スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

トラウマ 鮮血の叫び ~全自動首チョンパマシーン~

ガイコツ
どうもです。
今回は「トラウマ 鮮血の叫び」について話していきましょう。

ロボコップ
この映画はダリオ・アルジェント監督の1992年の作品だ。
筆者はこの作品、中古屋で見かけてアルジェント作品ではあんまり聞かないタイトルだなと思って手に取り、パッケージ裏の宣伝文句に惹かれて買って観てみたようだ。

ガイコツ
“美少女虐めホラーの巨匠ダリオ・アルジェントが遂に娘に手を出した問題作”ってイリーガルな臭いがプンプンするすごい危ない宣伝文句ですよね(笑)
作品作った監督も、それにこんな宣伝文句付けたスタッフもすごく変態だと思います。

ロボコップ
それを手に取って買っちゃった筆者もな・・・!
ではそんな変態の話は置いといて変態な作品の内容の話に移ろう。
ストーリーはこんなカンジ。




母が開いた降霊会で、悪霊によって両親の首が切断され、惨殺されるのを目の当たりにした拒食症の少女オーラ。恐怖におびえる彼女は、かつて自殺を図った所を救ってくれたデヴィッドに救いを求めるが……。
allcinemaより引用
trauma.jpg
気合の入ったポスターも変態的!
スポンサーサイト

サスペリア ~休めなーい~

ガイコツ
どうもです。
今回は「サスペリア」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はダリオ・アルジェント監督の1977年の作品だ。
まあ言わずと知れた有名な作品だな。
筆者はまだ観たことがなかったんだが「ファンハウス 惨劇の館」を観た後、
「そうだサスペリア、観よう」と思い立って観たようだぜ。


ガイコツ
BGMは「My Favorite Things」ですねわかります。
って「そうだ京都、行こう」じゃないんですから・・・。
しかし相変わらず思い付きでしか行動しませんね。


ロボコップ
まあ思い立ったら吉日ともいうしな。
では内容の話にいこう。
ストーリーはこんなカンジ。



アメリカの美少女スージーが、ドイツのバレエ学校に入った。が、そこは悪魔崇拝者たちのアジトで、彼女は連続殺人事件に遭遇する。夜ごと聞こえる靴音を数え、その通りに進んだスージーが見たものは……。
サスペリア
ひとりで見ちゃったー!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。