スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

トラウマ 鮮血の叫び ~全自動首チョンパマシーン~

ガイコツ
どうもです。
今回は「トラウマ 鮮血の叫び」について話していきましょう。

ロボコップ
この映画はダリオ・アルジェント監督の1992年の作品だ。
筆者はこの作品、中古屋で見かけてアルジェント作品ではあんまり聞かないタイトルだなと思って手に取り、パッケージ裏の宣伝文句に惹かれて買って観てみたようだ。

ガイコツ
“美少女虐めホラーの巨匠ダリオ・アルジェントが遂に娘に手を出した問題作”ってイリーガルな臭いがプンプンするすごい危ない宣伝文句ですよね(笑)
作品作った監督も、それにこんな宣伝文句付けたスタッフもすごく変態だと思います。

ロボコップ
それを手に取って買っちゃった筆者もな・・・!
ではそんな変態の話は置いといて変態な作品の内容の話に移ろう。
ストーリーはこんなカンジ。




母が開いた降霊会で、悪霊によって両親の首が切断され、惨殺されるのを目の当たりにした拒食症の少女オーラ。恐怖におびえる彼女は、かつて自殺を図った所を救ってくれたデヴィッドに救いを求めるが……。
allcinemaより引用
trauma.jpg
気合の入ったポスターも変態的!
スポンサーサイト

アイアムアヒーロー ~真面目!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「アイアムアヒーロー」について話していきましょう。

ロボコップ
この映画は佐藤信介監督の2016年の作品だ。
「GANTZ」とか「図書館戦争」の実写化もやってた監督だな。
と言っても筆者はどっちも観てなかったりするんだけど・・・。

ガイコツ
そんな筆者でしたが今回は邦画で珍しいゾンビ映画でしかもシッチェス映画祭で観客賞も獲っているということで興味をそそられて観に行ってみたようです。
まあシッチェス映画祭がどんな映画祭かもよく分かってないんですけどね(笑)

ロボコップ
ヒューマントラストシネマ渋谷で毎年特集組んでる映画祭ってことぐらいしか知らないけど、特集でやってた作品もなんか尖ってて面白かったしはきっと楽しい映画祭に違いないだろう(笑)
では、そんな何も知らない筆者の話は置いといてそろそろ内容の話に移ろう。
ストーリーはこんなカンジ。



漫画家アシスタントとしてパッとしない日々を送る、35歳の鈴木英雄(大泉洋)。そんな彼の恋人が、人間を凶暴に変貌させるウイルスに感染して襲い掛かってくる。慌てて趣味の射撃で所持する散弾銃を手に外に飛び出す英雄だが、街はZQNと呼ばれる感染者であふれていた。出会った女子高生・早狩比呂美(有村架純)と逃げるが、彼女は歯のない赤ん坊のZQNにかまれて半分ZQN半分人間という状態に。比呂美を連れてショッピングモールに逃げ込んだ英雄は、そこで藪(長澤まさみ)という勝気な看護師と顔を合わせる。
シネマトゥデイより引用
poster2_20160501225837bb3.jpg
ポスターもシッチェス推し!
[ 2016/05/02 23:27 ] サ行 佐藤信介 | TB(0) | CM(2)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。