スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

マチェーテ・キルズ ~おバカ(褒め言葉)~

ガイコツ
どうもです。
今回は「マチェーテー・キルズ」について話していきましょう。

ロボコップ
この映画はロバート・ロドリゲス監督の2013年の作品だ。
「マチェーテ」の続編にあたる作品だな。
偶然だけど三つ続けて続編の記事だな、しかも新作で。

ガイコツ
作品ごとに大作からB級までテイストは大きく違いますけどね~。
そしてこの作品は一番B級な作品にあたると思います(笑)
何と言っても主演がダニー・トレホですしね。

ロボコップ
トレホおじさんがB級映画の代名詞みたいに言うのはやめろよ!(笑)
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。




麻薬捜査官のマチェーテは、アメリカ大統領から、マッドマンと呼ばれるメキシコの麻薬王を倒してほしいとの依頼を受ける。しかし、マッドメンは自分の心臓が止まると同時にワシントンD.C.へミサイルが飛ぶように仕組んでいた。その仕掛けを解除できるのは、世界一の武器商人ヴォズだけだったが、ヴォズもまた、世界を混乱に陥れようと企んでいた。
映画.comより引用
poster2_201403082049243d1.jpg
バーカ!バーカ!(褒め言葉)
スポンサーサイト

プラネット・テラー in グラインドハウス ~燃える!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「プラネット・テラー in グラインドハウス」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はロバート・ロドリゲス監督の2007年の作品だ。
「マチェーテ」が面白かったのでその予告編を作るきっかけになったこの作品も観てみることにしたようだ。


ガイコツ
監督も同じロバート・ロドリゲスですし、この作品もおバカなノリに期待できそうですねー。
というよりそこにしか期待してない気がします(笑)


ロボコップ
まあこの作品に感動とか壮大なスペクタクルとかに期待してもしょうがないだろうしな(笑)
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。




テキサスの田舎町。米軍部隊長のマルドゥーンと科学者のアビーは生物化学兵器の取引をしていた。しかし、予備の試薬を隠していることをマルドゥーンに知られたアビーは、実験装置を破壊。噴出したガスにより人々はゾンビ状態のシッコ(感染者)になっていった。ゴーゴーダンサーのチェリーは別れた恋人のレイとドライブ中に、シッコに片足を食いちぎられてしまい…。
goo映画より引用
プラネット・テラー
フゥー!セクシー!

マチェーテ ~マチェーテ、今モテキ!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「マチェーテ」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はロバート・ロドリゲス監督の2010年の作品だ。
「ホーボー・ウィズ・ショトガン」と同じく「グラインドハウス」のフェイク予告編から生まれた作品だな。


ガイコツ
この前テレビで観た「プレデターズ」ダニー・トレホが出演してて、そういえば以前彼が主演の「マチェーテ」観たいと思ってたなぁと思い出して観てみたようです。


ロボコップ
「プレデターズ」では真っ先に死ぬ役だったけどな(笑)
ではそろそろ内容の話に移ろうか。
ストーリーはこんなカンジ。




メキシコの連邦捜査官のマチェーテは、マチェーテを愛用して犯罪者を狩る凄腕の男だった。だが、その強い正義感ゆえに麻薬王トーレスと衝突し、妻娘を惨殺される。
それから3年後、マチェーテはアメリカテキサスで不法移民の日雇い労働者をしていた。ある日、マチェーテはブースという男から不法移民嫌いで知られるマクラフリン議員の暗殺を依頼される。

Wikipediaより引用
マチェーテ
マチェーテ、やればできる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。