールマンを見るたび、「あっゴリ・・・・ロン・パールマンだ!」と思ってしまう人はクリック!↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スポンサーサイト
3と4は好き嫌いが分かれる作品だと思います。

4はアナザ―エンディングがかなり悲惨なものだったと記憶しています。
たしか…生き残ったリプリーらが辿り着いた故郷は廃墟になってた、、、みたいな
終わり方だったと思うのですが、ずいぶん前に見た作品なんで記憶が曖昧です(笑)

あと、「プロメテウス」はかなり楽しみですね♪
[ 2012/07/26 00:46 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
コメントありがとうございます!
3と4は確かにそうかもしれませんね。
自分は3はうーん、というカンジでしたが4は割と好きかもしれません。

アナザーエンディングの方観ました!
荒廃した地球でしかも軍に追われるというリプリーたちのこれからに全く安息がなさそうなラストでしたね・・・・。
描かれている荒廃した街がパリなのは監督がフランス出身だからなのかなぁと思いました。

「プロメテウス」待ちきれないです・・・!
[ 2012/07/26 08:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。