スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

レプティリア ~出来の悪い子ほど・・・~

ガイコツ
どうもです。
今回は「レプティリア」について話していきましょう。

ロボコップ
この映画はトビー・フーパー監督の2000年の作品だ。
正直ソフトをお店で見かけるまでトビー・フーパーがこんな作品撮ってたことも知らなかったぜ(笑)

ガイコツ
劇場公開されていないうえにWikipediaにも作品ページがないですからね・・・(笑)
筆者はこの作品、お店でフラッと見た棚に置いてあったのでなんとなく買ってしまったようです。
普段ここまでなんとなくで買うことはあまりないのですがこの作品はなぜか買っちゃったんですよね。

ロボコップ
そんな安かったわけでもないし、なんでだろう・・・なんか怖い(笑)
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ・・・と思ったけど引用できるところが見つからなかったので今回はナシ(笑)




affiche-crocodile-2000-1.jpg
なんかポスター画像もすごい安っぽいぞ!
スポンサーサイト
[ 2014/08/31 23:55 ] タ行 トビー・フ-パー | TB(0) | CM(4)

喰女 クイメ ~うらめしや!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「喰女」について話していきましょう。

ロボコップ
この映画は三池崇史監督の2014年の作品だ。
つい昨日から公開が始まった作品だな。

ガイコツ
筆者はこの作品、「オーディション」などを撮った三池監督のホラー作品ということで楽しみにしていたので公開日にウキウキしながら観に行ってきたようです。
ホラー以外はそこまで惹かれなかったりするんですがホラーはなんか期待してしまいますね~。

ロボコップ
鬼畜っぷりを発揮してくれるのか楽しみだぜ。
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。




有名女優、後藤美雪主演で企画された舞台『真四谷怪談』。恋人の美雪の口添えで見事に伊右衛門役を射止めた売れない俳優の長谷川浩介だったが、浮気癖で優柔不断な性格が災いして共演者の朝比奈莉緖や美雪の付き人の倉田加代子にまで手を付けてしまう。浩之の浮気に気づきながらも彼を受け入れようとする美雪と不貞の限りを尽くす浩介の現状が『四谷怪談』の岩と伊右衛門のそれぞれの役と一致していくことで、次第に二人は役に異常なほどにのめり込んで行き、芝居と現実との区別のつかない狂気の世界へ陥っていく。
Wikipediaより引用
kuime.jpg
ウワキダメ、ゼッタイ
[ 2014/08/24 23:58 ] マ行 三池崇史 | TB(0) | CM(2)

バトルフロント ~狂犬!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「バトルフロント」について話していきましょう。

ロボコップ
この映画はゲイリー・フレダー監督の2013年の作品だ。
日本では今劇場で公開されている作品だ。
ジェイソン・ステイサム主演でシルヴェスター・スタローン製作脚本とアクションファン垂涎の布陣だな。

ガイコツ
筆者はそこまで言うほど熱烈なアクションファンではないので、元々はそこまで惹かれてはいなかったのですが映画館の近くまで行く用事が出来たので丁度時間の合うこの作品を観に行ってきたようです。
「トランスフォーマー」がやってたらそっち観たいなとか思ってたんですけどね(笑)

ロボコップ
まあなんというかこの作品を観る運命だったんだろう・・・(笑)
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。




ひとり娘のマディのため、危険な潜入捜査官の仕事を辞し、亡き妻の田舎で娘と穏やかに暮らすことを決めたフィル。しかし、町を裏で牛耳る麻薬密売人のゲイターが、ある思惑のためにフィル親子を陥れようと画策する。平和な生活を望んだフィルだったが、娘の身に危険が及んだことで怒りに火が付き、娘を守るためにたったひとりで悪に立ち向かう。
映画.comより引用
battlefront.jpg
俺の娘に手を出すな!怒れる漢の超ステイサミングアクション炸裂!

メガ・シャークVSメカ・シャーク ~おそろしい子!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「メガ・シャークVSメカ・シャーク」について話していきましょう。

ロボコップ
この映画はエミール・エドウィン・スミス監督の2013年の作品だ。
かの有名なクソ低予算映画製作会社のアサイラムが製作している作品だぜ。
どうやら“メガ・シャークシリーズ”三作目の作品のようだぜ(笑)

ガイコツ
一作目の「メガ・シャークVSジャイアント・オクトパス」は観ましたが、あのクソ低予算映画がシリーズ化されるとは本当に驚きですね(笑)
そんな筆者はこの作品、新宿のシネマカリテでやっている「アサフェス(アサイラム・フェスティバル)」なるで上映されていたので観に行ったようです。

ロボコップ
こういう面白半分でお金を落とす馬鹿者がいるから続編が作られ新たな犠牲者を増やしてしまうんだな・・・(笑)
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。
つっても内容なんてないけれど・・・。




過去に2度も世界を恐怖に陥れたメガ・シャークが三度出現。以前にも増した獰猛さを発揮し、世界各地で暴れまわる。この事態に対し、国連は科学技術の粋を結集して作り上げた最終兵器「メカ・シャーク」を稼働させるが……。
映画.comより引用
mega-mecha.jpg
夜9時過ぎの一回上映だけどアサフェス!

ボディ・ダブル ~濃厚!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「ボディ・ダブル」について話していきましょう。

ロボコップ
この映画はブライアン・デ・パルマ監督の1984年の作品だ。
ゴールデングローブ賞の助演女優賞にノミネートされてるのにゴールデンラズベリー賞で最低監督賞にもノミネートされてるっていうよく分からない作品だな(笑)

ガイコツ
筆者はこの作品、「ミッドナイトクロス」で衝撃を受けてデ・パルマの演出ばバリバリな作品をもっと観てみたいと思い観てみたようです。
どうやらこの作品もゴリゴリな演出をされているとの噂ですからね。

ロボコップ
多分濃ゆすぎて賛否分かれてるんだろうなというのは観る前から何となく分かる(笑)
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。




ハリウッドの豪邸に住む美女を覗き見していた売れない役者は彼女の周囲に奇怪な男が出没する事を知り助けようとするが、彼には閉所恐怖症というハンデがあった……。
allcinemaより引用
body_double.jpg
濃厚コテコテデ・パルマ印!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。