スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

クジョー ~TI~

ガイコツ
どうもです。
今回は「クジョー」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はルイス・ティーグ監督の1983年の作品だ。
スティーヴン・キングの小説が原作の作品だぜ。


ガイコツ
原作については読んだことがないのであまり分からないんですが、スティーヴン・キング原作のホラー映画は原作の怖さを映像で表現するのが難しいからか出来にかなりムラがある印象があって観る前に謎の緊張感を感じますね(笑)


ロボコップ
それに最初良いと思っても途中でどんでん返しがごとく作品のテイストが変わることもあるから観ている間も気を抜けないぜ。
ではそろそろ緊張感を持って内容の話に移ろう。
ストーリーはこんなカンジ。





自動車修理工のジョーに飼われているセント・バーナード犬のクジョーは、森の中でコウモリに咬まれて狂犬病に罹患、発症する。ジョーを咬み殺し、故障した車の修理に彼の工場を訪れたドナとタッドの母子に襲いかかるクジョー。ドナたちは動かなくなった車の中に退避、閉じ込められてしまう。
Wikipediaより引用
クジョー
筆者はネコ派です。
スポンサーサイト
[ 2012/11/30 23:14 ] ラ行 ルイス・ティーグ | TB(0) | CM(0)

ゴジラvsビオランテ ~vs靖子~

ガイコツ
どうもです。
今回は「ゴジラvsビオランテ」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はは大森一樹監督の1989年の作品だ。
1984年の「ゴジラ」の続編にあたる作品だぜ。
とはいってもそれを観てなくても十分理解できるようにはなってるけど。


ガイコツ
筆者は先日、先端に大きな飾りがついたクリスマスツリーを見た際「なんかビオランテみたいだな・・・」と思い懐かしくなってこの作品を観ることにしたようです。


ロボコップ
そこで普通に「わあ、キレイだな」とか言えないところに筆者の根深い病理を感じるぜ・・・(笑)
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。





ゴジラが新宿を襲撃した後、その場所からゴジラ細胞を極秘に盗んだ奴らがいた。奴らはサラジア国の者で、そこで遺伝子工学の白神博士がゴジラ細胞の研究を行っていた。しかし、研究所は「バイオ・メジャー」と呼ばれる組織に破壊されてしまいそのときに博士の娘英理加も死んでしまう。~ゴジラが三原山に落ちてから五年後、超能力少女三枝未希はゴジラの動きを感じる。ゴジラ対策のため国土庁は対ゴジラ用の抗核バクテリアを開発する。また、博士もゴジラ細胞と娘の英理加の細胞とバラとを組み合わせ、ビオランテを作り出してしまう・・・
みんなのシネマレビューより引用
ビオランテ
オ~タンネンバゥム!(ビオランテはバラです)
[ 2012/11/28 23:29 ] ア行 大森一樹 | TB(0) | CM(2)

チェイサー ~重白い!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「チェイサー」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はナ・ホンジン監督の2008年の作品だぜ。
この監督の作品は「哀しき獣」を劇場で観たとき以来だな。


ガイコツ
この作品のDVD自体はだいぶ前に買ってはいたんですがいつも通り買って満足して積みっぱなしになっており、それを今回引っ張り出して観てみたようです。


ロボコップ
一緒に買った「オールド・ボーイ」とかもまだ積みっぱなしだし、この際韓国映画ババッとまとめて観てやろうかしら。
ではそろそろ内容の話に入ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。





元刑事のジュンホ(キム・ユンソク)が経営するデリバリーヘルスで、ヘルス嬢が次々と失踪するという事件が起こっていた。ジュンホは彼女たちに渡した高額な手付金を取り戻すため捜索を開始する。 やがて、出勤したミジン(ソ・ヨンヒ)の相手の番号が、それまでに失踪した嬢達が最後に仕事をした相手と一致していることがわかる。ジュンホは単身、男の自宅へと向かっているというミジンの下へ急ぐ。
Wikipediaより引用
チェイサー
地獄の追っかけっこはっじまっるよー!
[ 2012/11/25 22:52 ] ナ行 ナ・ホンジン | TB(1) | CM(4)

インプリント~ぼっけえ、きょうてえ~ ~反則!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「インプリント~ぼっけえ、きょうてえ~」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画は三池崇史監督の2006年の作品だ。
「マスターズ・オブ・ホラー」シリーズの作品の一つでアメリカのケーブルテレビ用に作られた作品の一つらしい。


ガイコツ
特定のジャンルの作品ばかり撮っている監督ではないので特別ホラー映画監督ってイメージは日本ではあまりない気しますけどね。
ヤクザにホラーにバイオレンス、「忍たま乱太郎」までなんでもござれな守備範囲の広さには本当に感心します。


ロボコップ
海外だと「オーディション」などの評価が高いみたいだからそのイメージがあるんだろうな。
ではそろそろ内容の話に移ろうか。
ストーリーはこんなカンジ。





明治時代の日本。アメリカ人文筆家のクリスは小桃という女を探している途中、川中の遊郭で、とある女郎と出会う。その女郎は小桃との思い出をクリスに語り出す。醜い顔をしたその女郎は 生まれたときから奇形で顔の左半分がつり上がり、その為か他の女郎達の間に馴染めなかった。
いくつもの遊郭を渡り歩くなか、とある遊郭で彼女は女郎の小桃と出会う。どの女郎からも貶され虐げられてきたが小桃だけは彼女に優しくしてくれた。そんな小桃に翡翠の指輪の盗難の疑惑がかかり、小桃は拷問をされてしまう。そしてその女郎の手によって小桃は殺されてしまう。クリスは優しくしてくれた小桃を何故殺したと問い詰める。するとその女郎は生い立ちからの不幸な運命とその呪われた体の秘密を語り出す。

Wikipediaより引用
インプリント
赤コーナー、残虐と戦慄の覇者!タッカァァァシィィィ・ミイィィィィッケェェェェェ!
[ 2012/11/22 23:03 ] マ行 三池崇史 | TB(0) | CM(6)

ハード・ボイルド 新・男たちの挽歌 ~爆散!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「ハード・ボイルド 新・男たちの挽歌」について話していきましょう。


ロボコップ
この作品はジョン・ウー監督の1992年の作品だ。
次に作る「ハード・ターゲット」からハリウッド映画を作るようになるのでハリウッド進出前最後の作品だな。


ガイコツ
新・男たちの挽歌と邦題はなっているものの実際は「男たちの挽歌」シリーズとは特につながりがあるわけではないようです。
紛らわしいような、でもパッとタイトル観ただけでジョン・ウーの作品や!って分かるから便利なような痛し痒しなタイトルですね(笑)


ロボコップ
もしジョン・ウーが香港で映画作り続けてたら“沈黙の~”みたいにずっと“狼”やら“男たちの挽歌”やらが邦題になってたかもしれないな(笑)
ではそろそろ内容の話に移ろうか。
ストーリーはこんなカンジ。





香港において暴力団組織の抗争が密輸された大量の銃器により激化していた、その密輸を阻止するべく香港警察の警部補ユン・テキーラ(チョウ・ユンファ)は捜査を行っていたが武器取引現場において同僚を失い更には潜入捜査をしていた刑事まで射殺してしまう。その頃図書館にて武器密輸組織の一員である男が何者かにより射殺される事件が発生する。その殺しの手際からみてプロの殺し屋と判断して捜査を開始するテキーラはホイ(クワン・ホイサン)の組織と対立するジョニー(アンソニー・ウォン)の組織に揺さ振りをかけるがトニー(トニー・レオン)と呼ばれる男と衝突することになるが・・・
Wikipediaより引用
ハードボイルド
宣伝文句にここまで納得する映画もスゴイ
[ 2012/11/19 23:33 ] サ行 ジョン・ウー | TB(0) | CM(2)

悪の教典 ~マサカー!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「悪の教典」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画は三池崇史監督の2012年の作品だ。
結構前からTOHOシネマズで映画見る度にこの映画の予告が流れてたのでもはやパブロフの犬レベルで刷り込まれてしまった作品だな(笑)


ガイコツ
少し前まで伊藤英明「Excellent!(ニッコリ」→草彅クン「極道ナメてんじゃねぇぞぉ!(迫真」→福君「早く人間になりたい!(カワイイ」の邦画三人衆は鉄板な感がありましたねー。
予告編もローテーションしたのかこの作品の上映前にやってた予告編は少し変わってましたけど。


ロボコップ
今回初めて観た「今日、恋をはじめます」の予告編に「ハスミン!こいつらもついでにやっちゃってくれ!」と映画本編を観る前から悪の心が芽生えてしまったのはここだけの秘密だぜ!
ではそろそろ内容の話に移ろう。
ストーリーはこんなカンジ。





晨光学院高校2年4組担任の英語教師・蓮実聖司は、爽やかな風貌と明るい雰囲気で生徒や同僚教師から深い信頼を得ている。集団カンニングの防止やモンスターペアレントの対応などにも積極的に取り組んでいた。物理教師の釣井はそんな蓮実の動向を怪しみ、彼の過去を調べ始めていた。同じ頃、生徒の早水圭介も蓮実に疑いを抱く。実は蓮実が過去に勤務していた学校では、集団自殺事件が発生していたのだ。事件に蓮実が関係しているのか…?
goo映画より引用
悪の教典
「今日、恋をはじめます」で検索した人が誤ってこのページを開いてしまうという悲しい事故が起きないことを祈ります。
[ 2012/11/17 00:10 ] マ行 三池崇史 | TB(0) | CM(4)

オーバー・ザ・トップ ~戦うお父さん~

ガイコツ
どうもです。
今回は「オーバー・ザ・トップ」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はメナヘム・ゴーラン監督の1987年の作品だ。
監督以外にもプロデューサーとしても多くの作品に携わってるみたいで、すっぽんぽん映画「スペースバンパイア」や楽しい「悪魔のいけにえ2」にも製作として名を連ねているみたいだな。


ガイコツ
筆者はこの作品、フラフラ~と寄った棚でスタローンが手をムキッとさせながら「かかってこい!」って挑発してたので思わず手に取ってしまったようです(笑)


ロボコップ
スタローンに挑発されたら否が応でも借りてしまうわな(笑)男子諸君はみなきっとそうなハズだ!
ではそろそろ内容の話に移ろうか。
ストーリーはこんなカンジ。





放浪のコンボイ・トラッカー、リンカーン・ホークは義父との確執から10年前に妻と息子を残して家を出た。しかし妻が重病との知らせを聞き、義父に内緒で息子と再会し妻の元へと向かう。だがその直後に妻は死に、再び息子も義父の元に。そんななか、ホークはかねてから熱望していた世界アーム・レスリング選手権への出場を決める。息子への思いをぶつけるように、ホークは世界の強豪たちと死闘を繰り広げる。
Wikipediaより引用
オーバーザトップ
かかってこい!

ホラー映画ベストテンげなもの

ガイコツ
どうもです。
今回はワッシュさんという方のブログ「男の魂に火をつけろ!」で行われている「ホラー映画ベストテン」なる企画に便乗させていただくために記事を書かせていただきます。


ロボコップ
この企画、筆者は最初リンクから飛んでぼけーっと眺めてただけだったんだが、読んでいるうちにムズムズしてきて「乗るしかない、このビッグウェーブに」と思い参加してみることにしたようだ。


ガイコツ
ランキングのルールの詳細などは下のリンクからご確認ください。
あとランキングはあくまでにわかな筆者の個人的に好きな作品なのでそれをご了承ください。
「なんだこのランキングふざけんなコノヤロー!」的なコメントは歓迎します(笑)
前置きが長くなるのもアレなので早速ちゃちゃっとランキング出しちゃいましょう。



   男の魂に火をつけろ! ~ホラー映画ベストテン受付中~
ビッグウェーブ
[ 2012/11/11 20:18 ] 雑談 | TB(0) | CM(4)

レア・エクスポーツ 囚われのサンタクロース ~裸のおっさん~

ガイコツ
どうもです。
今回は「レア・エクスポーツ 囚われのサンタクロース」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はヤルマリ・ヘランダー監督の2010年の作品だ。
ハロウィンが終わると同時に早々にイルミネーションをチカチカさせ、もろびとこぞりてなど流し始めるあわてんぼうのサンタクロースもビックリなレベルの気の早い人たちにクリスマスがいかに恐ろしいか警鐘を鳴らすために筆者はこの作品を観たようだ。

ガイコツ
要するにまあいつも通りのリア充爆発しろ的な気分で観たようです。
近くTSUTAYAに借りに行ったのですが置いてあるはずの棚になく恥を忍んで店員さんに探してもらってまでして観た執念の一本です。


ロボコップ
「素晴らしき哉、人生!」とかなら躊躇なくいくらでも探してもらうけど、なんでよりにもよってあんまり作品名をじっくりと眺めてほしくないこの作品が見当たらないかね(笑)
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。





フィンランドの山奥の村で、父親と暮らす少年・ピエタリ。彼は昔の書物から、サンタクロースが本当は恐ろしい姿をしており、子どもたちに拷問したりしていたことを知る。その頃、彼の家からほど近いロシアの山の中では、多国籍企業により、何かの発掘調査が行われていた。発掘調査をのぞいたピエタリは、彼らが埋められたサンタを掘り出そうとしていることに気付いてしまった。やがて、森の中でトナカイの死体が大量に発見され・・・。
goo映画より引用
レアエクスポーツ
長きにわたり封印されてきた本当のサンタ伝説が、今明かされる!

エンゼル・ハート ~ディアボリック!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「エンゼル・ハート」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はアラン・パーカー監督の1987年の作品だ。
筆者はこの作品、アラン・パーカー監督の作品も観たこともなければこの作品も全く知らなかったんだが、先日ツイッターで面白いですよとオススメしていただいたので観てみたようだ。


ガイコツ
にわかなもので手を出してないジャンルや作品名すら知らないものも多いので、オススメなどしていただけると新しい世界が広がっていいですねー。
マインスイーパーで何もないエリアをポチッとやってパッと開けたときのような気分です。


ロボコップ
新しい世界が開けたからって調子のって闇雲に手を出してたら結局地雷を踏んでしまいそうだがな(笑)
ではそろそろ内容の話に移ろう。
ストーリーはこんなカンジ。




ブルックリンの私立探偵ハリーは謎めいた紳士サイファーから、10年前に失踪した歌手のジョニー・フェイバリットを探し出してほしいと依頼される。ハリーは調査するが、行く先々で凄惨な殺人が・・・。やがてハリーは恐ろしい真実を知る。
Wikipediaより引用
エンゼル・ハート
♪て~ん~し~の~よ~うな~あ~く~ま~の~え~がお~
[ 2012/11/07 00:42 ] ア行 アラン・パーカー | TB(0) | CM(4)

プロムナイト ~じっくりゆったり~

ガイコツ
どうもです。
今回は「プロムナイト」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はポール・リンチ監督の1980年の作品だ。
以前書いた「ハロウィン」の記事にいただいたコメントで「ハロウィン」と同じくジェイミー・リー・カーティスが主演の作品として紹介されていたので観てみたようだ。


ガイコツ
「ハロウィン」では真面目でお堅いマジレス系女子を演じていましたが今回はどんな役なんでしょうか。
この頃の彼女は“スクリーム・クイーン”だったようですから悲鳴をあげる役なんだろうなーっていうのは割と想像がつきますが(笑)

ロボコップ
まあこの映画のジャンルもスラッシャーなカンジだしな(笑)
ではそろそろ内容の話に移ろうか。
ストーリーはこんなカンジ。




とある廃校で一人の幼い少女が、四人の友達とおにごっこの最中、彼らの度を越した追い込みにより殺害される。それから数年後、そのことを秘密として誓い合った彼らは高校生となりプロムを迎えようとしていた。一方、その事件の殺人現場付近にいたということで犯人とされ精神病院送りとなっていた男が脱走。惨劇が幕を開けようとしていた・・・。

Yahoo!映画より引用
プロムナイト
Wikipediaは平然と結末までネタバレしているから気を付けろ!
[ 2012/11/05 00:26 ] ハ行 ポール・リンチ | TB(0) | CM(2)

バタリアン・リターンズ ~バタ・・・リアン?~

ガイコツ
どうもです。
今回は「バタリアン・リターンズ」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はブライアン・ユズナ監督の1993年の作品だ。
この人は「死霊のしたたり」「フロムビヨンド」にも製作として携わっている人だな。


ガイコツ
正直、前作の「バタリアン2」は笑いに走りすぎてちょっと緩んだ作品だったのでここでしかるべき人にビシッと立て直してもらわないといけないですからね。
そういう意味ではいい人を監督に据えることができているんじゃないでしょうか。


ロボコップ
いい意味でも悪い意味でも作品を暴走させそうな気がするがな(笑)
ではそろそろ内容の話に移ろう。
ストーリーはこんなカンジ。




カートは恋人であるジュリーをバイク事故で亡くしてしまう。カートの父は軍の施設で働いており、そこでは死体をゾンビ化させる物質・トライオキシンを兵器として転用する研究を行っていた。その事を知るカートは施設に忍び込み、トライオキシンを使ってジュリーを蘇生させるが、蘇ったジュリーは人を襲い出す・・・
Wikipediaより引用
バタリアンリターンズ1
恋するバタリアン!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。