スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ゾンビーバー ~カワイイは正義!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「ゾンビーバー」について話していきましょう。

ロボコップ
この映画はジョーダン・ルービン監督の2014年の作品だ。
下ネタ絡めたタイトルからしてボンクラ臭が物凄い作品だな。

ガイコツ
筆者はこの作品、どんな作品やら大して調べていたわけでもなかったのですが、なぜかGoogleカレンダーに“ゾンビーバー”とだけ登録されていたから何となく観に行ってみたようです。
特に映画をスケジュールに登録するのを習慣にしてるわけでもないのになんでだろうと不思議でなりません・・・。

ロボコップ
しかもGoogleカレンダーを会社のスケジュールのシステムと同期するようにしてるから公開までの1週間自分のスケジュール見る度に“ゾンビーバー”の文字を見てしまって何とも言えない気持ちになったぜ・・・。
では、そろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。




ある時、田舎町を走るトラックの積み荷から汚染廃棄物がこぼれおち、ビーバーの生息する湖を汚染してしまう。一方、湖の近く小屋ではメアリー、ゾーイ、ジェンの3人が女子会キャンプを開いていた。そこへそれぞれの彼氏や元彼であるサム、トミー、バックの3人組が現れ、現場は乱痴気騒ぎに発展。そんな中、ジェンがバスタブで凶暴なビーバーに襲われるが、トミーがビーバーを撲殺する。しかし翌朝になると、そこにあるはずのビーバーの死体が消えており……。
映画.comより引用
poster2_20150712235911ecb.jpg


musashinokan.jpg
新宿武蔵野館ではビーバーちゃんがお出迎えしてくれました。実際に使われたものとのこと。
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。