スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ピラニア ~リア充死ぬな!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「ピラニア」について話していきましょう。


ロボコップこの映画はジョー・ダンテ監督の1978年の作品だ。
筆者はこの作品、コメントで勧めていただいたので観てみたようだ。
「殺人魚フライングキラー」「ピラニア 3D」「ピラニア リターンズ」に続きコレで有名なピラニア作品は一通り抑えた感はあるな。


ガイコツ
ピラニアでググったところまだ「メガピラニア」とか言う作品もあるみたいですが、タイトルと引っかかった画像からどう考えてもアレな映画だったのでとりあえずここではスルーします(笑)


ロボコップ
調べてみたら「メガピラニア」ってアサイラム製かいな・・・・もう少し修行して心が強くなってから観よう(笑)
ではそろそろ「ピラニア」の内容の話に移ろう。
ストーリーはこんなカンジ。



山間部の立入禁止区域で若い男女が失踪。山に詳しい案内人と共に現地に赴いた女性調査員は、そこで奇妙な施設を発見、誤ってプールの放水バルブを開けてしまう。だが、その中には生物兵器として改良を施された特殊なピラニアの群れがいたのだ。河に流れ込んだ無数のピラニアは獲物を求めて下流へと向かった……。
piranha
海はジョーズ、川はピラニア、山はグリズリー、当時のアメリカ人のレジャーはボロボロ!
ガイコツ
最近のリメイク2作品のテイストがおバカなのに比べ、こちらは「ジョーズ」の姉妹作と言われるだけあってホラーの要素が強い作品ですね。


ロボコップ
「ジョーズ」みたいなザバーッ!ガブーッ!的なダイナミックさはないから地味ではあるんだけどどこにいるかわからない、そして気づかないうちに群れで忍び寄ってくるピラニアの怖さ張りつめた緊張感はなかなか良かったな。


ガイコツ
また、ピラニアの設定もリメイクとは違うんですね。
古代のピラニアではなく、アメリカ軍がベトナム戦争のために生物兵器として開発していたピラニアという設定になっています。


piranha1
「ピラニア分隊突撃ーッ!」「サーイエッサー!」
ロボコップ
真面目なホラーの設定としてはこっちの方がしっくりくるよな。
リメイクの方はおバカ度を増すために変なしがらみをなくしてるんだろうが(笑)


ガイコツ
人食いピラニアを人間が作り出したという設定は人間の過ちということをを強調するという意味ではすごいいい設定ですよね。


ロボコップ
作ったのも人間で流出させたのも人間でそれを隠そうとして被害拡大させたのも人間で食われるのも人間と完全に自爆してるよな。
食われる人間が全く意図してない人たちなのが大問題だが。


ガイコツ
何の罪もない子供たちやリゾートの客たちが襲われるのはさすがに可哀想だ、死なないでくれって気持ちになりました。
ざまあみやがれ!とか言ってたリメイク版のときとは全然違いますね(笑)


piranha4
同じリア充リゾートでもここまで見え方が違うとは・・・・
ロボコップ
あとは全く反省していないカンジのラストもなかなか衝撃的だったな。
「川は廃液撒いたので死にますし、海では生きられません(ドヤァ」


ガイコツ
救いようがないなぁと思うと同時にこれでまた死ぬのは関係ない人なんだろうなと考えると恐ろしいですね。
ピラニアでないにしろこういうことはいかにもありそうで妙に現実感があって怖かったです。


piranha3
ドヤァ・・・・
ロボコップ
そろそろまとめに入るが、
リメイク版とは違い真面目に作ってあるホラー作品で地味だがピラニアの怖さ人間の怖さを味わえる面白い作品だと思うぜ。


ガイコツ
古い映画なのでピラニアやグロ描写は明らかに作りものなカンジは受けますが、その代わり内容が結構しっかりしていたので今観ても楽しめる作品ではないかなと思いますね。
今回はこのくらいですかね、ではまたー。


ロボコップ
リアルではないがあのピラニアのピクピクプルプルしてるカンジちょっと可愛くて嫌いじゃないぜ(笑)
じゃあの。



↓クリックしていただけると、「メガピラニア」鑑賞に向けてパワーが漲ります↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スポンサーサイト
[ 2012/07/23 06:01 ] サ行 ジョー・ダンテ | TB(0) | CM(4)
こんにちは
ピラニア、見て頂いたんですねー。
何が怖いって、あのヒロインが一番怖かったです、わたしは。
脳天気すぎ。 いっちゃん最初に引き金を引いたのはあの人なのに!!

あと、最初に研究所に行ったときに、二足歩行のピラニアが、水槽のかげでクレイアニメっぽくギクシャクと登場したんですが、その後のストーリーにはまったく関係なかったです。
でも、なんだか、妙にかわいかったアレ。 ペットにしたい。

当時はきっと、ものすごい技術で、「オーマイゴッド!」などとアメリカの映画ファンの度肝を抜いたんだろうなぁ・・とほほえましく見てました。

前回のコメントで、12才の娘について書きましたが、とりあえず楳図かずおのマンガで特訓しています。
あれに耐えられれば、たいていのホラーは大丈夫。
今日はDVDで実写版の「猫目小僧」でも見ようかなー 
[ 2012/07/23 20:36 ] [ 編集 ]
Re: こんにちは
コメントありがとうございます!
「ピラニア」面白かったです、薦めていただいてありがとうございます。
たしかに必死に止める博士ぶん殴って水抜いたくせに「あなたが育てたのよ!」とか言って博士を責める側に回っているのには唖然としましたね。

二足歩行のやつは可愛かったですね(笑)
ストーリーに多少でも絡んでくることを期待してたのでちょっと残念でした。
ストップモーションつながりでハリーハウゼンの映画(見たことないですけど汗)とかに出てきそうだなー、とか思ってほのぼのと見ていました。

楳図かずおのマンガですか・・・・まことちゃんと漂流教室を一部チラッと読んだことしかないのですが結構エグイ絵柄だなーと思った記憶があります。
実写版「猫目小僧」って井口昇監督の作品なんですねー。気になってるけど怖くて手が出せていない監督さんです(笑)
[ 2012/07/24 01:45 ] [ 編集 ]
はじめまして!
読ませて頂きました!
ラストは嫌な終わり方なんですね
反省しない人間。。
30年程前の映画のようですが現代でも言える問題ですかね。
ずっと反省してないんだろうな。。。

そういえば最近こういうパニック映画観てなかったです。
最後に観たのはアナコンダかな?
夏にはこういう映画イイですよね!

ちなみにロボコップは保育園児時代、親と一緒によく観てました。懐かしい。。
あとなんJ、僕も好きです(笑)
[ 2012/07/26 23:40 ] [ 編集 ]
Re: はじめまして!
はじめましして!コメントありがとうございます!
人間大失敗しても喉元過ぎると意外にケロリとしていたりしますからねー、自分が痛い目に遭ってないと特に。
古い作品でも現代にも通じる部分があるのが素晴らしいなと思います。

他のジャンルの映画は季節感ってあまりない気がするのですが、こういうパニック映画はやっぱり夏ってカンジがしていいですね。(割と年中こういう映画観てますが笑)
「アナコンダ」上映当時雑誌かテレビかで紹介されてて観たいなーと思ってた記憶があります!
今度観てみようかしら、面白かったですか?

ロボコップ自分が観たのは結構最近(といっても数年前ですが)でなんで今まで観てこなかったんだと痛恨の極みでした。
スワローズが好きなんでそれがきっかけで見始めたんですがなんJ面白いですよね。
スワローズ戦地上波やネット中継があまりないんで(涙)試合実況はROM専ですがよく覗いています。

稚拙なブログですがこれからもよろしくお願いします!
[ 2012/07/27 08:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。