スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

“アイデンティティー” ~犯人はヤス!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「“アイデンティティー”」について話していきましょう。
一応言っておくと、邦題が“アイデンティティー”なので二重括弧は間違いではないです。


ロボコップ
間違いではないにしても見慣れないカンジだな。
この映画はジェームズ・マンゴールド監督の2003年の作品だ。
筆者はいつもお邪魔させていただいているmomorexさんのレビュー記事を読んで、観てみたくなって観たようだぜ。


ガイコツ
momorexさんの記事は筆者のフィーリングで書き散らかしている記事は異なり情報量が多くかつ非常に丁寧にまとめられているので一読の価値ありですよ!
下にリンク貼っておくのでよろしかったらどうぞ!


momorexさんのブログ momoな毎日 『“アイデンティティー”』(2003) - Identity -へGO!
ロボコップ
なお筆者は残念ながら今回も書き散らかすことしかできないのでご了承ください。
では内容の話にうつろう。
ストーリーはこんなカンジ。



天を突いたような豪雨の夜、寂れた街道で交通事故が起こる。加害者のエドは、近隣のモーテルに救援を求めるが、豪雨で電話は不通。道路も冠水し、行く手を阻まれてしまう。やむなくエドはモーテルに引き返し、天候の回復を待つ。モーテルに集ったのは、同じように立ち往生した10名の男女。女優と運転手、娼婦、新婚夫婦、囚人と刑事…。互いに見ず知らずの彼らは、それぞれが何か秘密を抱えているようだった。やがて彼らは雨に閉ざされたモーテルで、1人また1人と謎の死を遂げてゆく。
アイデンティティー
よ~しおじさん今回も書き散らかしちゃうぞ~!
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。