ブラックブック ~やりすぎぃ!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「ブラックブック」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はポール・バーホーベン監督の2006年の作品だ。
筆者はこの作品、「アイアン・スカイ」スペェースナチィィィス!!をやる前に普通のナチスも観ておこうということで観たようだ。


ガイコツ
まあみんな大好き変態なバーホーベン先生の作品なので普通かどうかはいささか怪しいところがあるかもしれませんけどね(笑)


ロボコップ
普通じゃなかったらそれはそれでそこにシビれる!あこがれるゥ!とか言って筆者は絶賛する気がするな(笑)
ではそろそろ普通かどうか怪しい内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。




1944年、ナチス占領下のオランダ。美しいユダヤ人歌手のラヘルは、南部へ逃亡する途中、ドイツ軍により家族を殺されてしまう。レジスタンスに救われたラヘルは、エリスと名を変え、髪をブロンドに染めレジスタンス運動に参加する。彼女はその美貌を武器にスパイとしてドイツ人将校ムンツェに近づいていくが、その優しさに触れ、次第にムンツェを愛するようになってしまう。一方、レジスタンス内では裏切り者の存在が浮かび上がる。
goo映画より引用
ブラックブック
スポンサーサイト

バタリアン2 ~足りな~い!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「バタリアン2」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はケン・ウィーダーホーン監督の1987年の作品だ。
最近おバカ成分が不足しているということで、おバカ成分を補給するためにこの作品を観ることにしたようだ。


ガイコツ
おバカ成分の枯渇により筆者がゾンビみたいになってましたからねー(笑)
おバカ方面なら、まあ「バタリアン」シリーズならとりあえず間違いはないだろうということで。


ロボコップ
てか最近知ったんだがバタリアンシリーズって5まであるんだな、思いの外長寿シリーズでビックリしたわ。
ではそろそろ内容の話に移ろう。
ストーリーはこんなカンジ。




1台の米陸軍トラックが走行中、段差の弾みで積荷の複数のドラム缶を落とし走り去っていった。その中身は、死体をゾンビ化させるというトライオキシンだった。それを見つけたジェシーたち3人の少年。うち2人がドラム缶の管理ボタンをいじり、噴出したガスを浴びてしまう。ガスを浴びた少年はゾンビ化していき、ガスは墓場へ。地中へ染み出したガスにより、死者が次々とゾンビとして蘇っていく・・・・
Wikipediaより引用
バタリアンⅡ
※雲がこんなことになるシーンはありません

乙女の祈り ~やっぱりグロテスク!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「乙女の祈り」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はピーター・ジャクソン監督の1994年の作品だ。
「ミート・ザ・フィーブルズ/怒りのヒポポタマス」では汚物まみれの人形劇、「ブレインデッド」では人体破壊博覧会、「ロード・オブ・ザ・リング」では生首ポイポイをやった監督が乙女とな!?と気になったので観てみたようだ。

ガイコツ
原題は「Heavenly Creatures」なので乙女チックなタイトルは邦題ならではみたいですけどね。
でもこの邦題は個人的には結構センスがあるんじゃないかと思っています。


ロボコップ
まあ少なくとも「ゾンゲリア」とかよりは数段いいのは確かだな(笑)
ではそろそろ内容の話に移ろう。
ストーリーはこんなカンジ。




クライストチャーチに暮らす内気な少女ポウリーンと、イギリスからの転校生ジュリエットは親友同士になり、二人だけの世界を作り上げる。しかし、その絆があまりに強いため周囲の大人は彼女たちを同性愛と見なし引き離そうとする。そんな二人が一緒にいるために考えた残酷な計画とは…。
Wikipediaより引用
乙女の祈り
タイトルに乙女ってついてたけどやっぱりPJブランドだった。

ギレルモ・デル・トロ作品を観よう計画の残りカス

レザーフェイス顔プロフィール用
ええ~、これよりギレルモ・デル・トロ祭の閉会式を行いたいと思います。
まずはじめに、主催者でありこのブログの管理人でもある筆者から一言。
ええ~、本日はお日柄もよく・・・・(以下長いので省略)
そして最後になりますが、コメント等下さった方、本当にありがとうございました。


ギレルモ・デル・トロ
[ 2012/09/23 10:55 ] 雑談 | TB(0) | CM(2)

デビルズ・バックボーン ~幽霊とはこの私だ~

ガイコツ
どうもです。
今回は「デビルズ・バックボーン」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はギレルモ・デル・トロ監督の2001年の作品だ。
ギレルモ・デル・トロ作品を観よう計画の第5弾だぜ。


ガイコツ
一応今回でこの計画も一旦終了ということにさせていただきます。
この作品を含めれば、監督した作品は「ブレイド2」以外は一通り観たことにもなりますしね。
「ブレイド2」は「ブレイド」を復習してから観るのがおっくう良いかなと思いますので今回はスルーする方向で。


ロボコップ
ギレルモ・デル・トロは製作や脚本で携わっている作品も多いからそれもこれからボチボチと観ていけるといいな。
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。




激しい内戦が続くスペイン。人里離れた荒野に建つサンタ・ルチア孤児院。中庭に大きな不発弾が突き刺さったままのこの孤児院にある日、12歳の少年カルロスがやって来る。幼児を漬けたラム酒を飲む老医師や義足の女院長など不気味な大人たちが少年を迎え入れる。彼に与えられたベッドは“12番”。それはある日を境に行方不明となったサンティという少年が使っていたベッドだった。その日から、カルロスは奇妙な囁き声や物音に悩まされるようになる。やがてカルロスはサンティの霊が何かを自分に訴えかけていると感じる。恐怖に怯えながらもサンティをめぐる秘密に興味を抱くカルロスだったが…。
デビルズ・バックボーン
お分かり頂けたであろうか、孤児院で死んだ子供の無念の霊が窓から覗いている、とでもいうのだろうか・・・・

クロノス ~けなげ!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「クロノス」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はギレルモ・デル・トロ監督の1992年の作品だ。
メキシコ映画で監督のデビュー作だな。


ガイコツ
ギレルモ・デル・トロ作品を観よう計画4作品目ですね。
というよりこの作品のDVDが中古屋で偶然手に入ったのがこの計画を始めるキッカケでしたね。


ロボコップ
思いつきで始めてみたはいいものの思いの外本数が多くてレンタル作品に関してはレンタル2週目に突入してしまったのが予想外だったけどな(笑)
ではそろそろ内容の話に移ろうか。
ストーリーはこんなカンジ。




15世紀、錬金術師によって生み出された物体クロノス。永遠の命を約束するこの物体を、強欲な富豪が追い続ける。その頃、クロノスを手にしたメキシコの老人が醜い吸血鬼と化し……。
ぴあ映画生活より引用
クロノス
オタク監督が爆誕!

ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー ~Can't Smile Without You~

ガイコツ
どうもです。
今回は「ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はギレルモ・デル・トロ監督の2008年の作品だ。
「ヘルボーイ」の続編だな。


ガイコツ
筆者がやっている勝手にやっているギレルモ・デル・トロ作品を観よう計画第三弾ですね。
借りまくったはいいものの観てないまだ何本か残っているうえに返却期限が迫ってきていて筆者は焦っているようですけど(笑)


ロボコップ
延滞料の恐怖は過去に何度か味わったことがあるからな・・・・!
ではそろそろ内容の話に移ろう。
ストーリーはこんなカンジ。




遥か昔、エルフ族と人間は地球の支配を巡って壮絶な戦いを繰り広げていた。やがてエルフの王は最強の鋼鉄兵団“ゴールデン・アーミー”を生み出すが、そのあまりの戦闘力に心を痛めた王みずからがそれを封印、人間と休戦協定を結ぶ。以来、ゴールデン・アーミー復活の魔力を持つ王冠は3つに分散され、決して1つになることはなかった──。超常現象捜査防衛局(BPRD)の凄腕エージェントとして人間のために魔物退治にあたっているヘルボーイ。目下、同僚であり恋人でもあるリズとの関係に頭を悩ませる日々。そんなある夜、マンハッタンの古美術オークション会場が何者かに襲撃される事件が発生、さっそくヘルボーイは相棒のエイブ、そしてリズと共に現場に急行する。そして、そこにいた凶暴なトゥース・フェアリーの群れを何とか退治した一行は、事件の手がかりを求めて妖精や魔物たちが跋扈するニューヨークの地下世界“トロール市場”に潜入する。やがて、エルフのヌアダ王子がゴールデン・アーミーの復活を目論んでいることを知ったヘルボーイたちは、人類を守るためその恐るべき計画の阻止に立ち上がるのだったが…。
allcinemaより引用
ゴールデン・アーミー

狼男アメリカン ~ポロリもあるよ!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「狼男アメリカン」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はジョン・ランディス監督の1981年の作品だ。
筆者はこの作品、怪しげなタイトルで前から気になっていたのだが、実はみんな知ってる80年代ホラーの名作らしいという噂を聞きこれは観なアカン!ということで観ることにしたらしい。


ガイコツ
筆者のにわか具合を露呈する悲しいエピソードですね・・・・。
アカデミー賞も獲得している作品ですからね、コレ。


ロボコップ
筆者のにわか卒業への道のりはまだまだ遠そうだな・・・・。
ではそろそろ内容の話に移ろうか。
ストーリーはこんなカンジ。




アメリカから3ケ月間のヨーロッパ旅行に旅立ったデヴィッドとジャック。最初に訪れたイギリスの郊外をさまよう二人は、立ち寄ったパブで奇妙な警告を受けるも荒れ地に迷い込んでしまい、不気味な遠吠えと共に何者かに襲われてしまう。ロンドンの病院で目覚めたデヴィッドは、ジャックが死に、犯人は精神異常者だと聞かされる。看護婦アレックスの介助もあり回復に向かうデヴィッドだが、そんな彼の前に死んだはずのジャックが現れ、二人を襲ったのは狼人間だと告げる…。
allcinemaより引用
狼男アメリカン1
早く人間になりた~い!

ヘルボーイ ~ゴリマッチョ~

ガイコツ
どうもです。
今回は「ヘルボーイ」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はギレルモ・デル・トロ監督の2004年の作品だ。
アメコミの実写化作品だぜ。


ガイコツ
前回に引き続きギレルモ・デル・トロ作品を観よう第二弾です。
思い立ったが吉日ということで。


ロボコップ
TSUTAYAで一気にギレルモ・デル・トロ作品何本も借りてる怪しい奴がいたら筆者かもしれないから気をつけろ!
ということでそろそろ内容の話に移ろうか。
ストーリーはこんなカンジ。




第二次世界大戦末期、敗色濃厚なナチスは起死回生を狙い、妖僧ラスプーチンと手を組み異界から邪悪な神を召喚しようと計画していた。そしていよいよ計画が実行に移されようとしたその時、アメリカ軍が急襲、異界に呑み込まれたラスプーチンと引き替えに真っ赤な姿の奇妙な生き物が異界から産み落とされるのだった。その生き物は“ヘルボーイ”と名付けられ、超常現象学者ブルーム教授によって大切に育てられる。やがて成長したヘルボーイは、教授が設立した極秘の超常現象調査防衛局(BPRD)のエージェントとして異界からの侵略者たちと日夜死闘を繰り広げていた。
allcinemaより引用
ヘルボーイ
スマートなヒーローもいいけどこういうゴリマッチョもありでしょ!

ミミック ~ゾワゾワ!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「ミミック」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はギレルモ・デル・トロ監督の1997年の作品だ。
この監督の作品を観るのは2作目で「パンズ・ラビリンス」以来だな。


ガイコツ
「パンズラビリンス」は記事に書いた後も何度か観返したりするくらい好きな作品だったので、デル・トロ監督の他の作品も観てみたいとこの半年くらい画策していたんですよね。
いざ借りる段になって他の作品に目移りしてずっと頓挫していましたが(笑)


ロボコップ
筆者の意志薄弱さは筋金入りだからな・・・・。
まぁそんな話は置いといてそろそろ内容の話に移ろう。
ストーリーはこんなカンジ。




次々と子供を死に至らしめる未知の伝染病がNYで発生。被害が拡大するのを防ぐため、昆虫学者スーザンは感染源であるゴキブリを全滅させるべくアリとカマキリの遺伝子を合成した新種の昆虫《ユダの血統》を生み出す。事態は収拾されたが、それから3年後、NYでは奇怪な猟奇殺人が続発していた。スーザンの元に地下鉄で発見された虫が届けられるが、それは《ユダの血統》の特徴を受け継いだ突然変異のものだった。そして調査のため地下に降り立ったスーザンの前に現れたのは、人間の姿に擬態する巨大な昆虫だった……。
allcinemaより引用
ミミック
目移りしたおかげで発掘できた映画もたくさんあったしいいじゃん!

片腕マシンガール ~悪趣味ここに極まれり!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「片腕マシンガール」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画は井口昇監督の2008年の作品だ。
最近だと「電人ザボーガー」とか撮った監督だな。
この監督の作品、観たいとは思いつつもずっと二の足を踏んでいたんだよな。


ガイコツ
この作品にしろ「ロボゲイシャ」にしろ「ゾンビアス」にしろタイトルからして胡散臭さがスゴイですもんね(笑)
まあそういう点が惹かれる部分でもあるんですけど。


ロボコップ
惹かれると同時にドン引きされる部分でもあるんだよな(笑)
ではそろそろ内容の話に移ろう。
ストーリーはこんなカンジ。



女子高生・アミは、両親が自殺したために、たった一人の弟ユウと暮らしている。ある日、ヤクザの息子をリーダーとした不良グループによるイジメで弟が殺されてしまう。アミは、ユウの残した“殺したいやつ”ノートを元に復讐を誓うが、逆に捉えられ拷問に合い、片腕を切り落とされてしまう。何とか脱出し、同じく息子を失った母親・ミキと共に、再び復讐するための特訓を開始する…!
goo映画より引用
片腕マシンガール1
復讐の時間だぁぁぁぁ!
[ 2012/09/10 00:14 ] ア行 井口昇 | TB(0) | CM(4)

ケープ・フィアー ~本当にあった怖いデ・ニーロ~

ガイコツ
どうもです。
今回は「ケープ・フィアー」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はマーティン・スコセッシ監督の1991年の作品だ。
1962年の「恐怖の岬」のリメイク作品だな。
この映画、筆者は主題歌だけは聴いたことがあって、すごく印象に残っていたから観てみたようだぜ。


ガイコツ
リメイク元の作品でも使われていた曲みたいなんですけどかなりインパクトが強いですよね。
管楽器が♪パーパーパーパーっていうだけで伝わる人には伝わるんじゃないでしょうか(笑)


ロボコップ
さすがバーナード・ハーマンといったカンジだよな。
ではそろそろ内容の話に移ろうか。
ストーリーはこんなカンジ。




暴行罪に問われ14年間を獄中で過ごしたマックス・ケイディは、無罪を勝ち取れなかった弁護士サム・ボーデンに恨みを抱き続けていた。実はケイディが無罪になる可能性のある重大な情報をサムがつかんでいたにも関わらず、ケイディの卑劣な人間性を嫌悪するサムが自らの正義意識から故意に黙殺したという事実を、ケイディは知っていたのだ。服役中に肉体を鍛え法律を学んだ彼は、出所するやいなやサム一家に復讐を始める…。
スターチャンネルより引用
ケープ・フィアー
<●><●>ギロリ!

007 ロシアより愛をこめて ~最後に愛は勝つ!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「007 ロシアより愛をこめて」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はテレンス・ヤング監督の1963年の作品だ。
007シリーズは「ドクターノオ」「ゴールドフィンガー」は観たことあるのでこれで3作品目だな。


ガイコツ
筆者曰くアクセスカウンターが7000超えたから一応7000にちなんだ作品ということでこの作品を選んだみたいですね。
007を逆から読むと700、これって7000にちなんでるカンジがするとか言って。


ロボコップ
なんかすごいこじ付け感があるな、まず0が一個足りないし(笑)
ではそろそろ内容の話に移ろう。
ストーリーはこんなカンジ。



英国情報部に、ソ連情報部のタチアナという女性が亡命を希望してきた。彼女は手土産に、最新式の暗号機を持ち出すという。そして、彼女自身の希望で、ジェームズ・ボンドが派遣されることになった……。
allcinemaより引用
ロシアより愛をこめて
♪か~な~ら~ず~最後に愛は勝つ~
[ 2012/09/06 12:39 ] タ行 テレンス・ヤング | TB(0) | CM(2)

マチェーテ ~マチェーテ、今モテキ!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「マチェーテ」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はロバート・ロドリゲス監督の2010年の作品だ。
「ホーボー・ウィズ・ショトガン」と同じく「グラインドハウス」のフェイク予告編から生まれた作品だな。


ガイコツ
この前テレビで観た「プレデターズ」ダニー・トレホが出演してて、そういえば以前彼が主演の「マチェーテ」観たいと思ってたなぁと思い出して観てみたようです。


ロボコップ
「プレデターズ」では真っ先に死ぬ役だったけどな(笑)
ではそろそろ内容の話に移ろうか。
ストーリーはこんなカンジ。




メキシコの連邦捜査官のマチェーテは、マチェーテを愛用して犯罪者を狩る凄腕の男だった。だが、その強い正義感ゆえに麻薬王トーレスと衝突し、妻娘を惨殺される。
それから3年後、マチェーテはアメリカテキサスで不法移民の日雇い労働者をしていた。ある日、マチェーテはブースという男から不法移民嫌いで知られるマクラフリン議員の暗殺を依頼される。

Wikipediaより引用
マチェーテ
マチェーテ、やればできる

プロメテウス ~人類の起源を知ってますん~

ガイコツ
どうもです。
今回は「プロメテウス」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はリドリー・スコット監督の2012年の作品だ。
本公開は24日からだけどその前から先行上映からやってたからやっと観られたってカンジだな。


ガイコツ
この作品のために夏の初めからエイリアンシリーズ予習してきたんで、今年の夏はエイリアンに始まりエイリアンに終わるってカンジですね。


ロボコップ
個人的にはいい響きだが、世間への聞こえはあまりよくない気がするのは気のせいだろうか(笑)
ではそろそろ内容の話に移ろう。
ストーリーはこんなカンジ。




「人類はどこから来たのか?」人類が長年にわたり追い続ける、人類史上もっとも深遠でかつ根源的な謎。2089年、地球上の古代遺跡からその答えを導き出す重大なヒントを発見した科学者チームは、宇宙船プロメテウス号に乗り込んである惑星へと向かう。2093年、惑星にたどり着いた彼らは、人類のあらゆる文明や常識を完全に覆す世界を目の当たりにする事に。人類誕生の真実を知ろうと調査に没頭する中、思いもよらない事態が起きる。
goo映画より引用
プロメテウス
1の宣伝文句の「宇宙では、あなたの悲鳴は誰にも聞こえない。」にかかってて素敵