スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ヘンゼル&グレーテル ~厨二病!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「ヘンゼル&グレーテル」について話していきましょう。

ロボコップ
この映画はトミー・ウィルコラ監督の2013年の作品だ。
みんな大好き(?)「処刑山 -デッド・スノウ-」を撮った監督だな。

ガイコツ
筆者はこの作品、楽しい処刑山を撮った監督の作品なので気になりつつもまだ観ていなかったのですが、シネマカリテのカリコレ2014なる企画で劇場でかかるということで喜び勇んで観に行ったようです。
企画でこういう劇場未公開作品をかけてくれるのは嬉しいですね~。

ロボコップ
その他にも「メガ・シャークVSメカ・シャーク」なんかもかけててなんかすげえなと思ったぜ(笑)
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。




お菓子の家で魔女に捕らえられ、魔女をかまどに突き落として生還した兄ヘンゼルと妹グレーテル。15年後、成長した兄妹は魔女ハンターとして活躍していた。ある日、子どもの誘拐が頻発する村から事件の解決を依頼された兄妹は、黒魔女ミュリエルを追うが……。
映画.comより引用
hansel_and_gretel_witch_hunters_ver5.jpg
海外(アメリカ?)だと3Dな上にIMAXでもかかってただと・・・!?
スポンサーサイト

道化死てるぜ! ~サービス精神~

ガイコツ
どうもです。
今回は「道化死てるぜ!」について話していきましょう。

ロボコップ
この映画はコナー・マクマーン監督の2012年の作品だ。
製作国がアイルランドっていうのが日本だとちょっと珍しいな、観るの初めてかも。

ガイコツ
製作国がどことかよりもまず邦題の方に目が行ってしまいますけどね(笑)
邦題付けた人の頭がどうかしてるとしか考えられないインパクト抜群の素晴らしいタイトルだと思います。

ロボコップ
しかし未だに“どうかしてるぜ”と読むのか“どうけしてるぜ”と読むのか分からなかったりする・・・(笑)
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。




内気な少年トミーの誕生日会に呼ばれたピエロが、悪ガキたちに馬鹿にされた挙句、彼らのイタズラが原因で事故に遭い死んでしまう。それから6年後、成長した悪ガキたちは、トミーの16歳の誕生日パーティに参加する。そこへ地獄からよみがえったピエロが姿を現わし、かつて自分を死に追いやった者たちを1人また1人と血祭りにあげていく。
映画.comより引用
Stitches-Poster.jpg
エビバディハピー?

ブルージャスミン ~イメージトチガァウ~

ガイコツ
どうもです。
今回は「ブルージャスミン」について話していきましょう。

ロボコップ
この映画はウディ・アレン監督の2013年の作品だ。
よく覚えてないけどウディ・アレン監督の作品観るの今回が初めてかもしれないな。

ガイコツ
パッと見“おしゃれなコメディ”ってカンジな宣伝のされ方をされている作品の監督ってイメージがあって今まであまり食指が動かなかったのですが、今回は他の方の感想など見聞きしているとなんかすごく面白そうだったので観に行ってみたようです。

ロボコップ
自分の中のイメージで判断しないで周りの人の意見聞くって大事だなと今更ながら思ったぜ(笑)
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。




ニューヨークの資産家ハルと結婚し、セレブリティとして裕福な生活を送っていたジャスミンは、ハルとの結婚生活が破綻したことで地位も資産も全て失ってしまう。サンフランシスコで庶民的な生活を送る妹ジンジャーのもとに身を寄せたものの、不慣れな仕事や生活に神経を擦り減らせ、次第に精神が不安定になっていく。それでも再び華やかな世界へと返り咲こうと躍起になるジャスミンだったが……。
映画.comより引用
poster2_20140517124007101.jpg
ブルーどころじゃなくブラックじゃないスか
[ 2014/05/17 16:17 ] ア行 ウディ・アレン | TB(0) | CM(4)

リアル・スティール ~Watch me!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「リアル・スティール」について話していきましょう。

ロボコップ
この映画はショーン・レヴィ監督の2011年の作品だ。
映画館でも観たし筆者の好きな作品のようだな。

ガイコツ
ソフトも買って気が向いたときに好きなシーンのあるチャプターだけ飛ばし飛ばしで観直したりしていたのですが、この前久しぶりに全編通して観直すことができたので記事にしてみるみたいです。

ロボコップ
好きな作品の感想だから割と騒いでるだけになるがご了承ください(笑)
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。




2020年、リモコンで遠隔操作されたロボット同士が戦う“ロボット格闘技”が大流行。プロボクサーからロボット格闘技の世界に身を転じたチャーリーは、スクラップ寸前のロボットを闇試合に出場させて一攫千金を夢見ていた。そんなある日、離婚のため離れて暮らしていた11歳の息子マックスを預かることになり、慣れない父子の共同生活が始まるが、廃工場で旧式ロボット「ATOM」を発見したことから2人の運命が大きく変わっていく。
映画.comより引用
155570_02.jpg
オススメシーンは“Watch me!”です。
[ 2014/05/13 22:41 ] サ行 ショーン・レヴィ | TB(0) | CM(2)

恐怖ノ黒洋館 ~思わせぶり!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「恐怖ノ黒洋館」について話していきましょう。

ロボコップ
この映画はロドリゴ・グディーニョ監督の2012年の作品だ。
日本では少し前にシッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション2013っていう企画で上映された作品だぜ。

ガイコツ
筆者はこの作品、シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション2012の「恐怖ノ黒電話」という作品が面白かったのでタイトルが似てるコレもいけるんじゃないかということで観てみたようです。
まあ邦題が似てるだけで関連は全くない作品みたいですが・・・。

ロボコップ
邦題が似てるなら作品の面白さも似たようなところに落ち着いて・・・くれたらいいのだがどうだろうか(笑)
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。




亡くなった母から相続した巨大な屋敷が、カルト教団の聖地となっていたことを知る骨董品コレクターのレオン・リー。彼は、屋敷にとどまる母親の魂が、自分に何らかのメッセージを送っていると信じ込むようになる。さらに屋敷内で起こる超常現象に、母親の信仰に何か恐ろしい事実が潜んでいるのではと確信したレオンは…。
Yahoo!映画より引用
kyofunokuroyasiki.jpg
テンシヲシンジナサーイ!

キラークラウン ~楽チープ!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「キラークラウン」について話していきましょう。

ロボコップ
この映画はキオド兄弟監督の1987年の作品だ。
邦題は少し省略されてるんだけど原題は“Killer Klowns from Outer Space”ってなかなか怪しげな作品だぜ(笑)

ガイコツ
筆者はこの作品、好きでときどき見ているWatchMojoというところのランキングで度々紹介されているのを見て興味を持ち観てみたようです。
紹介の中で本編のシーンが一部使われていたのですが他の作品と比べても一際怪しげでしたもんね。

ロボコップ
怪しげというべきか安っぽいというべきか・・・どっちもか(笑)
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。




星が落ちるのを目撃したデビーとマイク。星が落ちた場所に向かうと、そこにあったのは巨大なサーカステントだった。テントの周辺にはピエロが徘徊していたが、ピエロの正体は地球侵略を目論むエイリアンだった…。
tumblr_m3mv0lqjmr1ql3mmao1_500.jpg
宇宙では、誰もアイスクリームを食べられない!
[ 2014/05/03 22:33 ] カ行 キオド兄弟 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。