スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

REC/レック ~ハイテンション!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「REC/レック」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はジャウマ・バラゲロ監督の2007年の作品だ。
コメントで面白いとの情報をいただいたり、良い評判を聞いたりしていたので観てみたようだ。


ガイコツ
いざ近所のTSUTAYA行ったら借りられててしばらく待つ破目になりましたけどねー。
「エイリアン4」のときもそうでしたし、「ショーン・オブ・ザ・デッド」も間が悪いのか毎回借りられない状態ですし筆者、何かに呪われてるんじゃないですかね?


ロボコップ
まあ日頃の行いが悪いからバチ的なものが当たってるんだろうな(笑)
では内容の話に移ろうか。
ストーリーはこんなカンジ。




TV局レポーターのアンヘラは消防士への密着取材中、あるアパートを訪れた。老婆が暴れているらしく、消防士や警官らが取り押さえようとするが、老婆は逆に警官に噛み付いてしまう。なんとか襲われた警官を助け出し、手当てのためにアパートの外に出ようとすると、出入り口はなぜか警察によって封鎖されていた。このアパートには何があるのか? そしてアンヘラたちが回し続けるカメラには、恐怖の一夜が映し出されることになる……。
goo映画より引用
レック
●REC
スポンサーサイト

フロム・ビヨンド ~執念~

ガイコツ
どうもです。
今回は「フロム・ビヨンド」について話していきましょう。


ロボコップ
この作品は「死霊のしたたり」スチュアート・ゴードン監督の1986年の作品だ。
というか100本目なのにB級ホラーでいいのか・・・・?


ガイコツ
DVD化されてなくてVHSしかないのでビデオデッキとか用意したり筆者的には割と大変だったらしいですよ。
「こんな苦労したんだから100本目に決定やな!」とか言ってましたし(笑)


ロボコップ
なんやその読んでる人に全く関係ない選定理由は・・・・!?
ま、まあ内容の話にそろそろ移ろうか。
ストーリーはこんなカンジ。




その研究所では、人間の脳に秘められた可能性を探る機械が開発されていた。科学者は実験を開始するが、脳の深淵を越えた別次元の世界から奇怪な生物が現れ、研究所は地獄絵図と化す……。
Yahoo映画より引用
フロムビヨンド
だって観たかったんだもん・・・・。

寿的な茶番 ※映画のレビューではないです。

レザーフェイス顔プロフィール用
やあやあどうも。
このブログですが、次回の記事でレビューする作品がめでたく100本目になります(多分)。
いや~めでたいな!


ガイコツ
本当は100個目の記事で祝うつもりだったのですが気付いたら記事の数が100個超えてて、レビュー100本目とかこつけて102個目のこの記事で無理矢理祝おうとしているのは内緒です。


レザーフェイス顔プロフィール用
コラ、余計なことを言うのはやめたまえ!言わなきゃバレないんだから!
始めてまだ半年と少しですが、思い返せば色々とありました。
春のパンフ祭りとかアクセスカウンター2000超えた記念で2000にちなんだ作品観たりとか。


ロボコップ
アクセスカウンター3000のときは3000にちなんだ作品が思いつかなかったからスルー、4000の時は四千→四川→カンフーパンダ!?こじ付けが無理矢理すぎるからスルーしたのは内緒だけどな!


レザーフェイス顔プロフィール用
コラ、余計なことを言うのはやめたまえ!!言わなきゃ(ry


ガイコツ
そして5000のときなんて「激走!5000キロ」観ようと思ってるうちに6000になっちゃったからスルーですからね、いい加減ったらありゃしません。


レザーフェイス顔プロフィール用
コラコラコラコラ~ッ!(`o´)


ロボコップ
ということで、個人的な備忘録的なカンジで始めたこのブログでしたが(長文書けないのでこんな形式ですが)読んでくださったりコメントしてくださる方がいてとても嬉しく、ありがたく思っています。


ガイコツ
拙い粗末なブログですがこれからもよろしくお願いします。


レザーフェイス顔プロフィール用
(私のセリフが奪われている・・・・!?)
え、えーっとこれからもよろしくお願いします・・・・。

[ 2012/08/26 21:00 ] 雑談 | TB(0) | CM(10)

π ~異質!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「π」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はダーレン・アロノフスキー監督の1998年の作品だ。
この作品が初監督作品みたいだな。


ガイコツ
この監督の作品は去年「アカデミー賞だってよ!」とミーハーなカンジで観に行った「ブラック・スワン」以来で2作品目ですね。


ロボコップ
「ブラック・スワン」のときは知らなかったが1998年監督デビューとは割とまだ若い監督さんなんだな。名前がゴツいからもっと年いってるイメージだったわ(笑)
ではそろそろ内容の話に移ろうか。
ストーリーはこんなカンジ。




日常生活には順応できないが、常人離れした知能指数(IQ)を持つ男、マックス・コーエン(ガレット)は自作のスーパーコンピュータを用いて日々株式市場の予測を行っていた。「世界に存在する事象のすべてはそれぞれ一つの数式で理解できる」と信じる彼の前に、ある日コンピュータが巨大な数字の塊を吐き出した。216桁のその数字には、かつて円周率(π)を研究していたマックスの師ソルも辿り着いていた。彼はその日を境に216桁の数字が持つ不可思議な魔力に取り付かれていく…。
Wikipediaより引用
pi
すうがくってむつかしいなあ(ぼうよみ)!

スペースバンパイア ~すっぽんぽん!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「スペースバンパイア」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はトビー・フーパー監督の1985年の作品だ。
「悪魔のいけにえ」の監督に、脚本は「エイリアン」ダン・オバノン、音楽はヘンリー・マンシーニなどビッグネームが名を連ねている作品だぜ。


ガイコツ
こんな大物が勢揃いの作品ならきっと名作なんでしょうね!


ロボコップ
き、きっとな(震え声)
ま、まあ早速だが内容の話に移ろうか。
ストーリーはこんなカンジ。




ハレー彗星と共に地球に接近してきた謎の宇宙船。そこには3体の人間が安置されていた。だが研究のため地球に持ち帰った、人間と思われていたその生物は人々の精気を吸い取る宇宙の吸血鬼だった。
Yahoo映画より引用
スペースバンパイア
フォースと共に在れ・・・!
[ 2012/08/21 23:50 ] タ行 トビー・フ-パー | TB(0) | CM(6)

キャビン・フィーバー ~オマージュ祭り~

ガイコツ
どうもです。
今回は「キャビン・フィーバー」について話していきましょう。


ロボコップ
この作品はイーライ・ロス監督の2002年の作品だ。
筆者はホントは「REC」借りるつもりだたんだが運悪く借りられていたので名前を聞いたことがあるこの作品を借りてみたようだ。


ガイコツ
今回は名前以外なんも知らないのにホント適当に借りましたね。
サスペンスの棚にあるからサスペンス的な話なんやろか?ってレベルで。


ロボコップ
ニュートラルな状態で観ることができる(キリッ とか言ってたがどうなることやら・・・・。
ではそろそろ内容の話に移ろう。
ストーリーはこんなカンジ。




学生生活も終りを迎えた5人の若者ポール、カレン、ジェフ、マーシー、バート。最後の夏休み、彼らは好き勝手にハメをはずして楽しむため、森の奥のキャビンを借りて過ごすことに。さっそく、酒とドラッグとセックス三昧で盛り上がる彼ら。ところがそこへ、血だらけの男が突然乱入してくる。5人はパニックになりながらも、なんとか男を追い払い、平静を取り戻す。しかし翌日、カレンの身体に異変が生じる。皮膚が膨れ上がり、やがて爛れて血があふれ出てきたのだ。症状が悪化するにつれ、仲間たちの間に、この謎の病気は伝染するのでは、との恐怖が広がる…。
allcinemaより引用
キャビンフィーバー
   \  /
     X  /⌒⌒⌒⌒⌒⌒\  。
   / ∩. ( ( ( ( ( ( ( ( ( ( (  ヽ   〇
  / ( ⊂) ヽ r----------、  `、  +
      | |  レ  ノ   ヽ、_  \ ,i  
     トニィ / (●)  (●)   ヽl 
 。   .|  i |   (__人__)     |
     \  \   ` ⌒´     ,/
      \  ヽ        ノ  
    +    ン `ー---一 ' \            。
. 〇     ./ イ( /  /   \      +
        /  | Y  |  / 入  \
       (   | :、 |  / /  ヽ、 l      〇
+   。   .j  | :   | / ィ    |  |
        くV ヽヘ_ ヽ  \  仁 」  +
         ー 〕   \  〉(⌒ノ         o
     +    /  ヽ   |
  〇   o  /  / ',   |        。   +
        /  <    ',_  ヽ   +
        /   |    \  \
 +     /__」      ユ   >,      +
      「__,h_」     <_-,ィ_/   

観る前のイメージ
               ,, -―-、
             /     ヽ
       / ̄ ̄/  /i⌒ヽ、|    おぇーー!!!!
      /  (゜)/   / /
     /     ト、.,../ ,ー-、
    =彳      \\‘゚。、` ヽ。、o
    /          \\゚。、。、o
   /         /⌒ ヽ ヽU  o
   /         │   `ヽU ∴l
  │         │     U :l
                    |:!
                    U

観た後
[ 2012/08/21 05:30 ] ア行 イーライ・ロス | TB(0) | CM(2)

放課後ミッドナイターズ ~ハチャメチャカオス!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「放課後ミッドナイターズ」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画は竹清二監督の2012年の作品だ。8月25日公開らしいな。
「ゴッド・ブレス・アメリカ」のときだったかな?予告編を観てぶっ飛んでるなーと思ってたんだが、先日オンライン試写会のお誘いをいただいたので喜んで観させていただいた次第だぜ。

ガイコツ
こんな弱小ブログに情報載せても正直効果は怪しいところだと思うのですが、この作品の情報について載せて欲しいとのことだったので下にリンクを貼っておきますので興味のある方、この作品は何ぞやと思った方は覗いてみてはいかがでしょうか。


放課後ミッドナイターズ公式サイト
http://afterschool-midnighters.com/
※8月21日13:00から新宿バルト9で山寺宏一さん(キュンストレーキ役)、雨蘭咲木子さん(ミーコ役)、竹清 仁 監督がゲストのチャリティー試写会もあるらしいです。

ロボコップ
・・・・と宣伝はこれくらいにして(雑過ぎて怒られないかしら?)
そろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。



名門・聖クレア小学校の学校見学会にやって来た、スーパー幼稚園児のマコ、ミーコ、ムツコ。三人は取り壊し予定の理科室に忍び込み、はだかんぼの人体模型・キュンストレーキを見つけ、体中に落書きをしてしまう。夜になり、動けるようになったキュンストレーキは激怒して、彼女たちにお仕置きをしようと学校に連れてくる。相棒の骨格標本・ゴスの提案で、三人に伝説のメダルを集めさせ、理科室の取り壊しを阻止しようと企むが…。
goo映画より引用
放課後ミッドナイターズ
空飛ぶ人体模型!
[ 2012/08/17 23:59 ] タ行 竹清仁 | TB(1) | CM(4)

裏窓 ~覗き「ダメ。絶対。」~

ガイコツ
どうもです。
今回は「裏窓」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はアルフレッド・ヒッチコック監督の1954年の作品だ。
最近B級カルトな作品の比率が高かったので世で名作と言われている作品を見て気持ちをニュートラルな状態に戻そうという狙いなようだ。


ガイコツ
最近はボケ拾ってやるぞー!的な超前傾姿勢で観てたこと多かったからですからね(笑)
今回は背筋をシャンとしてリラックスした自然な姿勢で観ることを心がけました。


ロボコップ
もうすでに背骨曲がってて自然な状態でも猫背気味になってる気がするけどな・・・・。
では内容の話に移ろう。
ストーリーはこんなカンジ。




カメラマンのジェフは事故で足を骨折し、車椅子生活を余儀なくされる。そんな彼にできる楽しみは、カメラの望遠レンズを使って裏窓から見る隣のアパートの住人達の人間模様の観察であった。
ある日、いつも口喧嘩が絶えなかった中年夫婦の妻が突如として姿を消す。セールスマンらしい夫の怪しい挙動を観察していたジェフは、数々の状況証拠から殺人事件と確信。恋人リザと共に調査に当たる。事件を認めない友人の刑事を納得させるため、確たる証拠を掴もうとする二人に危機が迫り……。

Wikipediaより引用
裏窓
家政婦カメラマンは見た!

デビルスピーク ~闇鍋!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「デビルスピーク」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はエリック・ウェストン監督の1981年の作品だ。
映画秘宝やらなんやらでDVD発売のときに色々書かれていたのを読んで観たいと思っていたのが、先日中古でお手頃価格で買えたので観てみたようだ。


ガイコツ
あんまり手元に置いて家族や知り合いに見つかって欲しくない類のDVDですけどね・・・・。
まあ「死霊のはらわた」とか「遊星からの物体X」も置いてるので今さら手遅れな感はありますが(笑)


ロボコップ
め、目立つ所にはちゃんと「アラビアのロレンス」とか「シャレード」とか置いてるから(震え声)
・・・・まあカモフラの話は置いといて内容の話に移ろう。
ストーリーはこんなカンジ。



同級生から陰湿なイジメを受ける陸軍士官学校の劣等生クーパースミス(C・スミス)は、懲罰で掃除を命じられた礼拝堂の地下室で秘密の小部屋を発見する。そこには16世紀に悪魔崇拝に狂った背教神父エステバンが遺したラテン語の古書が隠されていた。書物の内容をコンピューターで解読したクーパースミスは、悪魔との交信に成功。可愛がっていた子犬を殺されたことで鬱積した怒りを爆発させ、サタンの弟子となり血塗られた復讐を開始する・・・。
amazon.co.jpより引用
デビルスピーク
チクショーメー!

「遊星からの物体X」と「遊星からの物体X ファーストコンタクト」についてグダグダと話す会

ガイコツ
どうもです。
今回は「遊星からの物体X」「遊星からの物体X ファーストコンタクト」について話していきましょう。


ロボコップ
筆者は無印の方は2回、ファーストコンタクトの方は英語字幕(理解度30%)で1回観てはいるんだが、ファーストコンタクトがめでたく日本でも上映されることになったのでこの機会に両方とも観直してみたようだ。


      理解度3割で「遊星からの物体X ファーストコンタクト」にファーストコンタクトした記事はこちら

ガイコツ
あ、ファーストコンタクトの方は今回はちゃんと劇場で観たので理解度100%になりました。
前回観た時、英語音声英語字幕でさえすごく厳しいのに、舞台の設定に沿って一部ノルウェー語音声に英語字幕になってて死にかけてたのが今となっては懐かしいですね(笑)


ロボコップ
今当時の記事見返すと理解度30%のストーリーには全然触れてなくてビジュアルなどについて表面的にスーッとすくい取った湯葉もびっくりな内容だな(笑)
・・・まあ内容が薄いのは今も大して変わらんか。



      この記事は割と無造作にネタバレをしてしまっているので気にする方はご注意を。

遊星からの物体X 5遊星からの物体X 6
ユウセイカラノブッタイ エーックス ♪地上の星

ダーク・スター ~名作?迷作?~

ガイコツ
どうもです。
今回は「ダーク・スター」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はジョン・カーペンター監督の1974年の作品だ。
前回の記事で「夏のカーペンター祭りですね」的なコメントをいただいき、せっかくだからカーペンター祭りしようじゃないかということで観たらしい。


ガイコツ
・・・・主催者なのに乗り遅れて参加的スタンスでいいんですかね?
「カーペンター祭り始まるよ!」的なことも筆者まだ言ってないですし。


レザーフェイス顔プロフィール用
カーペンター祭り始まってるよ!


ロボコップ
今言っても遅いだろ!
・・・・まあとりあえず内容の話に移ろう。
ストーリーはこんなカンジ。



21世紀半ば。スカウトシップ“ダークスター号”は地球を離れ、
遠い宇宙の彼方を飛んでいた。乗員4人は前方にある危険な小惑星を破壊するため、
思考メカニズム付の惑星熱爆弾を準備していた。
だが、彼らを流星群が襲い、パニックとなった。
果たして彼らはトラブルを回避出来るだろうか?

JVD製品ページより引用
ダークスター
宇宙サーファー現る!

ザ・フォッグ ~100th Anniversary~

ガイコツ
どうもです。
今回は「ザ・フォッグ」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はジョン・カーペンター監督の1980年の作品だ。
筆者はこの作品、「死霊のしたたり」借りるついでに一緒に借りたようだ。


ガイコツ
この作品も近所には置いてなかったですからねー。
渋谷TSUTAYA様々ですね。


ロボコップ
ただし返しに行くのがちょっとメンドクサイのが難点だな(笑)
近所に超巨大店舗建たないかしら。
ではそろそろ内容の話に移ろう。
ストーリーはこんなカンジ。



町の誕生100周年記念祭に沸き立つ小さな港町アントニオ・ベイ。だが、町を濃い霧が覆い尽くし、殺人事件が頻発する。果たして殺人者の正体は、そしてこの町が持つ忌まわしい秘密とは……?
Wikipediaより引用
ザフォッグ
戸締りしっかりせえ!霧の中に何かおるで!

ZOMBIO/死霊のしたたり ~飽くなき情熱~

ガイコツ
どうもです。
今回は「死霊のしたたり」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はスチュアート・ゴードン監督の1985年の作品だ。
H・P・ラブクラフトの「死体蘇生者ハーバート・ウェスト」が原作らしいな。


ガイコツ
筆者は「ゴッド・ブレス・アメリカ」を観る前の時間潰しで入ったTSUTAYAでこの作品を偶然発見したので借りてみたようです。
渋谷のTSUTAYAはデカイだけあって品揃えが良かったですね。


ロボコップ
他の店舗では見かけない作品が結構置いてたしな。
でもそういう作品が軒並み借りられてたのには驚いたけど(笑)
では早速内容の話に入ろう。
ストーリーはこんなカンジ。



スイスから留学してきたハーバード・ウェストは、同級生と奇妙な同居を始める。夜な夜な地下室から聞こえる叫びは、彼によって死体を蘇生された、亡者の苦しみの声だった!蘇生薬を巡って、大学病院内でさらなる惨事を巻き起こしてゆく。
みんなのシネマレビューより引用
死霊のしたたり
ポスターは何とも不気味ですねぇ・・・。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。