スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ミュータント・タートルズ ~大味!(良い意味で)~

ガイコツ
どうもです。
今回は「ミュータント・タートルズ」について話していきましょう。

ロボコップ
この映画はジョナサン・リーベスマン監督の2014年の映画だ。
「タイタンの逆襲」「世界侵略:ロサンゼルス決戦」というなかなか大味感あふれるハリウッド大作を何本か取っている監督だな(笑)

ガイコツ
そこに製作がマイケル・ベイですからね。
どういう方向性の映画か観る前にハッキリと分かりますし、期待できる部分に関しては外さない非常に素晴らしい布陣だと思います(笑)

ロボコップ
筆者もそんなビッグ・アメリカな感覚を味わうために観に行ってきたようだぜ。
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。




悪の組織フット軍団による犯罪と暴力が日増しに激しくなるニューヨーク。フット軍団を追いかけていたテレビリポーターのエイプリルは、ある夜、闇夜に紛れてフット軍団を倒す謎のヒーローを目撃する。その姿を映像に収めることができず、誰にも信じてもらえなかったエイプリルだが、今度は地下鉄の駅でフット軍団が人々を襲撃。そこで再び謎のヒーローを目撃したエイプリルは、後を追いかけ、カメの姿をした4人組の忍者タートルズと出会う。
映画.comより引用
poster2_2015020814333857b.jpg
個人的にはギークなドナテロ君が好きです。
スポンサーサイト

タイタンの逆襲 ~ビッグアメリカ?ビッグアフリカ?~

ガイコツ
どうもです。
今回は「タイタンの逆襲」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はジョナサン・リーベスマン監督の2012年の作品だ。
まだ公開されてからまだ1週間経ってない作品だな。
筆者は「タイタンの逆襲」が気になっていたところ、丁度良く日曜洋画劇場で前作「タイタンの戦い」がやっていたのでそれを観て観に行くことに決めたようだぜ。


ガイコツ
それってものすごく配給者側の思うつぼな行動パターンな気がしますが・・・。
しかも、せっかくだからということでIMAXで観てさらに散財していますし。


ロボコップ
その分ポップコーンを我慢するという筆者的には非常に厳しい措置をとったらしい(笑)
では内容の話に移ろう。
ストーリーはこんなカンジ。



怪物クラーケンを打ち破ってから10年。神々の長ゼウスと人間の間に生まれたデミゴッド(半神半人)のペルセウスは、人間の漁師として息子のヘレイオスとともに静かな生活を送っていた。一方、人間からの崇拝が薄れたことで神々の力が弱まり、冥界に封じられていた巨神クロノスが目覚め始める。クロノスを鎮めようとしたゼウスは、ハデスと息子アレスの裏切りにより捕らわれてしまう。ペルセウスは愛する息子を守り、捕らわれたゼウスを救うため再び立ち上がり、同じ半神のアゲノールやアンドロメダとともにクロノスが眠る「タイタロスの牢獄」を目指す。
タイタンの逆襲
ちなみにタイタニック号の由来もタイタン、これ豆な。・・・エッ?もう知ってる?・・・ふ~ん。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。