ゴッド・ブレス・アメリカ ~悪い子はいねーがー!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「ゴッド・ブレス・アメリカ」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はボブキャット・ゴールドスウェイト監督の2011年の作品だ。
アメリカの映画館で銃乱射事件が起きた時には上映されるか不安になったが無事公開されて一安心だぜ。


ガイコツ
映画館で騒いでる奴らを主人公が銃で撃つシーンありますからねー。
事件とは別物とはいえ批判がきてもおかしくないところをよくぞ公開してくれました。


ロボコップ
まあ実際批判とかクレームとかは結構来てるんじゃないかな、多分(笑)
ではそろそろ内容の話に移ろうか。
ストーリーはこんなカンジ。



離婚、リストラ、不治の病…、人生に疲れ自暴自棄となった中年男フランクは拳銃自殺寸前、テレビで流れていたリアリティ番組のワガママ・セレブ“クロエ”の言動が無性に腹が立ち、死を思いとどまる。翌日、番組の撮影現場に向かった彼はクロエを拉致して射殺。その現場を目撃、感動した16歳の女子高生ロキシーは、やがて彼と行動をともにする。彼らの目的はアメリカに巣食うバカどものせん滅。映画の上映中にケータイで話す奴、駐車場に割り込む奴、テレビで暴言を吐く過激な差別主義者や排他的な宗教指導者、くだらないテレビに出る奴、作る奴…、全米を旅しながら2人は世にはびこる許せない奴らを次々とブチ殺していくのだった。
goo 映画より引用
ゴッドブレスアメリカ
神よ!アメリカを守りたまえー! ババババババ
スポンサーサイト

要塞警察 ~ださカッコイイ!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「要塞警察」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はジョン・カーペンター監督の1976年の作品だ。
筆者はこの作品、中古DVDで置いてあったのを衝動買いしてしまったらしい。


ガイコツ
買った後「またやっちまった!チクショー!」とか言ってましたね(笑)
微妙にホクホクした顔してたんで絶対に反省していなさそうですが。


ロボコップ
この調子で果たして筆者の貯金はこれから増えることがあるのだろうか・・・・。
ではそろそろ内容の話に移ろう。
ストーリーはこんなカンジ。



ストリートギャングに追われる男が逃げ込んだ警察署は、移転を控えてわずかな署員が残るのみだった。警察署は凶悪なストリートギャングたちによって完全に包囲され、やがて攻撃が開始された。そこに偶然護送されていた凶悪犯と黒人警官の二人が協力してギャングたちを迎え撃つ。
要塞警察1
凶悪犯&警察官VSギャング 警察署決戦

エイリアン4 ~フュージョン!ハッ!~

ガイコツ
どうもです。
今回はエイリアン4」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はジャン=ピエール・ジュネ監督の1997年の作品だ。
「プロメテウス」を前になんとかシリーズ一通り観ることができたな。


ガイコツ
TSUTAYAでしばらくの間借りられてしまっていたので2週間空いちゃいましたねー。
その間に「ピラニア」シリーズなど観て有意義に過ごせたので良かったですが。


ロボコップ
感覚的には2週間なんかあっという間だなというカンジなんだけど、書いた記事を見返すと色々あったなーと感傷に浸ってしまったぜ(笑)
では内容の話に移ろう。
ストーリーはこんなカンジ。



冥王星の近くに停泊する宇宙船オーリガ号。200年前にエイリアン・クイーンの幼生を体内に宿したまま自らの命を絶ったリプリーのクローンが再生され体内のエイリアンが取りだされた。ペレズ将軍の指揮下、エイリアンは生物兵器として利用されようとしていたのだ。クローンのリプリーは過去の記憶だけではなくエイリアンの持つ凶暴さと運動性も引き継いでいた。密輸船ベティ号がオーリガ号に到着する。ベティ号の積み荷は冷凍睡眠中に誘拐してきた宇宙船のクルーたちだった。ベレズ将軍は彼らをエイリアンの宿主にしようとしていたのだ。
エイリアン4
復活のリドリー&エイリアン

ピラニア ~リア充死ぬな!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「ピラニア」について話していきましょう。


ロボコップこの映画はジョー・ダンテ監督の1978年の作品だ。
筆者はこの作品、コメントで勧めていただいたので観てみたようだ。
「殺人魚フライングキラー」「ピラニア 3D」「ピラニア リターンズ」に続きコレで有名なピラニア作品は一通り抑えた感はあるな。


ガイコツ
ピラニアでググったところまだ「メガピラニア」とか言う作品もあるみたいですが、タイトルと引っかかった画像からどう考えてもアレな映画だったのでとりあえずここではスルーします(笑)


ロボコップ
調べてみたら「メガピラニア」ってアサイラム製かいな・・・・もう少し修行して心が強くなってから観よう(笑)
ではそろそろ「ピラニア」の内容の話に移ろう。
ストーリーはこんなカンジ。



山間部の立入禁止区域で若い男女が失踪。山に詳しい案内人と共に現地に赴いた女性調査員は、そこで奇妙な施設を発見、誤ってプールの放水バルブを開けてしまう。だが、その中には生物兵器として改良を施された特殊なピラニアの群れがいたのだ。河に流れ込んだ無数のピラニアは獲物を求めて下流へと向かった……。
piranha
海はジョーズ、川はピラニア、山はグリズリー、当時のアメリカ人のレジャーはボロボロ!
[ 2012/07/23 06:01 ] サ行 ジョー・ダンテ | TB(0) | CM(4)

メガ・シャークVSジャイアント・オクトパス ~しまったアサイラムや!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「メガ・シャークVSジャイアント・オクトパス」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はエース・ハンナ監督の2009年の作品だ。
筆者は午後のロードショーを録画していたのを鑑賞したぞ。


ガイコツ
午後のロードショー、やりますね。
海の映画特集と銘打って数ある海の映画の中からこのタイトルを持ってくるとは・・・。
タイトルは気になるけどお金出して観るのはちょとなぁ的な絶妙なところを突いてきますね。


ロボコップ
タイトルからして内容はお察しみたいなカンジだしな(笑)
ではそろそろ内容の話に移ろうか。
ストーリーはこんなカンジ。



アラスカ沖チュトコ海にて行なわれた航空ミサイル軍の極秘実験。その影響で万年氷が崩壊し、二体の巨大生物が出現。海洋学者のエマは、それが150万年前に絶滅した最大のサメ“メガロドン”と、巨大なタコである事を突き止める。長い眠りから覚めた怪物たちは世界各地の海域で大暴れし…。
メガシャーク
※この画像はイメージです。商品の内容とは異なる場合がございますのでご注意ください。
[ 2012/07/21 16:52 ] ア行 エース・ハンナ | TB(0) | CM(4)

ピラニア リターンズ ~それにしてもノリノリである~

ガイコツ
どうもです。
今回は「ピラニア リターンズ」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はジョン・ギャラガー監督の2011年の作品だ。
「ピラニア 3D」の続編ではあるんだが監督は違うんだな。


ガイコツ
まあシリーズ物でも一作ごとに監督が違うなんてのはよくありますからね。
ただ前作の出来がすごく良かったのでアレクサンドル・アジャに続編も作ってもらいたかった気も少ししますねー。


ロボコップ
まあ今作の監督も「ザ・フィースト」みたいなコメディホラーを作ったりしてる監督だから勝手知ったるフィールドだと思うけどな。
ではそろそろ内容の話にうつろうか。
ストーリーはこんなカンジ。



古代のピラニアが地底湖から蘇り、スプリング・ブレイクを惨劇に陥れてから1年。湖は封鎖されてしまうが、ヤツらは新たなすみかを求め、オープン間近のウォーター・パーク「ビッグ・ウェット」の付近に移動してくる。そこはお気楽な若者たちがバカ騒ぎできるいろいろな仕掛けが施された楽しい人工プールだったが、近くの湖にピラニアが潜んでいるとは知らず湖水を吸い上げてしまう。やがてプールは阿鼻叫喚の地獄に変貌して…。
ピラニアリターンズ
今回も色々ポロりします。

ピラニア 3D ~ざまあみやがれ!~

レザーフェイス顔プロフィール用
ついにこのときがきたようだな・・・・!
TSUTAYAで新作としてレンタルスタートしてから半年と少し・・・・!


ガイコツ
旧作になるまでの期間、何度新作・準新作の料金で借りてしまおうかと思ったことか・・・・!
正直こらえるのももうギリギリのところでした。


ロボコップ
途中我慢しきれず気分を紛らわせるために同じ監督の作品「ヒルズハブアイズ」のDVDを買ってしまい、普通にレンタルするよりお金を払ってしまったことも今ではいい思い出だな・・・・!


レザーフェイス顔プロフィール用
さあ、旧作100円でじっくり思う存分楽しもうじゃないか・・・・!
ピラニア 3D」を!


ピラニア1
監督:アレクサンドル・アジャ 2010年
アメリカ南西部、ビクトリア湖畔では春シーズン恒例のイベントで盛り上がっていた。ビキニ姿の女性と、彼女たちを取り巻く男たちはすっかり興奮状態。そんな時、湖底で大規模な地割れが発生し、その裂け目から何千匹ものピラニアが湧き出してきた。それは、200万年前に絶滅したはずの、凶暴な太古のピラニアだった。何も知らない若者たちは、その飢えたモンスターたちに、ひとり、またひとり餌食になっていく…。

アタック・ザ・ブロック ~ガキは帰ってナルトでも見てな!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「アタック・ザ・ブロック」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はジョー・コーニッシュ監督の2011年の作品だ。
前から観に行こうと思っていたんだがなかなか観に行けず、劇場公開終了になる直前に滑り込みで観て来たぜ。


ガイコツ
公開終了間際ということもあってか座席もかなりゆったりとしたカンジで観ることができましたね(笑)
200数十人入るところに20人いるかいないかくらいだったでしょうか。


ロボコップ
すごい楽に観られたけどちょっと寂しかったな(笑)
ではそろそろ内容の話にうつろうか。
ストーリーはこんなカンジ。



ロンドン郊外の低所得者用の公共団地に住む不良キッズたちがいた。ある夜、彼らの前に突然隕石が落ちてきた。中から飛び出した小さな生き物が襲ってくるが、逆にキッズたちは返り討ちにし、その生き物を殺してしまう。面白半分にその死体を団地のギャングのところへ持っていくキッズたちだが、今度は複数の隕石が落下。中からより巨大で獰猛なエイリアンが現れる。
アタック・ザ・ブロック

ゴーストハンターズ ~おバカ!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「ゴーズトハンターズ」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はジョン・カーペンター監督の1986年の作品だ。
筆者は夏らしい映画を観ようということでこの作品を観たようだ。


ガイコツ
・・・・夏らしいですかねこの映画?
「夏と言えば稲川淳二!」派の筆者が怪談→幽霊→ゴースト!と無理矢理連想ゲーム的なカンジでこじつけただけですよね。


ロボコップ
まあこじつけは今に始まったことじゃないからな(笑)
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。



ケンカなら誰にも負けないジャックと親友のワンは、中国からやってくるワンの恋人を迎えに空港へ。だが、彼女は二人の前で誘拐されてしまった! チャイナタウンの地下に封印されていた魔王ロー・バンが眠りから覚め、始皇帝の呪いを解くために「緑の瞳」の女性を狙っていたのだ! 早く探さないと彼女が生贄になってしまう。ジャックとワンは、妖魔うごめく地下へと潜入する!
ゴーストハンター
If there's something strange in your neighborhood Who you gonna call? Ghosthunters!

エイリアン3 ~わんわんお!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「エイリアン3」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はデヴィッド・フィンチャー監督の1992年の作品だ。
これが初監督作品なんだな、知らなかったわ。


ガイコツ
初監督作品からビッグタイトルですごいですよね。
この作品でずっこけて一時期脚本すら読まない状態にまでなったみたいですけど(笑)


ロボコップ
そのあと挽回してアカデミー賞ノミネートまでいってるんだから人生山あり谷ありだよなぁ。
ではそろそろ内容の話にうつろうか。
ストーリーはこんなカンジ。



アチェロンから脱出した救命艇は突発事故により惑星フィオリーナ161へ不時着。ひとり生き残り労働矯正施設に収容されたリプリーは、その星が過酷な環境にある監獄星である事を知った。事故の原因を究明しようとするリプリー。実は救命艇内部にはエイリアンが潜んでおり、囚人の飼い犬の体を借りて新たな姿へと成長していたのだ。逃げ場もなく、武器すらない状況下でエイリアンとリプリーの最後の死闘が始まろうとしていた……。

※このストーリーは劇場公開版ですが、筆者が観たのは完全版ですので以下感想は完全版について書いていきます。

エイリアン3
今作シラミにたかられるわ丸坊主だわというすごい扱いを受けるシガニー・ウィーバーさん

華氏451 ~ヒャッハー!書物は消毒だー!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「華氏451」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はフランソワ・トリュフォー監督の1966年の作品だ。
レイ・ブラッドベリのSF小説「華氏451度」が原作だぜ。


ガイコツ
筆者は「リベリオン」の世界観等に大きな影響を与えた作品らしいとの噂を聞いて観ることにしたようです。


ロボコップ
この作品、不評だったせいかトリュフォー監督自身は失敗作と言ってたらしいけどな・・・・。
ではそろそろ内容の話にうつろう。
ストーリーはこんなカンジ。



活字の存在しない未来の管理社会、主人公モンターグは禁止されている書物の捜索と焼却にあたる有能な消防士だったが、クラリスという女性と知り合った事から本について興味を持ち始める。やがて読書の虜となった彼の前には妻の裏切りと同僚の追跡が待っていた・・・・。
華氏451
ヒャッハー!書物は華氏451度以上で消毒だぜー!

エイリアン2 ~よろしい、ならば戦争だ!~

ガイコツ
どうもです。
今回はエイリアン2」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はジェームズ・キャメロン監督の1986年の作品だ。
エイリアン」に続き筆者は今更ながら初見だぜ。


ガイコツ
全部通して観るのは初めてでしたがどうやらテレビで一部観たことがあったようでところどころ既視感を覚えるシーンもありましたね。
女の子が水車みたいなやつのところでボッシュートするところとか。


ロボコップ
なぜかクライマックスの方だけ覚えてるのな(笑)
あと筆者が観たのは完全版なのでこの記事でも完全版について話していくのであしからず。
ではそろそろ内容の話にうつろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。



エイリアンが宇宙貨物船ノストロモ号を襲った惨事から唯1人生き残った2等航海士リプリーは、57年後、催眠カプセルの中で眠りながら宇宙空間を漂っているところを発見され、ゲッタウェイ・ステイションに連れてこられた。彼女は貨物船会社の上層部にエイリアンの話をするが、誰も信じようとはしない。そればかりか、エイリアンの卵の巣である未踏の惑星LV426に宇宙技術者やその家族が住みついていると聞いて驚愕するのだった…。
エイリアン2
よろしい、ならば戦争だ

ブラックブレッド ~大人の事情~

ガイコツ
どうもです。
今回は「ブラックブレッド」について話して行きましょう。


ロボコップ
この映画はアグスティー・ビジャロンガ監督の2010年の作品だ。
スペインの作品でアカデミー賞外国語映画賞のスペイン代表にもなった映画だぜ。
ダークミステリーという宣伝がされていたので自称ミステリーハンターの筆者が急行したらしい。


ガイコツ
急行とかいう割に公開されてから既に1週間経ってますけどね(笑)
スペイン内戦後の話ということで当時の状況を把握するためにWikiでかるーく予習してから観に行ったようです。


ロボコップ
単語リンクで飛んでるうちにいつの間にかスペイン内戦とあんまり関係ない電撃戦の項目眺めてたけどな(笑)
ではそろそろ内容の話にうつろう。
ストーリーはこんなカンジ。



スペイン内戦終了後のカタルーニャ地方の山あいの村で、少年アンドレウは森の中でディオニスとその息子クレットが息絶えるのを目撃。クレットは「ピトルリウア」という言葉を残す。それは子供たちの間で洞窟に住むと信じられている怪物の名前だった。かつてディオニスと左翼の同志だったアンドレウの父に殺人の疑いがかけられ、父は追及を逃れるために姿を隠す。そんな中、アンドレウは、大人たちが隠してきた、過去と現実を知る事になる。
ブラックブレッド
電撃戦(でんげきせん、独:Blitzkrieg、英:lightning war)とは、一般に機甲部隊の高い機動能力を活用した戦闘教義である。