フェイス/オフ ~困り顔の刑事(ケイジ)!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「フェイス/オフ」について話していきましょう。

ロボコップ
この映画はジョン・ウー監督の1997年の作品だ。
監督のハリウッドデビュー作でもある作品だな。

ガイコツ
筆者はこの作品、以前観た「男たちの挽歌」シリーズで完全にジョン・ウーにメロメロになったしまったため後追いで観ることにしたようです。
あと顔芸魔人ことニコラス・ケイジがいるのもポイント高いですね。

ロボコップ
こういう話してるだけで顔が浮かんでくるからな・・・(笑)
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。




かつて冷酷無比のテロリスト、トロイによって最愛の息子を失っているFBI捜査官アーチャーは飛行場でトロイを捕らえたが、トロイがLAのどこかに細菌爆弾を仕掛けている事が判明。当のトロイは植物人間となっており、唯一の情報源は獄中にいるトロイの弟ポラックスだけだった。FBI特殊班はアーチャーにトロイの顔を移植しポラックスから爆弾の設置場所を聞き出すことに……。
Yahoo!映画より引用
face_off.jpg
トラボルタがケイジでケイジがトラボルタ・・・?
スポンサーサイト
[ 2013/10/31 20:33 ] サ行 ジョン・ウー | TB(0) | CM(2)

スペースインベーダー ~ゆるB級~

ガイコツ
どうもです。
今回は「スペースインベーダー」について話していきましょう。

ロボコップ
この映画はトビー・フーパー監督の1986年の作品だ。
脚本がダン・オバノンで「スペースバンパイア」と同じコンビの作品だぜ。

ガイコツ
筆者はこの作品、「スペースバンパイア」的ないろんな意味で楽しい作品が観られるのではないかということで観てみたようです。
製作年も近いようですしね。

ロボコップ
あとパッケージもなんかいい意味でダメそうなカンジだったしな(笑)
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。




裏山に着陸したUFOを目撃した少年は、両親も教師も人が変わったようになったのを見て街の住民がエイリアンに支配されている事を知る。かくして地下に造られたエイリアンの侵略基地を壊滅せんと軍隊が出動、大攻防戦が繰り広げられる。
allcinemaより引用
invaders-from-mars-movie-poster-1986-1020210480.jpg
すごく未知との遭遇してそうなポスター!
[ 2013/10/27 21:50 ] タ行 トビー・フ-パー | TB(0) | CM(2)

ザ・コールデスト ~殺人鬼慣れ~

ガイコツ
どうもです。
今回は「ザ・コールデスト」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はマッツ・ステンベリ監督の2008年の作品だ。
「コールドプレイ」の続編にあたる作品だな。

ガイコツ
前作は暑い気分を紛らわすという目的で観たわけですが、今回はこれ以上寒くなったらこんな作品観る気が起きなくなるので今のうちに観ておこうということで観てみたようです。
あとこの作品、ツ○ヤではなぜかアクションコーナーに陳列されていたので探すのにちょっと手間取りました。


ロボコップ
前作は普通にホラーの棚にあったのにな、今作はそんなスポーティーな作品になっているのかね?(笑)
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。




雪山で遭難したと思われていた5人の若者。その内の4人が惨殺死体で発見された。たった一人生き残った女性・ヤンニケは、死体が発見された近くの病院に収容され治療を受けていた。しかし彼女の外傷は治ったが、心に受けた傷は一向に治らず、悪夢にうなされていた。それと同時に忌まわしい記憶も蘇っていく。病院スタッフや警察へ真実を訴える彼女だが、誰も相手にしてくれない。ついには精神に異常をきたしたのだと判断され、一人部屋に隔離されてしまう。そして数日たったある日の夜、突然病院全体が停電する。パニックになる病院スタッフたち。極寒の病院からの脱出を試みる彼ら。しかし、彼らは一人、また一人と絶叫とともに消えていった---。そう、悪夢(=恐怖)は、まだ終わっていなかったのだ・・・・!
amazonの内容紹介から引用
cold-prey-2.jpg
殺人鬼もアイルビーバック!

トランス ~頭グルグル!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「トランス」について話していきましょう。

ロボコップ
この映画はダニー・ボイル監督の2013年の作品だ。
筆者はこの監督の作品は「28日後」しか観たことがないのでこれで2作目だぜ。

ガイコツ
気にはなっているんですがまた今度また今度と後回しにしていて全然作品を観られていない監督ですね。
「トレインスポッティング」とかすごく有名ですし観たいなぁとは思っているのですが・・・。

ロボコップ
明日できることは明日でもいいじゃん型の筆者のことだからいつになるのやら・・・。
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。




競売人(オークショナー)のサイモンは、ギャングと結託してオークション会場からゴヤの名画「魔女たちの飛翔」を盗み出すが、計画とは違う行動をとったためギャングのリーダーに殴られ、その衝撃で記憶が消えてしまう。ギャングのリーダーは催眠療法(トランス)を使い、サイモンが隠した絵画の場所を探ろうとするが、サイモンの記憶にはいくつもの異なるストーリーが存在し、探れば探るほど危険な領域に引きずり込まれていく。
映画.comより引用
trance.jpg
この振り子を見つめて・・・あなたは段々眠くな~る・・・
[ 2013/10/20 20:28 ] タ行 ダニー・ボイル | TB(0) | CM(0)

ハロウィンⅡ(ロブ・ゾンビ版) ~イメチェン!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「ハロウィンⅡ」について話していきましょう。

ロボコップ
この作品はロブ・ゾンビ監督の2009年の作品だ。
ハロウィンを近づいてきたし、去年は同じ時期に「ハロウィン」を観たということで今年はその続編を観てみたようだぜ。

ガイコツ
同じ「ハロウィンⅡ」でもホントはリック・ローゼンタール版の方を先に観たかったらしいのですが、近所のツ○ヤには驚くべきことに置いていなかったのでこちらのリメイク版の方を先に観ることになったようです。

ロボコップ
過去シリーズの方の1以外の作品って大きな店舗でしか置いてないのな、結構驚いたぜ。
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。




あるハロウィンの夜、孤独な少年マイケルは家族やその恋人を惨殺し殺人鬼と化すが、実の妹ローリーの手によりこの世から葬られたはずだった。しかし、精神バランスを崩したローリーのもとに、再びマイケルが現れ……。
映画.comより引用
halloween2_201310170014412c9.jpg
マイコーイズフォーエヴァー!
[ 2013/10/17 22:52 ] ラ行 ロブ・ゾンビ | TB(0) | CM(8)

死霊館 ~手堅い!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「死霊館」について話していきましょう。

ロボコップ
この作品はジェームズ・ワン監督の2013年の作品だ。
アメリカでも話題になって人気だった作品みたいだな。

ガイコツ
筆者はこの作品、向こうでも人気ってだけだとそれでもまだ玉石混交なカンジがあるので観に行くか迷っていたのですが、タランティーノ監督の年間ベスト10のリストにランクインしているということでへえと思い観に行ってみたようです。

ロボコップ
相変わらず権威に弱い筆者なのであった。
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。




1971年、アメリカ・ロードアイランド州に建つ一軒家に、両親と5人の娘たちが引っ越してくる。古ぼけてはいるが広々とした夢のマイホームに沸き立つ一家だったが、奇妙な現象が次々と発生。娘たちに危害が及んだことから、一家は心霊学者のウォーレン夫妻に助けを求める。夫妻が周囲の土地を調べると、恐るべき血ぬられた歴史が明らかになり、夫妻は一家を救おうと館に巣食う邪悪なものに立ち向かうが……。
映画.comより引用
130808shiryoukanposter.jpg
資料と死霊をかけたダジャレという疑惑がかけられている邦題
[ 2013/10/13 17:02 ] サ行 ジェームズ・ワン | TB(0) | CM(4)

怒りの荒野 ~ガンマン十戒!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「怒りの荒野」について話していきましょう。

ロボコップ
この映画はトニーノ・ヴァレリ監督の1967年の作品だ。
セルジオ・レオーネ監督の弟子的な人みたいだな。

ガイコツ
筆者はこの作品、面白そうだしかなり割引率が高くてお得やんと思って某ブッ○オフで1か月くらい前に買ってそれから放置していたのですが、先日亡くなったジュリアーノ・ジェンマが主演を務めている作品らしいということに気づいて観てみたようです。

ロボコップ
筆者はあんまり知らないんだけど日本でも人気のあった俳優さんだったみたいだな。
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。




凄腕のガンマンに拾われた若者が、銃の扱い方の手ほどきを受ける。天賦の才能によって、彼は師の腕前に近づいていく。だが、師の非情さに疑問を持ち始めた若者は……。
Yahoo!映画より引用
ikarinokouya.jpg
凄腕のガンマンには守るべき“十の掟”がある!

パッション ~老舗の味!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「パッション」について話していきましょう。

ロボコップ
この映画はブライアン・デ・パルマ監督の2012年の作品だ。
この記事を書くにあたって調べるまで知らなかったんだけど「ラブ・クライム 偽りの愛に溺れて」ってフランスの映画のリメイクなんだな。

ガイコツ
ブライアン・デ・パルマの作品でしかも予告編も面白そうというほとんど第一印象だけで大してリサーチもせず観に行きましたからね。
ビビビッときたというか(笑)

ロボコップ
筆者の場合それで“おもてたんと違う”みたいなことになることも多いからアレなんだけどな(笑)
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。




野心家のクリスティーンは、狡猾さと大胆な行動力で広告会社の重役へとのぼりつめる。部下のイザベルは、最初はあこがれの存在だったクリスティーンに手柄を奪われ、同僚の前で恥をかかされた上に、恋人にも裏切られたことから、クリスティーンに対して殺意を抱くようになり……。
映画.comより引用
passion.jpg
変わらぬ味わい、デ・パルマ節!

サンゲリア ~ばっちい!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「サンゲリア」について話していきましょう。

ロボコップ
この映画はルチオ・フルチ監督の1979年の作品だ。
ゾンビ映画の中でもすごく有名な作品だな。

ガイコツ
ホラー映画が割と好きな筆者ですがいかんせんにわかなものでこの作品は今回が初見だったようです。
どのジャンルに関しても基本的に知識が穴だらけなのですが特にゾンビ映画系は“これぐらいは抑えとけ!”みたいな作品もあんまり観てないですからね~。

ロボコップ
ということで名作をしっかり抑えるべく正座で鑑賞してみたようだぜ(笑)
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。




ある日、ニューヨーク湾内で奇妙な事件が発生した。漂流中のクルーザー内に踏み込んだ警備船の警官2名が、全身腐乱した男に襲われたのである。警官1人が犠牲となり、男は全身に銃弾を打ち込まれて海中に姿を消した。
クルーザーの持ち主である娘アン・ボールズ(ティサ・ファロー)と新聞記者ピーター・ウェスト(イアン・マカロック)は、行方不明となっているアンの父親を探すため、アメリカ人夫婦ブライアンとスーザンのクルーザーに同乗し、カリブ海に浮かぶマトゥール島へ向かう。だがそこは、謎の疫病で死んだ者が蘇り生者を貪り喰う、恐るべき魔境と化していたのである。

Wikipediaより引用
136235_1.jpg
1、2、3ゲリア!
[ 2013/10/03 21:12 ] ラ行 ルチオ・フルチ | TB(0) | CM(6)