ケープ・フィアー ~本当にあった怖いデ・ニーロ~

ガイコツ
どうもです。
今回は「ケープ・フィアー」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はマーティン・スコセッシ監督の1991年の作品だ。
1962年の「恐怖の岬」のリメイク作品だな。
この映画、筆者は主題歌だけは聴いたことがあって、すごく印象に残っていたから観てみたようだぜ。


ガイコツ
リメイク元の作品でも使われていた曲みたいなんですけどかなりインパクトが強いですよね。
管楽器が♪パーパーパーパーっていうだけで伝わる人には伝わるんじゃないでしょうか(笑)


ロボコップ
さすがバーナード・ハーマンといったカンジだよな。
ではそろそろ内容の話に移ろうか。
ストーリーはこんなカンジ。




暴行罪に問われ14年間を獄中で過ごしたマックス・ケイディは、無罪を勝ち取れなかった弁護士サム・ボーデンに恨みを抱き続けていた。実はケイディが無罪になる可能性のある重大な情報をサムがつかんでいたにも関わらず、ケイディの卑劣な人間性を嫌悪するサムが自らの正義意識から故意に黙殺したという事実を、ケイディは知っていたのだ。服役中に肉体を鍛え法律を学んだ彼は、出所するやいなやサム一家に復讐を始める…。
スターチャンネルより引用
ケープ・フィアー
<●><●>ギロリ!
スポンサーサイト