外事警察 その男に騙されるな ~公安黙示録ガイジ~

ガイコツ
どうもです。
今回は「外事警察 その男に騙されるな」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画は堀切園健太郎監督の2012年の作品だ。
NHKのテレビドラマの映画化作品だな。
とは言っても筆者はテレビドラマの方は未見だが。


ガイコツ
興味はあったもののテレビドラマの映画化ということで二の足を踏んでいたのですが映画からはいっても大丈夫という饂飩粉さんのレビューを読み、意を決して観ることにしたようです。
それにしても邦画を映画館でお金払って観るの久しぶりですねー。


ロボコップ
1月に観に行った「ヒミズ」以来かな?「MY HOUSE」は試写会で観させてもらったけども。
邦画に関しては特別嫌っていることはなくてもちょっと食わず嫌いなところがあるかもしれないなぁ。
ではそろそろ内容の話にうつろう。
ストーリーはこんなカンジ。



11年、震災で揺れる日本にウランが持ち込まれたという情報が米CIAからもたらされる。かつて警視庁公安部外事4課ウラ作業班主任を務めていた住本健司は、現在は外事課から外され、内閣情報調査室に所属していたが、事件を追うため外事課に復帰。住本と外事4課のメンバーは、テロリストと交流があると疑われている企業・奥田交易の社長夫人を“協力者”に仕立て上げようと動き始める。しかしその矢先、住本が何者かに刺されてしまい……。
外事警察
求ム!オススメ邦画!・・・・えっそんなの自分で探せって?
スポンサーサイト
[ 2012/06/20 00:08 ] ハ行 堀切園健太郎 | TB(1) | CM(2)