スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

メガ・シャークVSジャイアント・オクトパス ~しまったアサイラムや!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「メガ・シャークVSジャイアント・オクトパス」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はエース・ハンナ監督の2009年の作品だ。
筆者は午後のロードショーを録画していたのを鑑賞したぞ。


ガイコツ
午後のロードショー、やりますね。
海の映画特集と銘打って数ある海の映画の中からこのタイトルを持ってくるとは・・・。
タイトルは気になるけどお金出して観るのはちょとなぁ的な絶妙なところを突いてきますね。


ロボコップ
タイトルからして内容はお察しみたいなカンジだしな(笑)
ではそろそろ内容の話に移ろうか。
ストーリーはこんなカンジ。



アラスカ沖チュトコ海にて行なわれた航空ミサイル軍の極秘実験。その影響で万年氷が崩壊し、二体の巨大生物が出現。海洋学者のエマは、それが150万年前に絶滅した最大のサメ“メガロドン”と、巨大なタコである事を突き止める。長い眠りから覚めた怪物たちは世界各地の海域で大暴れし…。
メガシャーク
※この画像はイメージです。商品の内容とは異なる場合がございますのでご注意ください。
ガイコツ
開始直後の字幕で「しまった!この映画アサイラム製だ!」と気づいてどうなる事かと思いましたが一応最後までちゃんと観られました。
まあ内容はある意味予想通りの出来でしたが(笑)


ロボコップ
最後まで観られるのが合格ラインっておかしいだろ・・・・!
まああらすじは上にある通り氷が解けて古代のサメ、メガロドンと古代のでかいタコが大暴れしてさあ大変的な話だ。


ガイコツ
観る前はメガシャークとジャイアントオクトパスっつってもまあジョーズに毛が生えたくらいの大きさやろとか思ってたのですが、駆逐艦や海上プラント沈めたりと意味不明なデカさでビックリしました。


メガシャーク1
橋でもパクーですわ。
ロボコップ
マジでメガロドンてそんなにデカかったんかと驚いて調べてみたら・・・・
全 然 大 き さ 違 う や な い か!


メガロドン
これでもスゴく大きいですけどね。
ガイコツ
まあB級映画にそんなこと言ってもしょうがないですよ、ピラニアだって完全な創作ですし。
ジャイアントオクトパスの方なんて特に何の根拠もなくとりあえず古代だからというだけで巨大化させられてますし(笑)


メガシャーク2
海上プラントを襲うタコ。と、とりあえず古代って恐ろしー!

ロボコップ
まあこんなデカさだからサメもタコも全てCGで作られているんだがちゃちいとか何よりCGの使い回しが非常に多いのが気になったな。
予算的にしょうがないんだろうが「ア、アレ・・・デジャヴ?」ってところが結構あった(笑)


ガイコツ
サメが駆逐艦に3回体当たりして沈めるシーンがあるんですけど、
1回目→1回目の左右反転→1回目と同じと1つの映像を使いまわして3回の体当たりを表現していてこれには脱帽しましたね(笑)


メガシャーク3
飛行機にも元気よく飛びつくサメさん。このシーンは使いまわしていません。
ロボコップ
あと外国の映画にありがちだが、日本人役で日本人じゃないカンジの人が使われてたのが気になったな。
字幕でセイジ・シマダ(ヴィク・チャオ)って出てやっぱりなぁってなった(笑)


ガイコツ
外国の人は気にならないんでしょうけどねー。
逆に邦画では日本人は気にならないけど外国の方はアレ?って思うこともあったりするんですかね。


メガシャーク4
右が噂のヴィク・チャオ、中央は主演で歌手のデビー・ギブソン
テルマエ・ロマエ
ローマ人て主張してるし言いっこナシやね!
ロボコップ
そろそろまとめにはいろ・・・・うと思ったけど、
今回ストーリーの話一切しとらんやないか!
まあ、気になる人は観たらいいんじゃないかな・・・・。


ガイコツ
あえてオススメはしないですけどね(笑)
ストーリーに関しては観ればわかります!
今回はこのくらいですかね、ではまたー。


ロボコップ
観ればわかるって一体この記事の意味は・・・・?
じゃあの。




おまけ:この映画の良いシーンは全部予告編に詰まっておる!



この映画地雷やろ、とわかってても踏みたくなる好奇心ってありますよね。
↓このリンクもついでに踏んでいきませんか?↓

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スポンサーサイト
[ 2012/07/21 16:52 ] ア行 エース・ハンナ | TB(0) | CM(4)
まさに、そのまんまのタイトルですねー。
昔、「ジュラシックジョーズ」というひどい映画があったらしいです。
ポスターにはサメの絵、タイトルも恐竜か、サメが出てくるような題名なのに、実際にはサメとほど遠いタラのようなお魚さんしか出なかったそうで・・・

それに比べたら、良心的な映画ですよ、これ。
橋に食いつくなんて、グルメ!
写真見ただけで、映画見てみようかなって思わせてくれます。

海外の映画に日本人が登場すると、思わず夢中になっちゃう私です。
日本人が出ているだけで、リアルに感じるから、その映画がものすごく面白くなります。

それにしても、西洋の人は、日本人と中国人と韓国人は同じになっちゃうみたいで。
「REC」に日本人一家が登場するんですが、まわりの人は中国人だって言ってました。
面白かったです、REC。 一作目だけ。  おすすめです。
[ 2012/07/21 19:50 ] [ 編集 ]
Re: まさに、そのまんまのタイトルですねー。
コメントありがとうございます!
タイトルはいいとこ取りなのにそんなヒドイ映画があったんですか・・・・。
それに比べたらちゃんとデカいサメとタコが出てるこの作品は良心的・・・なのかもしれません。
たしかに橋に食いつくところは割と見ごたえありましたし。

やっぱり日本人が出ているとおっと思って端役でも結構注目しちゃいますよね。
日本人っぽくないとんっ?てなりますし。
普段意識してなくてもなんだかんだで自分は日本人なんだなぁと思います。

違う人種の人はあんまり見分けつきにくいみたいですよね。
軍隊とかでたくさん人が出てくる映画だと逆に自分が西洋の方たち見分けつけられないこともときどきありますし(笑)

「REC」ってPOVのホラーでしたよね?
タイトルはよく聞くのでどんなのだろうとは思っていたのですが面白いですか。
とりあえずオススメの1作目だけでも観てみます!

あ、話は変わりますが旧作の「ピラニア」TSUTAYAにあったので借りてみました。今から観ようと思います!
[ 2012/07/21 21:26 ] [ 編集 ]
私も観てしまった。。。
サメが海面から遥か上空まで大ジャンプして旅客機に噛みついたシーンには仰天しました。
この映画の功績はこのシーンの映像化ですね。
広大な海を背景にしていながら全編を貫く密室感は舞台劇になるレベルですね。
録画してましたがすぐに消しました。
[ 2012/07/25 13:02 ] [ 編集 ]
Re: 私も観てしまった。。。
コメントありがとうございます!
観てしまいましたか・・・。
海面からジャンプするシーンと橋をかみ砕くシーンはまあ見ごたえがあっていいんですがね・・・・。
良いシーンが予告編に全部収まっているので正直予告編観れば十分だったんじゃないかとも思えてきました(笑)

たしかにずーっと室内でしたね・・・・。
一番最初の海の生物を映していたシーンが一番海を感じさせるシーンだったかもしれません。
私も録画はすぐ消しました(笑)
[ 2012/07/25 17:41 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。