悪魔のサンタクロース2 鮮血のメリークリスマス ~ガーベィジデイ!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「悪魔のサンタクロース2 鮮血のメリークリスマス」について話していきましょう。

ロボコップ
なんか坂本龍一が流れてきそうな副題だな(笑)
この映画はリー・ハリー監督の1987年の作品だ。
前回の「悪魔のサンタクロース 惨殺の斧」の続編だぜ。

ガイコツ
筆者はこの作品、前作が思いのほか良い出来だったので続編も期待できるぞということで観てみたようです。
まあ1が良くても続編は・・・ってことはよくあるので出来に関しては何も担保してはくれないんですけどね(笑)

ロボコップ
なまじ1が良かっただけにハードルも上がってしまっているが果たしてどうなることやら・・・。
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。




今回は、ビリーの弟・リッキーが残虐な殺人者へと豹変する。兄の殺人事件後、養子に出たリッキーはサンタを連想させる赤い物を見るとパニックを起こすようになり…。
KINENOTEより引用
silent-night-deadly-night-2-001.jpg
兄に続いて弟もパニーッシュ!
スポンサーサイト
[ 2013/11/30 23:53 ] ラ行 リー・ハリー | TB(0) | CM(4)

悪魔のサンタクロース 惨殺の斧 ~パニーッシュ!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「悪魔のサンタクロース 惨殺の斧」につてい話していきましょう。

ロボコップ
この映画はチャールズ・E・セリアー・Jr監督の1984年の作品だ。
筆者はこの作品、例のあの日まで一か月を切ったということで観てみたようだ。

ガイコツ
まるでヴォルデモート卿のような扱いですね(笑)
そのXデイが近づくにつれてトラヴィス的な気持ちになる筆者ですが、凶行に走らないようにこうしたガス抜き映画が用意されているのは素晴らしいですね。

ロボコップ
サンタクロースのプレゼントを楽しみにしていたあの頃の純粋な少年は何処へ行ってしまったのか、時の流れは恐ろしい・・・(笑)
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。




幼い頃にサンタクロースを装った強盗に両親を殺され、それ以来クリスマス恐怖症になったビリー。そんな彼が18才になった時、勤め先の玩具屋でサンタクロースの恰好をさせられることになるが……。
allcinemaより引用
silent-night-deadly-night-p.jpg
悪い子はお仕置きしちゃうぞ!

悪の法則 ~Hola!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「悪の法則」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はリドリー・スコット監督の2013年の作品だ。
TOHOシネマズとかだと邦題が決まるより前からずーっと宣伝していたので刷り込み効果でなんとなく気になって観に行ってみたようだ。

ガイコツ
まさに映画会社のいいカモな客ですね(笑)
あとは監督がリドリー・スコットだしキャストも豪華だしまあ大ハズレってことはあるまいというという甘い見立てもあったみたいですが。

ロボコップ
賛否が分かれた去年の「プロメテウス」も楽しく観られたし大丈夫っしょ!ってことらしいが果たしてどうなることやら・・・。
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。




若くハンサムで有能な弁護士(カウンセラー)が、美しいフィアンセとの輝かしい未来のため、出来心から裏社会のビジネスに手を染める。そのことをきっかけに周囲のセレブたちにも危険な事態が及び、虚飾に満ちた彼らの日常が揺るがされていく。
映画.comより引用
the-counselor.jpg
スターがチーム組んでなんかやったるで!的なカンジに見えるポスター

スポンティニアス・コンバッション 人体自然発火 ~謎が謎呼ぶ~

ガイコツ
どうもです。
今回は「スポンティニアス・コンバッション 人体自然発火」について話していきましょう。

ロボコップ
この映画はトビー・フーパー監督の1989年の作品だ。
筆者はこの作品、「悪魔の沼」を借りるつもりで某ツ○ヤに行ったんだが置いてなかったのでトビー・フーパー監督の他の作品を借りようということで借りてみたようだ。

ガイコツ
やたらけったいなタイトルが嫌でも目を引きますよね。
けったい過ぎて手に取るのに少し躊躇してしまうんですが同時に少しワクワクもしますよね、こういう作品を借りるときって(笑)

ロボコップ
いつもはチキンな筆者にとってはささやかなギャンブル気分を味わえる瞬間らしいな(笑)
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。




ブライアンとペギー夫妻は’55年、ネヴァダ砂漠の水爆実験場でサムソン計画という極秘プロジェクトに参加した。シェルター内における人体の放射能に対する耐性をあげる実験だった。計画は誰の目にも成功だった。ペギーは、その後妊娠が判明。両親の愛を一身に受けた赤ん坊が生まれた8月6日その日、ブライアンとペギーは自らの肉体の内部から火を噴き絶命してしまう……。
Yahoo!映画より引用
spontaneous-combustion-movie-poster-1990-1020677761.jpg
ポスターもなんかすごいいかがわしい・・・。
[ 2013/11/19 22:28 ] タ行 トビー・フ-パー | TB(0) | CM(6)

死霊のしたたり2 ~しっちゃかめっちゃか!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「死霊のしたたり2」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はブライアン・ユズナ監督の1989年の作品だ。
「死霊のしたたり」の続編にあたる作品だな。
繁華街にある大型のツ○ヤでうろうろ徘徊していたら偶然目に入ったのでオッ!と思い借りてみたようだ。

ガイコツ
家の近くの店だとなぜか3だけ置いているという謎な品揃えだったので2は今まで気にはなりつつも観られなかったんですよね。
さすが都会の大型店は違うなと思いましたね~。

ロボコップ
一応筆者も東京住まいではあるんだけどな(笑)
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。





マサチューセッツ州アーカム、ミスカトニック大学医学部附属病院には、未だ懲りる事無く死体蘇生に勤しむウェスト医師、そして不承不承協力するケイン医師の姿があった。彼は単なる死体蘇生を越え、死体から新たな生命を生み出そうと実験を続けていたのだ。だが、ウェストのぞんざいな計画と行動が、彼らを少しづつ危険に追い詰めていく……。
allcinemaより引用
reanimator1.jpg
2大変態再び相まみえる!

キャリー(2013) ~怒りのクロエチャン~

ガイコツ
どうもです。
今回は「キャリー」について話していきましょう。

ロボコップ
この映画はキンバリー・ピアース監督の2013年の作品だ。
1976年のデ・パルマ版のリメイクというわけではなくてスティーブン・キングの原作小説の再映画化という位置づけらしいな。

ガイコツ
親子ではなく年の離れた姉妹みたいな関係なんですね。
まあ原作小説読んでない筆者にとってはそれによってどういう違いが生まれたのかはよくわかってなかったりするんですけど(笑)

ロボコップ
スティーブン・キングの原作もいつか読んでみたいよなぁ、いつかって言ってるうちは読まんだろうけど(笑)
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。




地味で冴えない高校生のキャリーは、学校では笑い者にされ、家では狂信的な母親に厳しく監視され、孤独で鬱屈した日々を送っていた。やがて、学校の人気者トミーとプロムパーティに参加することになり、母親の反対を押し切ってパーティにでかけたキャリーだったが……。
映画.comより引用
poster2.jpg
コンニチハ。クロエチャンデス。

ぼくのかんがえたSFえいがべすとてん

ガイコツ
どうもです。
今回はワッシュさんのブログ「男の魂に火をつけろ!」で行われている企画「SF映画ベストテン」に便乗すべく記事を書かせていただきます。

ロボコップ
去年も「ホラー映画ベストテン」に参加させていただいたんだけどあれやこれやと考えながら一人悶えつつランキングを決める作業が面白かったし、他の方のランキングを見るのも楽しかったので今回も参加させていただこうと思ったようだぜ。

ガイコツ
今回もにわかの筆者ですが一人ニヤニヤしながら悶えるというあんまり人に見せたくない姿で頑張って決めたようですのでよろしかったら見ていってください(笑)
ではランキングの方に移りましょう。




     殺 伐 と し た ブ ロ グ に ラ ン ボ ー が ! !


      __ , ―― '  ̄ ̄ ̄ ̄`――、___           _/\/\/\/|_
  / ̄ ̄__________ ) ) ) `\         \          /
 (    ,/' ! i l l l l | | | | l l l l l !i`~ーー、、   \        < エイドリアーン ! ! >
  ヽ_ (〆――――-~//⌒~ヽヽミシヽ、`ヽλ__l       /          \
   、  ~          λλ___、丶ヽ/'~ヽ、。~ハwwヾ     〉〉  ̄|/\/\/\/ ̄
  `、ー―――――-丶// /⌒~⌒ヽ、ヽ、  `ーヽく〃    ,//
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~`( | λ\ヽ冫ノ,冫~          《丿/
     、 、_______| | \__丶´/lノ冫          l /
     ` ー――ヽニ_ーl\_、\\\冫        /,〆
             `ヽl\___ ̄ \ヽ\        /ノ/
     、`――――――ヽ\__ ̄ ̄、, \ヽ\  ,/イ/
      ̄ ̄`――、_ー、!\_ ̄ ̄ノ  \ヽ∨'〃/
               ̄\  〉 ノ 〉    ヽο冫
                ,〉// ノ,|       ~~
                (/,/  '/'l                 デデンデンデデン

  _____◎__          ____     __
 |          | |   |        .|         囗囗|   | ̄ ̄ ̄|
 |____   | |   |   __. r┴―――‐┴┐/  ./_   |
        |   | |   |   |   | |___   __|く  / \_|   | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  ___/  ./ |   |   /  ./  __|  |   \/、      / |_____|
  |       / |   | ̄    /  |     /    | ̄ ̄    /
  |____/   |   |    /   .|__/       |____/
           ̄ ̄ ̄ ̄
[ 2013/11/09 23:31 ] 雑談 | TB(0) | CM(6)

氷の微笑 ~エロティック!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「氷の微笑」について話していきましょう。

ロボコップ
この映画はポール・バーホーベン監督の1992年の作品だ。
筆者はこの作品、この前観た「シリアルママ」にこの作品を彷彿とさせるようなシーンがあって観たいなぁと思っていたんだが延び延びになってしまってやっと先日観たようだ。

ガイコツ
「シリアルママ」観たのももう二か月半以上前ですもんね・・・時が経つのは早いもんです。
暑い暑い言ってたと思ったら最近はもう肌寒く感じるくらい季節も移り変わってますしね。
変わり映えしないのは筆者とこのブログくらいのもんです。

ロボコップ
か、変わり映えしないことが魅力だから・・・(震え声)
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。




アイスピック殺人事件の捜査線上に浮び上がった女性作家。事件を捜査する刑事は次第に、容疑者の妖しい魅力のとりこになっていく。やがて彼自身に殺人容疑がかかってしまうが……。
Yahoo!映画より引用
basic-instinct-poster.jpg
変態監督バーホーベン先生が征く!

映画は映画館で観ようの会 ~ベン・ハー編~

ガイコツ
どうもです。
今回は「ベン・ハー」を映画館で観直して感激したよということをダラダラと話していきます。


ロボコップ
「アラビアのロレンス」のときと同じく新・午前十時の映画祭という企画で上映されているのを日曜日にしては早起きをして観に行ってきたようだ。
この2作品は観ておきたいと思ってたから観られてよかったな。

ガイコツ
スケールの大きな映画は劇場で観てこそ、みたいな部分がありますからね~。
映画にあんまり興味なかった頃は筆者も“洋画劇場かレンタルでええやん”派だったんですがやっぱり好きになって観るようになると変わるもんですね~。

ロボコップ
違いが分かる男とか気取るつもりはないけど映画館で観るとやっぱりすげー違うもんな。
まあ単純に我が家の視聴環境があんまり整っていないせいもあるんだけど(笑)
ではそろそろ内容についてダラダラ話していこう。


ベン・ハー
今観ても超大作!

IMG_1601.jpg
映画館の外では何やら催し物がされていたようでチャールトン・ヘストンのサインが展示されてました。
隣がイーストウッドだったので一緒にパチリ。