スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ムトゥ 踊るマハラジャ ~ドヤ顔の貴公子~

ガイコツ
どうもです。
今回は「ムトゥ 踊るマハラジャ」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はK.S. ラヴィクマール監督の1995年の作品だ。
インドの映画で今「ロボット」にも出演しているラジニカーントが主演の作品だぜ。


ガイコツ
筆者は「ロボット」観る前にインド映画の予習をしておこうということで観たようです。
中古屋とかに思いの外置いてなくてちょっと探すのに苦労したようですが。


ロボコップ
DVD探すために新宿とか秋葉原を死んだ魚のような眼をして徘徊してたな(笑)
では内容の話にうつろう。
ストーリーはこんなカンジ。



大地主で豪邸の主人ラージャに仕えるムトゥは、その誠実な人柄により周囲の信頼が厚い優秀な使用人。縁談を断るほど芝居小屋通いに夢中な主人に付き添ってやってきたある小屋で、一座の看板娘・ランガナーヤキ(ランガ)と出会う。ラージャは彼女に一目惚れ。一方、互いの第一印象は最悪だったものの、ふとしたきっかけでムトゥとランガは相思相愛の仲となる。そして、それを発端として事態はムトゥの出生の秘密を巡る大事件へと発展していくのだった。
ムトゥ
大娯楽と書いてマサラ読ませたいらしい。
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。